木星を扱った作品一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

木星を扱った作品一覧(もくせいをあつかったさくひんいちらん)は、木星が関連する作品の一覧である。

音楽[編集]

なお、モーツァルト交響曲第41番は、しばしば「ジュピター」と呼ばれるが、木星ではなくローマ神話の神の方に由来する。

小説[編集]

  • 宇宙の旅シリーズアーサー・C・クラーク)(1968年)
  • メデューサとの出会い英語版 (アーサー・C・クラーク)(1971年)
  • 木星第五衛星英語版 (アーサー・C・クラーク)(1953年)
  • 決定的!英語版アイザック・アシモフ)(1941年)
    • 木星の分厚い大気の下に住む木星人と人類の交渉をメインとした小説。木星人は全太陽系の支配を主張するが、それが不可能な決定的理由を人類は見つけ出す。だがある宇宙船の存在がそれを覆してしまう。
  • 思わざる勝利英語版 (アイザック・アシモフ)(1942年)
    • 「決定的!」の続編。木星人を調査し交渉を行うため、人類は木星の大気と重力に耐えられる3体のロボットを製造し、木星に送り込む。木星人はやってきたロボット達に対し傲岸な態度をとり、木星の圧倒的な国力を見せ付ける。しかし人類やロボット達が思わぬことで、木星は太陽系征服をあきらめてしまう。
  • 木星買います (アイザック・アシモフ)(1958年)
    • 異星人が木星を買い取りたいと人類に提案してくるが、使用目的をはっきりと答えようとしない。話し合いの末ようやく目的を聞きだした人類は、その使い方に呆れることとなる。
  • 恐怖の宇宙帝王(エドモンド・ハミルトン)(1940年)
  • 木星の骸骨人間(エドガー・ライス・バローズ)(1943年)
    • 火星シリーズ最後の作品(未完)。本作では地球型惑星となっているが、ガスが濃く、直射日光が射さない。
  • 都市(クリフォード・D・シマック)(1952年)
    • 木星探査のために人間の精神を木星生物に憑依させる技術が開発されるが、探査隊員らは木星環境の虜になり、元の肉体に戻ることを拒否する。
  • 天の光はすべて星(フレドリック・ブラウン)(1953年)
    • 宇宙開発が停滞した1990年代末にて、有人木星探査を公約に掲げた女性議員の事を知った元宇宙飛行士が、女性議員と協力して共に木星探査計画の実現を目指す。
  • 宇宙零年ジェイムズ・ブリッシュ)(1956年)
    • 木星の雲の底に巨大な「橋」を建設するというプロジェクトを隠れ蓑にして、太陽系外進出に必要な技術の研究が密かに進められる。
  • 木星プロジェクト(グレゴリー・ベンフォード)(1975年)
  • 木星強奪(ドナルド・モフィット)(1977年)
    • 異星人の宇宙船が巨大な惑星を推進剤の供給源として曳航しながら太陽系に来訪、今度は木星を持ち去ろうとする。
  • さよならジュピター小松左京)(1980年)
  • 航空宇宙軍史谷甲州)(1984年)
  • 灼熱の竜騎兵田中芳樹)(1988年)
    • 元素転換技術によって木星の大気から多数の地球型惑星が作られた世界で、その新惑星の一つが地球からの独立を宣言し、太陽系全体を巻き込む動乱へと発展していく。
  • 大赤斑追撃(林譲治)(2001年)
    • 民間の木星調査船が海賊と誤認されて軍の攻撃を受ける。無線の故障で連絡を取ることもできず、自衛のため地の利を生かして反撃する。
  • メデューサ複合体 (谷甲州) (2010年) (『星を創る者たち』(2014年)所収) 初出はNOVA_書き下ろし日本SFコレクション#NOVA_3
    • 木星系アマルテアが舞台

漫画[編集]

映画[編集]

アニメ[編集]

プラネタリウム作品[編集]

娯楽[編集]