崔正漢

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
崔 正漢 Football pictogram.svg
名前
愛称 チャン・ドンゴン[1]
カタカナ チェ・ジョンハン
ラテン文字 Choi Jung-Han
ハングル表記 최정한
基本情報
国籍 韓国の旗 韓国
生年月日 1989年6月3日(25歳)
出身地 仁川広域市
身長 179cm
体重 73kg
選手情報
在籍チーム FCソウル
ポジション FW / MF (SH)
背番号 15
利き足 右足[1]
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2009-2014 大分トリニータ 134 (19)
2014- FCソウル 4 (1)
1. 国内リーグ戦に限る。2014年9月13日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

崔 正漢(チェ・ジョンハン、朝鮮語: 최정한英語: Choi Jung-Han, 1989年6月3日 - ) は、韓国出身のプロサッカー選手。登録ポジションはフォワード。元U-20韓国代表

来歴[編集]

2009年7月17日、それまで在籍していた延世大学校を中退し、Jリーグ大分トリニータに加入することが同クラブから発表された[2]。同年10月3日に行われた対モンテディオ山形戦で、試合時間89分に家長昭博と交代してプロデビュー[3]2010年5月9日サガン鳥栖戦においてハットトリックを達成。同年11月7日のアウェーの岡山戦で途中交代後、選手更衣室のロッカーの扉を蹴り破損させ3試合の出場停止処分が科せられた[4]。2011年に田坂和昭が監督に就任すると、左サイドハーフにコンバートされた。2013年はシーズン終盤戦でそれまで採用していた3バックから4バックへとフォーメーションを変更された際に右サイドバックのポジションに就いた。チェにとっては4年振りのJ1でのプレーとなったが、過去最多の公式戦36試合に出場した。 2014年も大分に残留。 フォワードで起用されたホーム・富山戦で2得点を記録する等、12試合で3得点の成績を残していたが、6月20日に公式サイトより退団が発表された。翌日の愛媛戦の試合終了後に退団挨拶を行い、大分サポーターからは背番号である「10]の文字がコレオグラフィにより描かれた。同年7月9日KリーグクラシックFCソウルへの完全移籍が発表された。

所属クラブ[編集]

ユース経歴
プロ経歴

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 ナビスコ杯 天皇杯 期間通算
2009 大分 35 J1 4 0 - 0 0 4 0
2010 11 J2 30 8 - 0 0 30 8
2011 32 4 - 2 0 34 4
2012 10 28 3 - 1 0 29 3
2013 J1 28 1 6 0 2 0 36 1
2014 J2 12 3 - - 12 3
韓国 リーグ戦 リーグ杯 FA杯 期間通算
2014 ソウル 15 Kリーグ
通算 日本 J1 32 1 6 0 2 0 40 1
日本 J2 102 18 - 3 0 105 18
韓国 Kリーグ
総通算 134 19 6 0 5 0 145 19

その他公式戦

個人タイトル[編集]

  • 2008年 - ヒュンメル春季韓国全国大学連盟戦 得点王[2]

代表歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d FW 10 チェ・ジョンハン - 選手・スタッフ一覧 - チーム情報”. 大分トリニータ公式サイト. 株式会社大分フットボールクラブ. 2013年10月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年10月6日閲覧。
  2. ^ a b チェ ジョンハン選手 獲得のお知らせ 2009年7月17日。同日閲覧。
  3. ^ Jリーグ公式サイト:試合記録より検索。
  4. ^ 2010Jリーグ J2リーグ戦 第33節におけるチェ・ジョンハン選手(大分)の行為について

関連項目[編集]