恐怖の頭脳改革

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
恐怖の頭脳改革
エマーソン・レイク&パーマースタジオ・アルバム
リリース 1973年11月(UK)
録音 1973年
ジャンル プログレッシブ・ロック
時間 45:04
レーベル マンティコア
プロデュース グレッグ・レイク
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
ゴールド等認定
  • Gold(英国・BPI)
  • Gold(米国・RIAA))
エマーソン・レイク&パーマー 年表
トリロジー
(1972)
恐怖の頭脳改革
(1973)
レディース・アンド・ジェントルマン
(1974)
テンプレートを表示

恐怖の頭脳改革(きょうふのずのうかいかく、Brain Salad Surgery)は、エマーソン・レイク・アンド・パーマー(以降、ELPと記す)が1974年に発表したアルバムである。ELPの代表作とされる。

解説[編集]

1973年初頭にELP自身がレコード・レーベル「マンティコア」を設立し、本作はそのマンティコアから初めてリリースされたELPのアルバムである。前作の『トリロジー』から約1年半ぶりであり、ELPの全盛期の最後のスタジオ録音作品とされている。

それまでのELPは2~3ヶ月でアルバムを仕上げていた。そのため、約半年程度で新作をリリース出来ていたが、本作は9ヶ月かかったと伝えられている。レコーディングの途中でツアーが開始されたり、キース・エマーソンが音楽的に行き詰ったりといったトラブルに相次いで見舞われ、11月の全米ツアーには間に合う形で発売された。

「悪の教典#9」の一部ではグレッグ・レイクエレキ・ギターを弾き、エマーソンが右手でキーボードを弾きながら左手のモーグ・シンセサイザーでベース・パートを補完することにより、4ピースバンドスタイルをトリオ編成で実現した。「悪の教典#9 第1印象 パート1」ではエマーソンがボーカルとクレジットされているが、実際には、歌詞の中の「ハロー!」の部分をエフェクトをかけた声で叫んでいるだけで、ボーカルはレイクによるものである。

マンティコアと契約したピート・シンフィールドが作詞で参加している。また、アルバム・ジャケットはH・R・ギーガーが原画を担当している。2005年11月5日に、このアルバムの原画二枚がチェコプラハで開催されたギーガーの個展で盗難に遭い、それ以来行方不明となっている。現在も尚ギーガーの公式サイトでは情報を募ると共に、発見者に対して懸賞金を提示している。

また、円形のELPロゴが初めてジャケットに使われたアルバムでもある。

なお、録音エンジニアは、前作までエディ・オフォードだったが、本作からはジェフ・ヤングとクリス・キムジィに交代している。

イギリスでは最高2位(1位はイエス海洋地形学の物語)、アメリカでは最高11位まで上昇している。ELPの最高傑作に挙げられることもあるが、セールス的にはそれほど大きな成功は得られなかった。新装盤やリマスター盤が発売される頻度も高く、ELPのスタジオ作品の中で初めてDVDオーディオ盤が出たのも本作である。

このアルバムに先行するシングル盤として、アルバムと同じタイトルの曲「恐怖の頭脳改革」が発売されたが、結局はアルバムには収録されなかった[2]。アルバムの1曲目「聖地エルサレム」はシングル盤としても発売されている。この曲はイギリスの賛美歌「エルサレム」をアレンジした曲である。2曲目の「トッカータ」はアルベルト・ヒナステラ作曲の「ピアノ協奏曲第1番第4楽章」をアレンジした曲である。

2000年に、RhinoからDVD-AUDIO盤がリリースされている。オリジナルのマルチ・テープから5.1chにリミックスされ、96kHz/24bitでサンプリング収録されている。音質も音場効果も非常に優れているが、音響システムを選ぶ傾向があり、よほど優れたオーディオ・サラウンド・システムで無い限り、バランスの良い再生音が得られない。

収録曲[編集]

アナログA面[編集]

  1. 聖地エルサレム - Jerusalem  (William Blake, Hubert Parry as adapted by Keith Emerson, Greg Lake, Carl Palmer)
  2. トッカータ - Toccata (An adaptation of Alberto Ginastera's 1st Piano Cocerto, 4th movement. Arranged by Keith Emerson, Percussion movement - Carl Palmer)
  3. スティル...ユー・ターン・ミー・オン - Still...You Turn Me On (Lake)
  4. 用心棒ベニー - Benny The Bouncer (Emerson, Lake, Peter Sinfield)
  5. 悪の教典#9 第1印象 パート1 - Karn Evil 9: 1st Impression-Part 1 (Emerson, Lake)

