山崎大地

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

山崎大地(やまざき たいち、1972年9月8日 - )は神奈川県鎌倉市出身[1]実業家である。 有限会社国際宇宙サービス代表取締役社長[2]。千葉県柏市男女共同参画推進審議委員[2]ヴァージン・ギャラクティック社の宇宙船スペースシップツー搭乗宇宙飛行士[2]

経歴[編集]

人物[編集]

父親は大手電機メーカーのエンジニアであった[1]。小学生のとき、スペースシャトルプラモデルを作り、宇宙船に興味を持つ[10]

中学校に入りボーイスカウトとして渡米したワシントンDCにあるスミソニアン航空博物館で実物のアポロ宇宙船や、スペースシャトルの映像を見て感動するが、その直後にチャレンジャー号爆発事故を見てショックを受ける[10]。また、自作した天体望遠鏡土星の観測を行い、いつか宇宙に行きたいと考えるようになる[1]

東海大学工学部航空宇宙学科に入学、映画「アポロ13」を見て感動し宇宙船の運用管制官になることを決意する[11]

国際宇宙ステーションの運用などを担当する三菱スペース・ソフトウエアに就職後、きぼうのフライトコントローラーとなった[4]

2000年には、米国航空宇宙局(NASA)で行われた国際宇宙ステーション運用管制官実運用訓練生に選ばれ渡米。同年角野直子(山崎直子)と結婚した[12]

2002年に娘が誕生した後、2003年のコロンビア号空中分解事故が起きたため妻・直子はソユーズ宇宙船のフライトエンジニア資格取得訓練のためロシアに長期滞在することとなり[13]、父子家庭が続くこととなった。

2004年からの妻・直子のスペースシャトルのミッションスペシャリスト資格取得訓練のために、会社を退職し主夫として娘を連れて渡米した[4][5]

2010年 - スペースシャトルディスカバリー号によるSTS-131ミッションを宇宙飛行士の家族として支えた[2]

2011年10月、妻・直子がアメリカ合衆国で次女を出産した[14]

出典・関連項目[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f 花山亘 (2007年6月). “社長たちの人生劇場株式会社アストラックス 山崎大地(やまざき・たいち)さん”. 常陽新聞. 2010年4月8日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h ASTRAXホームページ” (2013年6月). 2013年6月1日閲覧。
  3. ^ a b c 山崎大地 × 西川りゅうじん 宇宙対談(前編)”. あざみ野STYLE. 2012年12月5日閲覧。
  4. ^ a b c 女性飛行士、家族で目指す宇宙”. 三菱電機 (2005年8月). 2010年4月8日閲覧。
  5. ^ a b c d e f g 「ジェネ的No.1イクメン人物伝」山崎大地さん”. ジェネリーノ (2011年3月19日). 2012年12月5日閲覧。
  6. ^ a b c d TAICHI YAMAZAKI Official Webpage/山崎大地オフィシャルサイト”. 2014年1月13日閲覧。
  7. ^ 2007年、日本の民間人が"宇宙ビジネスマン"として宇宙へ飛び立つ”. MYCOMジャーナル (2006年6月14日). 2010年4月8日閲覧。
  8. ^ 「平成18年度ヤングベンチャービジネスプランコンペいばらき」入賞者等決定!!”. 茨城県中小企業振興公社 (2007年2月). 2010年4月8日閲覧。
  9. ^ 歴代受賞者及び受賞プラン一覧”. 茨城県中小企業振興公社 (2007年2月). 2010年4月8日閲覧。
  10. ^ a b 「ジェネ的No.1イクメン人物伝」 山崎大地さんVOL.2”. ジェネリーノ (2011年4月3日). 2012年12月5日閲覧。
  11. ^ 「ジェネ的No.1イクメン人物伝」 山崎大地さんVOL.4”. ジェネリーノ (2011年6月24日). 2012年12月5日閲覧。
  12. ^ 「ジェネ的No.1イクメン人物伝」 山崎大地さん最終回”. ジェネリーノ (2011年7月11日). 2012年12月5日閲覧。
  13. ^ 山崎大地「本人と家庭にかかる精神的負担 宇宙飛行士を支えるということ」、『週刊ダイヤモンド』第98巻25号 通巻4334号、ダイヤモンド社2010年6月12日、 pp. 65。
  14. ^ 「米で次女出産 元宇宙飛行士の山崎直子さん(40)」 『日本経済新聞』 平成23年10月26日夕刊社会面

著書・関連書籍[編集]

  • 『宇宙主夫日記 妻と娘と夢を追いかけて! 』(山崎大地、小学館)
  • 『宇宙家族ヤマザキ 妻から届いた宇宙からのラブレター』(山崎大地、祥伝社)
  • 「ロケット王子〜プロローグ〜」(監修、ASTRAX Books )
  • 「宇宙時代の子育て 母さん佳く愛して〜セルアファのすすめ〜」(保坂淳江著、山崎大地監修)
  • MNI PLUS Vol.22 - 30 (2008年3月-2009年7月)まで連載(グラフィス)
  • 時計ビギン「母から娘へ引き継ぐ宇宙時計」(世界文化社)
  • 「人生をやめたいと思ったとき読む本」(澤登和夫、東洋経済新報社)

出演番組[編集]

外部リンク[編集]