妊産婦死亡率

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

妊産婦死亡率(にんさんぷしぼうりつ)とは、保健医療統計に用いられる概念・指標のひとつであり、妊産婦10万人中の死亡数のことである[1]

定義と計算式[編集]

妊産婦の定義は、1978年以前は妊娠中および妊娠終了後満90日未満、1979年以後は妊娠中および妊娠終了後満42日未満である[1]

計算式は、妊産婦死亡率 = 年間妊産婦死亡数 ÷ 年間出産数(出生数+死産数) × 100,000である[1]

妊産婦死亡数の定義は、妊娠出産または妊娠・出産に関連する病気が原因にである死亡である。妊娠に関連しない病気や、事故・災害・犯罪などの原因による死亡は含まない[1]

直接産科的死亡とは、妊娠・出産中に妊娠・出産自体が原因で死亡した事例、間接産科的死亡とは、妊娠前から発症していた病気や障害が、妊娠・出産の影響で悪化して死亡した事例である[1]

妊産婦死亡率の推移[編集]

医学医療技術の進歩と向上、経済力と財政力の増大、医療制度・社会保障制度・健康保険制度の整備・普及により、妊産婦死亡率は周産期死亡率新生児死亡率乳児死亡率乳幼児死亡率成人死亡率などと同様に、日本でも世界でも時代の経過とともに減少し史上最少記録を更新している[2][3]。日本では妊産婦死亡率の統計を最初にに算出した1899年の妊産婦10万人中409.8人から、2011年には1899年の100分の1の3.8人まで減少した[2]。個々の国の妊産婦死亡率は、先進国・開発途上国・低開発国などの経済の発展段階や、医学と医療技術の発展段階、国の医療制度・社会保障制度・健康保険制度により差があり、最も高いグループの国と最も低いグループの国では100倍以上の差がある[3]

日本の妊産婦死亡率の推移[編集]

日本の妊産婦死亡率の推移
年度 死亡数 死亡率[2] 年度 死亡数 死亡率[2] 年度 死亡数 死亡率[2] 年度 死亡数 死亡率[2] 年度 死亡数 死亡率[2] 年度 死亡数 死亡率[2]
1899 6,240 409.8
1900 6,200 397.8 1920 7,158 329.9 1940 5,070 228.6 1960 2,097 117.5 1980 323 19.5 2000 78 6.3
1901 6,671 402.6 1921 7,181 337.3 1941 4,929 207.0 1961 1,914 108.2 1981 294 18.3 2001 76 6.3
1902 6,556 392.9 1922 6,565 312.4 1942 4,586 196.9 1962 1,813 100.9 1982 279 17.5 2002 84 7.1
1903 6,071 369.3 1923 6,897 316.8 1943 4,542 193.6 1963 1,701 92.7 1983 234 14.8 2003 69 6.0
1904 5,742 361.7 1924 6,273 295.3 1944 不明 不明 1964 1,699 90.1 1984 228 14.6 2004 49 4.3
1905 6,185 387.8 1925 6,309 285.4 1945 不明 不明 1965 1,597 80.4 1985 226 15.1 2005 62 5.7
1906 6,237 403.9 1926 5,721 256.7 1946 不明 不明 1966 1,266 83.9 1986 187 12.9 2006 54 4.8
1907 6,728 379.4 1927 5,765 264.7 1947 4,488 160.1 1967 1,365 65.5 1987 162 11.5 2007 35 3.1
1908 7,091 388.4 1928 5,997 265.8 1948 4,437 157.0 1968 1,275 63.3 1988 126 9.2 2008 39 3.5
1909 6,399 344.9 1929 5,867 267.4 1949 4,601 159.2 1969 1,094 53.9 1989 135 10.4 2009 53 4.8
1910 6,228 333.0 1930 5,681 257.9 1950 4,117 161.2 1970 1,008 48.7 1990 105 8.2 2010 45 4.1
1911 6,192 325.4 1931 5,667 255.4 1951 3,691 156.7 1971 905 42.5 1991 110 8.6 2011 41 3.8
1912 5,770 306.1 1932 5,530 240.2 1952 3,417 154.7 1972 827 38.2 1992 111 8.8 2012
1913 5,900 309.7 1933 5,763 257.8 1953 3,373 163.6 1973 801 36.3 1993 91 7.4 2013
1914 6,418 328.4 1934 5,709 264.7 1954 3,262 166.7 1974 700 32.7 1994 76 5.9 2014
1915 6,452 332.5 1935 5,698 247.1 1955 3,095 161.7 1975 546 27.3 1995 85 6.9 2015
1916 6,337 325.8 1936 5,384 243.3 1956 2,838 153.9 1976 474 24.5 1996 72 5.8 2016
1917 6,368 326.1 1937 5,444 237.5 1957 2,677 153.6 1977 406 21.9 1997 78 6.3 2017
1918 6,812 352.1 1938 4,877 240.5 1958 2,560 139.2 1978 378 21.0 1998 86 6.9 2018
1919 5,910 309.2 1939 4,818 240.9 1959 2,381 131.7 1979 376 21.8 1999 72 5.9 2019
  • 死亡数の単位は人、妊産婦死亡率の単位は妊産婦10万人中の人。
  • 1945年~1972年は沖縄県は含まない。

世界の妊産婦死亡率の推移[編集]

世界の所得水準別と地域別の国のグループの妊産婦死亡率の推移
年度 妊産婦死亡率
世界全体[3] 高所得国[3] 中高所得国[3] 中低所得国[3] 低所得国[3] アフリカ[3] アメリカ[3] 東南アジア[3] ヨーロッパ[3] 中東[3] 西太平洋[3]
1990 400 16 120 560 810 820 100 590 44 430 140
2000 320 13 76 420 630 720 80 370 29 360 77
2010 210 14 53 260 410 480 63 200 20 250 49
  • 妊産婦死亡率の単位は妊産婦10万人中の人。
  • 所得と地域による国のグループ分け[4]

脚注[編集]

関連項目[編集]