アナログB面[編集]

  1. 悪の教典#9 第1印象 パート2 - Karn Evil 9: 1st Impression-Part 2 (Emerson, Lake)
  2. 悪の教典#9 第2印象 - Karn Evil 9: 2nd Impression (Emerson)
  3. 悪の教典#9 第3印象 - Karn Evil 9: 3rd Impression (Emerson, Lake, Sinfield)

1996年Rhino盤ボーナス・トラック[編集]

  1. The Making Of Brain Salad Surgery

2001年DVD-A盤ボーナス・トラック[編集]

  1. Lucky Man

2001年リマスター盤ボーナス・トラック[編集]

  1. Brain Salad Surgery (single ver.)
  2. When the Apple Blossoms Bloom in the Windmills of Your Mind I'll Be Your Valentine (Single)
  3. Excerpts from Brain Salad Surgery (Flexi Disc)

2007年Shout盤ボーナス・トラック[編集]

  1. Jerusalem(Alternate Mix)
  2. Karn Evil 9 (Instrumental Mix)

2009年デラックス・エディション[編集]

2008年(日本盤は2009年)には、本作の2枚組「デラックス・エディション」が発売された。ディスク1にはオリジナルの楽曲全てが収録され、ディスク2には以下の楽曲が収録されている。

  1. あなたのバレンタイン
  2. 恐怖の頭脳改革
  3. 悪の教典#9 第3印象(オリジナル・バッキング・トラック)
  4. 聖地エルサレム(ファースト・ミックス)
  5. スティル...ユー・ターン・ミー・オン(ファースト・ミックス)
  6. トッカータ(オルタナティヴ・ヴァージョン)
  7. 悪の教典#9 第1印象 パート1(アンリリースド・アンティル・35THアニヴァーサリー・ヴァージョン)
  8. 悪の教典#9 第1印象 パート2(アンリリースド・アンティル・35THアニヴァーサリー・ヴァージョン)
  9. 悪の教典#9 第2印象(アンリリースド・アンティル・35THアニヴァーサリー・ヴァージョン)
  10. 悪の教典#9 第3印象 パート1(アンリリースド・アンティル・35THアニヴァーサリー・ヴァージョン)
  11. 恐怖の頭脳改革(NME付録ソノシート収録1973)
  12. 「恐怖の頭脳改革」抄録(NME付録ソノシート収録1973)

2010年日本盤ボーナス・トラック[編集]

  1. 聖地エルサレム(ファースト・ミックス)
  2. 悪の教典#9 第3印象(オリジナル・バッキング・トラック)
  3. 「恐怖の頭脳改革」抄録(NME付録ソノシート収録1973)

2014年スーパー・デラックス・エディション・ボックス・セット(6枚組)[編集]

CD1: オリジナル・アルバム(リマスター)

CD2: オルタネイト・アルバム

  1. 悪の教典#9 第3印象(オリジナル・バッキング・トラック)
  2. 聖地エルサレム(ファースト・ミックス)
  3. スティル...ユー・ターン・ミー・オン(ファースト・ミックス)
  4. トッカータ(オルタネイト・ヴァージョン)
  5. 悪の教典#9 第1印象 パート1(オルタネイト・ヴァージョン)
  6. 悪の教典#9 第1印象 パート2(オルタネイト・ヴァージョン)
  7. 悪の教典#9 第2印象(オルタネイト・ヴァージョン)
  8. 悪の教典#9 第3印象(オルタネイト・ヴァージョン)
  9. 「恐怖の頭脳改革」抄録(NME付録ソノシート収録1973)
  10. あなたのバレンタイン(シングル)
  11. 恐怖の頭脳改革(シングル)
  12. 恐怖の頭脳改革(インストゥルメンタル)
  13. 悪の教典#9 第3印象(ディファレント・ヴァージョン)

CD3: 新ステレオ・ヴァージョン・アルバム

DVD-A/DVD-V: 新24bit 96kHz ステレオおよび5.1chミックス、24bit 96kHz ハイ・レゾリューション・オリジナル・ステレオ・ミックス

DVD: マンティコア・スペシャル・ドキュメンタリー

1973年のワールド・ツアーのハイライトをフィーチュアした長編のドキュメンタリー。ギャラリーとアートワーク。

LP: 180グラムの重量ビニル盤オリジナル・アルバム(リマスター)

脚注[編集]

  1. ^ 『オリコンチャート・ブックLP編(昭和45年‐平成1年)』(オリジナルコンフィデンス/1990年/ISBN 4-87131-025-6)p.93
  2. ^ 後のアルバム「作品第2番」に収録されている。