天逆毎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
鳥山石燕今昔画図続百鬼』より「天逆毎」

天逆毎(あまのざこ)は、『和漢三才図会』で語られている日本女神天狗天邪鬼の祖先とされている。

概要[編集]

スサノオが体内にたまった猛気を吐き出し、その猛気が形を成すことで誕生したとされる。姿は人間に近いものの、顔は獣のようで、高い鼻、長い耳と牙を持つ。

物事が意のままにならないと荒れ狂い、力のある神をも千里の彼方へと投げ飛ばし、鋭い武器でもその牙で噛み壊すほどの荒れようだったと伝えられている。また、天邪鬼のように物事をあべこべにしないと気の済まない性格で、前のことを後ろ、左のことを右などと言ったという。

子供として天魔雄神をもうけるが、後に天魔雄神は九天の王となり、荒ぶる神や逆らう神は皆、この魔神に属した。彼らが人々の心に取り憑くことによって、賢い者も愚かな者も皆、心を乱されてしまうとされている(『和漢三才圖會[1]』巻44治鳥付天狗天魔雄[2][3])。

天逆毎と天雄魔神の親子は、鳥山石燕の『今昔画図続百鬼』でも描かれている[4]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 寺島良安 『和漢三才図会』6、島田勇雄・竹島淳夫・樋口元巳訳注、平凡社東洋文庫〉、1987年、344-345頁。ISBN 978-4-582-80466-9
  2. ^ 和漢三才図会 巻第四十四 治鳥 九州大学総合研究博物館デジタルアーカイブ
  3. ^ 『和漢三才図会』寺島良安編 東京 中外出版社 明治34年-35年 国立国会図書館 近代デジタルライブラリー
  4. ^ 稲田篤信・田中直日編 『鳥山石燕 画図百鬼夜行』 高田衛監修、国書刊行会1992年、171頁。ISBN 978-4-336-03386-4