大赤斑

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ボイジャー1号から撮影した大赤斑(1979年2月25日)。160km程度の雲の微細構造が見られる。
アニメーション

大赤斑(だいせきはん、Great red spot)とは、木星に存在する高気圧性の巨大な渦である。 地上の望遠鏡で観測可能であり、ジョヴァンニ・カッシーニにより1665年に発見された。

大きさは24〜40,000km × 12〜14,000kmで、おおよそ地球2〜3個分の大きさである。 雲頂高度は周囲よりも8km程度高い。 赤道より22°南に位置し、反時計回りに、周期6日程度で回転している。

大赤斑の渦が、マーブリング(下記参照)の渦が発達してできたものであるのか、台風のようなものであるのか、あるいは下層に何らかの原因が存在しているのかなど、詳しい発生原因・構造は解明されていない。

発見以来少なくとも350年以上にわたり一定の形状を維持しつづけており、あまりにも巨大な力学的エネルギーを持っているため、今後も存在しつづけるものと見られていたが、現在では年々縮小していることが明らかになっている。

構造[編集]

この巨大な渦の存在している木星は地球で言うところの大循環気流が狭い間隔で吹いており、そのそれぞれにおいて地球で言うところのジェット気流が非常に速い速度と風力でほぼ平行に互い違いの方向に吹いている。これは木星の高速な自転による強力なコリオリの力が影響しているためと見られる。そのような木星大気の中で大気を構成する物質は絶えず攪拌され上昇と下降を繰り返している。 大赤斑は大循環気流を跨ぐような形で存在しており、大循環気流の境界ではマーブリング様の複雑な模様を描いている。

他にも木星には、多くは無名の白もしくは茶色の楕円も見られ、白い渦は比較的高高度・低温度の雲からなり、茶色の渦は標準的な高度のより暖かい雲で形成される。これらの渦は数時間から数世紀の間持続することがある。

2000年ごろ、大赤斑より小規模の白い嵐が複数個合体しオーバルBAとなった。オーバルBAは2005年末ごろから大赤斑と同様の色調に変化する様子が観測されたが、これは下層の大気が上昇、混合されたためだと推測されている。この「中赤斑」ともいうべき新たな斑点は、大赤斑のやや南に2008年現在も安定に存在し続けている。

観測史[編集]

ある程度望遠鏡の精度が向上した1665年に発見された。1665年から1713年まで、および、1831年から現在までの間は断続的に観測されている。しかし、1714年から1830年までの間は観測されておらず、1665年に観測された大赤斑と現在の大赤斑は同一のものではない可能性もある。

縮小[編集]

2014年5月15日、大赤斑が1930年代以降の観測史上最も縮小していることがNASAから発表された。19世紀後半にはその直径は約4万kmと地球が横に3つ並ぶ大きさであったが、1979年1980年ボイジャーによる観測では約2万3300kmになり、今回のハッブル宇宙望遠鏡による撮影では約1万6500kmにまで縮小していた。既に2012年初めには、アマチュア天文家の観測によって縮小ペースが約930km/年のペースまで加速しており、形状が楕円から真円に近いものに変化していることが判明していた。NASAの天文学者は、非常に小さい渦が大赤斑に巻き込まれたことで、内部構造に変化が発生した可能性を指摘している[1][2]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ “NASA's Hubble Shows Jupiter's Great Red Spot is Smaller than Ever Measured” (プレスリリース), NASA, (2014年5月15日), http://www.nasa.gov/press/2014/may/nasas-hubble-shows-jupiters-great-red-spot-is-smaller-than-ever-measured/index.html#.U3npMvl_vh4 2014年5月19日閲覧。 
  2. ^ “木星の「大赤斑」が縮小、19世紀後半の3分の1に”. ロイター. (2014年5月16日). http://jp.reuters.com/article/jpUSpolitics/idJPKBN0DW0AZ20140516 2014年5月16日閲覧。