巫山県

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
中華人民共和国 重慶直轄市 巫山県
巫山長江大橋
巫山長江大橋
重慶市中の巫山県の位置
重慶市中の巫山県の位置
簡体字 巫山
繁体字 巫山
拼音 Wūshān
カタカナ転記 ウーシャン
国家 中華人民共和国の旗 中華人民共和国
直轄市 重慶
行政級別
建置 紀元前277年
改称 583年
面積
総面積 2,958 km²
人口
総人口(2004) 58.9 万人
経済
電話番号 023
郵便番号 404700
行政区画代碼 500237
公式ウェブサイト http://wush.cq.gov.cn

巫山県(ふざんけん)は中国重慶市に位置する県。

地理[編集]

巫山県は重慶市東端部に位置し、東及び南は湖北省と、西は奉節県、北は巫渓県と接している。

三峡ダム地区の中心であり「渝東門戸」と称されてきた。巫峡の両岸に位置し、県政府は大寧河と長江の合流する所にある。東経109度33分から110度11分、北緯30度45分から23度28分の範囲にある。県内の地形は複雑で、南北は高地でその間は低くなって深い峡谷を形成しており、カルスト地形として発達している。山地の面積は96%、平坦な部分は4%。亜熱帯に属し季節風により湿潤な気候である。年平均気温は摂氏18.4度、年平均降水量は1041mm。

歴史・沿革[編集]

巫峡十二峰

行政区画[編集]

三峡ダム建設前の巫山県城(1999年)
三峡ダム建設後に作られた巫山の新しい県城
大寧河の「小三峡」(2007年)

2街道、11鎮、11郷、2民族郷(トゥチャ族郷)を管轄下におく。

  • 街道:高唐街道、竜門街道
  • 鎮:巫峡鎮、福田鎮、竜渓鎮、大昌鎮、廟宇鎮、双竜鎮、官陽鎮、騾坪鎮、抱竜鎮、官渡鎮、銅鼓鎮
  • 郷:両坪郷、建平郷、曲尺郷、大渓郷、金坪郷、平河郷、三渓郷、竹賢郷、篤坪郷、培石郷、当陽郷
  • 民族郷:鄧家トゥチャ族郷、紅椿トゥチャ族郷

観光[編集]

  • 長江三峡
  • 支流の小三峡(大寧河の竜門峡・巴霧峡・適翠峡)及びさらにその支流に当たる小小三峡がある。
  • 神女峰をはじめとする巫山には「三台八景十二峰」の景勝地が位置する。
  • 2003年より開始された三峡ダムの第二期蓄水のあと、湖域が拡大し観光地区の峡谷が船舶による連絡が可能となった。
  • 1991年、長江三峡、小三峡はともに中国の有名な観光地トップ40に選ばれ、2001年には国家AAAA級旅游景区に選ばれた。一日あたり8000人の観光客を受け入れ出来るようになり、一年間で100万人の観光客が訪れるほど中国でも有数の観光都市である。

考古学[編集]

外部リンク[編集]