小林俊行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
小林 俊行
(こばやし としゆき)
人物情報
生誕 1962年
日本の旗 日本 大阪府
出身校 東京大学
学問
研究機関 東京大学
プリンストン高等研究所
スウェーデン王立科学アカデミー
ハーバード大学
京都大学
ハーバード大学
パリ第6大学
主な受賞歴 日本数学会建部賞1997年
日本数学会春季賞1999年
大阪科学賞2006年
日本学術振興会賞2007年
サックラー・レクチャー(2007年)
フンボルト賞2008年
テンプレートを表示

小林 俊行 (こばやし としゆき、1962年 - )は、日本数学者東京大学教授理学博士1990年)。大阪府出身。

略歴[編集]

1981年灘高等学校を卒業。高校時代は卓球部。1985年東京大学理学部数学科卒業。1987年東京大学大学院理学系研究科修士課程修了。24歳で東京大学理学部助手になり、4年後、東京大学助教授。1990年理学博士。その後、プリンストン高等研究所スウェーデン王立科学アカデミーハーバード大学京都大学数理解析研究所教授などを経て、2007年より東京大学大学院数理科学研究科教授。1999年パリ第6大学客員教授、2008年ハーバード大学客員教授。 2011年より東京大学国際高等研究所 カブリ数物連携宇宙研究機構 主任研究員(兼任)。

招待講演[編集]

業績[編集]

工学者からの質問をきっかけとして、積分幾何の問題にとりくみ、領域の変形の立場で、Pompeiu予想(1900年代初頭より未解決の問題)が正しいことを小林が証明したとき、小林はまだ修士の学生であった。さらに領域の特性関数のフーリエ像の零集合の無限遠での漸近挙動から領域の形状を記述するという問題に発展させ、その非線形偏微分方程式を導いた。

正の定曲率を持つ完備なローレンツ多様体は決してコンパクトにはならないが、その一方で基本群は必ず有限群になる。この奇妙な現象はカラビ・マルクス現象と呼ばれるが、小林はこの現象の必要十分条件を示した。これをきっかけとし、リーマン幾何の枠組みを超えた等質空間の不連続群論に小林は世界で最初に本格的に取り組み、その基盤づくりを行った。

ユニタリ表現論における分岐則の離散分解可能モデルを提唱し、ユニタリ表現論における離散的分規則の理論を創始した。同理論を非可換調和解析に応用し離散系列表現を構成した。さらに保型形式論に応用しモジュラー多様体における消滅型定理の証明を与えた。

また離散群が等質空間にどう作用するかを研究し、そこから非リーマン等質空間における不連続群の変形を研究した (ローレンツ多様体に関するゴールドマン予想を一般化したうえで解決を含む) 。

複素多様体における「可視的な作用」という概念を導入し、この新しい幾何学的立場の視点から、無限次元の場合と(組合せ論がからむ)重複度1の表現の統一理論を構築した。

受賞歴[編集]

  • 1997年 - 日本数学会建部賞:等質空間の調和解析の研究
  • 1999年 - 日本数学会春季賞:ユニタリ表現論における離散的分岐則の理論
  • 2006年 - 大阪科学賞リーマン幾何の枠組を超えた不連続群論の創始とリー群の無限次元表現における離散的分岐則の発見
  • 2007年 - 日本学術振興会賞:代数・幾何・解析にまたがるリー群の無限次元表現の理論と不連続群の研究
  • 2007年 - サックラー・レクチャー(アジアから初)
  • 2008年 - フンボルト賞:無限次元における対称性の破れの理論、古典的なリーマン幾何学の枠組みを超えた不連続群の理論、複素多様体における可視的作用の理論などを創始して、数学の新しい研究領域を興した。
  • 2011年 - 井上学術賞:無限次元の対称性の解析の業績

著書[編集]

単著[編集]

  • 『Singular unitary representations and discrete series for indefinite Stiefel manifolds U(p,q;F)/U(p-m,q;F)』、アメリカ数学会、1992年 ISBN 0-8128-2524-0
  • 『岩波講座 現代数学の基礎7』 岩波書店、1999年3月 ISBN 4-00-011007-1
  • 『岩波講座 現代数学の基礎13 Lie群Lie環2』 岩波書店、1999年3月 ISBN 4-00-010647-3

共著[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]