宜保愛子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

宜保 愛子ぎぼ あいこ1932年1月5日 - 2003年5月6日)は神奈川県横浜市生まれ。

1980年代テレビで稀代の霊能者として取り上げられたことで一躍注目を浴びた。著書も多数出版されベストセラーも多数存在した。霊視能力があるとして多数の信望者を生み人気を集めた一方、その能力についての真贋論争も話題となった。

来歴[編集]

4歳のとき、左目に火箸が落ち失明寸前となる[1]。本人によれば、6歳頃に、自分の中の霊能力を自覚したという[2]。宜保は相談者の守護霊の声が聞こえ、姿が見えるという。そして、相談者の亡くなった肉親のと話すことによりその肉親について他人が知り得ないことがらや、相談者の家の構造や家具の配置などを言い当てたとされる[1]。右耳は聴力を失っているが、その右耳で霊の言葉を聞くことができた。幼少時、懐疑主義者の父からはその特異体質を非難されたという。

1961年のテレビ出演を期に、人気が高まり、多くの講演会を行なうようになる。1970年代中頃から、心霊研究家の放送作家新倉イワオと共に、日本テレビの『あなたの知らない世界』に出演、また女性週刊誌『女性自身』の有名人との対談連載などによって1980年代後半に話題となった[3]。芸能人のみならず多くの文化人とも霊視対談を行った[1]1990年代に入ってから彼女の霊能をテーマとした多くの特番が組まれ、著書がベストセラーにもなった。しかし1993年には、その霊能力を疑問視する物理学者大槻義彦や女性誌から批判を浴びた。

1995年オウム真理教の事件の後、オカルト的な放送をすることに批判が高まる中で、出演回数は低下し、約5年間テレビ界から遠ざかった[2]2001年から2003年までフジテレビ・『力の限りゴーゴゴー!!』(後の『力あわせてゴーゴゴー!!』)のコーナーに出演。話題となった「力合わせてゴーゴゴー宜保スペシャル強力版」が最後のテレビ出演となった。

2003年5月に胃がんのため71歳で死去。葬儀は本人の生前からの遺言で親族のみの密葬で行われた[2]。霊能力に関して批判していた大槻義彦も、「霊感商法等により露骨な金儲けを行うような事は一切なかったところは評価できる。私は彼女の霊的現象について疑義を持っていろいろと批判、検証はしたが、彼女の人間性や人柄までは否定するつもりは一切なかった。」と追悼の言を述べた[1]。また、霊視・霊能とは別に、宜保の人間性を評価する者も少なくなかった[1]

英語にも堪能で[1]通訳を介さずにユリ・ゲラーと会話を行ったことがある[4]

霊能力に関する議論[編集]

批判的な見解
宜保の行なった霊視の大半は調査や資料に当たることでわかるものであり、霊視の内容が事実と矛盾することもあるとして、その霊視は事前の調査によるものであるとの疑惑も報じられた[3]
例えば、物理学者大槻義彦は、「昔、私が対決した霊能者の宜保愛子は、6人のスタッフ(家族でスタッフを固めた「オフィスワン」という個人事務所)で事前調査をしていました」と語っている[5]。当時大槻は、宜保が霊能力と称しているものはどれも何らかのトリックで説明がつくものだから、自分が実験に立ち会ってチェックさせてほしい[6]と宜保側に申し込み、テレビ番組での対決が具体化しかけたが、結果的には宜保側がキャンセルした[1]。さらに、宜保の著書『宜保愛子の死後の世界』(日東書院 ISBN 4528007940)に大槻のプラズマ実験写真が「霊の写真」との説明で無断で使われていたことが発覚し問題となった[3]
また、1993年12月30日に日本テレビで放映された『新たなる挑戦II』において、ロンドン塔ブラディ・タワーの上階に置いてある天蓋付きのベッドに、エドワード4世のふたりの王子、エドワード5世リチャードが座っていると霊視した。しかし、宜保が霊視をしたという兄弟が生きていた当時その階は存在せず、その1世紀以上も後に増築された場所であった。更に宜保の霊視内容は夏目漱石著作の『倫敦塔(フィクション作品)』の内容とほぼ一致していることが指摘されている[7]
また、日本テレビで放映されたエジプトでの霊視番組における歴史事実との矛盾、どのような事前調査を行なって霊視に見せかけていたのか、その手法が、永瀬唯 他『ギボギボ90分!―と学会レポート 』(楽工社 2006年11月ISBN 4903063062)にて明かされている。

主な著書[編集]

かんき出版[編集]

  • 宜保愛子の霊視の世界 ―災いを招く霊幸せを呼ぶ霊 ISBN 4761251832 1986年刊
  • あなたの運命を拓く 愛の霊視の世界 ISBN 4761251832 1987年刊

コスカ出版[編集]

  • ザ・会社霊大研究 ツキを呼び込むビジネス成功術 ISBN 4876510075 出版年1987年刊

角川書店[編集]

学習研究社[編集]

光文社[編集]

  • 供養法つき心霊写真の見分け方 あなたのアルバムにも一枚はあるかもしれない!ISBN 4334900143 1987年刊
  • あなたの愛の守護霊 ISBN 4334900224 1991年刊

講談社[編集]

コミック[編集]

主婦と生活社[編集]

