ヘリン・ローマン・クロケット彗星

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヘリン・ローマン・クロケット彗星
111P/Helin–Roman–Crockett
分類 彗星
軌道の種類 周期彗星
短周期彗星
エンケ族彗星
軌道要素と性質
元期:TDB 2452200.5 (2001年10月18.0日)
軌道長半径 (a) 4.0459558 AU
近日点距離 (q) 3.477579 AU
遠日点距離 (Q) 4.6143325 AU
離心率 (e) 0.1404802
公転周期 (P) 2972.55651824 日
(8.14 年)
平均軌道速度 0.12110787 度/日
軌道傾斜角 (i) 004.23643 度
近日点引数 (ω) 010.0166 度
昇交点黄経 (Ω) 091.9556 度
平均近点角 (M) 219.1526 度
前回近日点通過 JED 2453363.491
(2004年12月23日)
次回近日点通過 JED 2456336.048
(2013年2月12日)
物理的性質
直径 1.2 km
絶対等級 (H) 11.5
発見
発見日 1989年1月2日
発見者 エレノア・ヘリン
ロン・ヘリン
ブライアン・ローマン
ランディ・クロケット
別名称
別名称
111P
1989 A2
1988 XIII
■Project ■Template

ヘリン・ローマン・クロケット彗星 (111P/Helin–Roman–Crockett) とは、エンケ族に属する周期彗星である。

ヘリン・ローマン・クロケット彗星は、1989年も始まったばかりの1月2日エレノア・ヘリンロン・ヘリンブライアン・ローマンランディ・クロケットらによって発見された。公転周期約8年の短い周期で公転する短周期彗星であり、軌道長半径は約5億2000万km、離心率は0.12と比較的円に近い楕円軌道で公転している。

軌道が木星軌道と近いため木星と頻繁に接近し、1969年10月16日2080年5月6日には木星から約800万kmまで接近した。また、軌道解析の結果では1968年から1985年までは、頻繁に軌道を変える一時的な衛星となったと見られる。2068年から2986年までの間には再び木星に捕獲され、木星の周りを6周する一時的な衛星となるとみられている。

関連項目[編集]

出典[編集]


前の彗星:
ハートレー第3彗星
周期彗星
ヘリン・ローマン・クロケット彗星
次の彗星:
浦田・新島彗星