  • あなたの霊が見える しあわせを呼ぶ霊の招き方 ISBN 4391113759 1991年刊
  • 運を好転させる!あなたの因縁霊 先祖の因縁が人生を決める暗を明に変える霊の招き方 ISBN 4391114585 1992年刊
  • 物にやどる霊 あなたを守護する! ISBN 4391115360 1993年刊
  • 霊が喜ぶ開運家相 戸建てから集合住宅まで凶相でもこうすれば安心! ISBN 4391115964 1993年刊
  • あなたに霊が囁いている―「夢の知らせ・虫の知らせ」で幸運をつかむ! ISBN 4391116561 1994年刊

青林堂[編集]

説話社[編集]

  • 宜保愛子の霊供養―こんなときどうする
    1. ISBN 4916217195 2001年刊
    2. ISBN 4916217225 2002年刊
  • 宜保愛子がアドバイス 色情因縁・地縛霊・物に宿る霊ISBN:491621725X 2002年刊

大陸書房[編集]

  • 宜保愛子の霊視開運法 これであなたも幸せになれる ISBN 4803311374 1987年刊
  • 幸せを招くやさしい供養のしかた ISBN 4803327629 1990年刊
  • 宜保愛子の世にも怪奇な心霊写真集 ISBN 4803330220 1990年刊
  • 宜保愛子の霊視の世界《文庫》 ISBN 4803332355 1991年刊
  • 宜保愛子の幸せを呼ぶ守護霊 ISBN 4803333823 1991年刊

コミック[編集]

ビデオソフト[編集]

カセットテープ[編集]

大和堂[編集]

日東書院[編集]

  • 宜保愛子の幸せを招く 
  • 宜保愛子の死後の世界 ―霊から聞いた霊界の本当の姿 ISBN 4528007940 1991年刊
  • まんが版世にも不思議な霊の話 ISBN 4528007967 1990年刊
  • 私の猫は超能力者?―人間と猫の心あたたまるふれ合いストーリー ISBN 4528008092 1995年刊
  • 宜保愛子の先祖霊があなたを守る ISBN 4528018624 2002年刊
  • 宜保愛子の幸せを呼ぶ 家相・インテリア開運 ISBN 4528018632 2002年刊
  • 宜保愛子の霊がよろこぶ 法事・仏壇・お墓の供養 ISBN 4528018640 2003年刊
  • 死ぬ瞬間(とき)から輪廻転生―宜保愛子の霊界からのメッセージ ISBN 4528018659 2003年刊
  • 霊に守られて―宜保愛子の最後のメッセージ ISBN 4528018667 2003年刊
  • あなたの運命を拓く 愛の霊視の世界 ISBN 452800786X 1987年刊

勁文社[編集]

ケイブンシャ大百科シリーズ[編集]

  • 232 恐怖の霊大百科 60.9.10刊
  • 258 恐怖の怨霊2大百科 61.6.5刊
  • 285 怪奇亡霊大百科 S61.6.5刊
  • 296 心霊写真大百科 S62.5.25刊
  • 305 恐怖の霊2大百科 S62.7.25刊
  • 324 心霊写真2大百科 S63.2.15刊
  • 342 心霊写真3大百科 S63.9.26刊
  • 354 恐怖話大百科 H1.3.2刊
  • 362 恐怖の心霊体験大百科 H1.4.28刊
  • 368 宜保愛子の霊視大百科 H1.6.22刊
  • 377 宜保愛子の心霊探検大百科 H1.8.24刊
  • 380 霊能力入門大百科 H1.10.5刊
  • 387 宜保愛子の心霊探検2大百科 H1.12.12刊
  • 398 宜保愛子の恐怖話2大百科 H2.3.21刊
  • 409 守護霊大百科 H2.6.19刊
  • 411 心霊写真4大百科 H2.7.11刊

トーク番組[編集]

  • パック2北海道放送)ゲスト (北海道のローカルのワイドショー番組で、北海道各地の霊場と言われる場所に出かけて霊視を行なう企画がシリーズ化されていた)

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g 別冊宝島1199号 『日本「霊能者」列伝』(宝島社 2005年10月)ISBN 978-4796648066
  2. ^ a b c 霊能力者の宜保愛子さんが胃がんのため死去(nikkkansports.com)
  3. ^ a b c 呉智英(監修)『オカルト徹底批判』 朝日新聞社 1994年5月15日)
  4. ^ 永瀬ほか(2006)『ギボギボ90分!』pp.55-57 には、永瀬唯による宜保の英語力についての説明があり、そこでは、1991年10月のTBS系特番「驚異の霊能者・宜保愛子 第3弾」で宜保が国際電話でユリ・ゲラーと英語で議論したことが紹介されている。
  5. ^ 「早大名誉教授の大槻義彦さんに聞く スピリチュアル番組問題(上)江原霊視は『事前調査の成果』 タレント情報をネットで検索?」(『J-CASTニュース』2008年2月10日)
  6. ^ 大槻義彦『疑惑の霊能者 宜保愛子の謎』(悠飛社1993年9月) ISBN 494644825X
  7. ^ 新・トンデモ超常現象60の真相ISBN 9784903063072)」

参考文献[編集]

(霊能は脳のメカニズムで説明できると解説)
(科学者の手による批判書)
(大槻義彦の著書『宜保愛子の謎』に疑問を呈している)
  • 和栗隆史 『宜保愛子の証明―テレビマンが明かす宜保番組の作り方』データハウス 1994年2月 ISBN 4887182112
(宜保番組を数多く手がけた放送作家の手記)
(宜保のロンドン塔霊視が下調べに基づくものであったと結論)
(宜保の全盛期を代表する特番1本を集中的に検証。宜保愛子という人物に敬意を払いつつ彼女の仕事を分析する)