大峠トンネル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
国道121号標識
喜多方側の出口

大峠トンネル(おおとうげトンネル)は福島県喜多方市山形県米沢市を繋ぐ国道121号大峠道路トンネル

旧道は長い間冬季通行止めとなる上、ヘアピンカーブが連続する狭い峠道で一部では通行危険箇所も多かったため、旧大峠トンネルの代わりとして作られた。

福島県では2008年平成20年)9月21日国道289号甲子トンネル(4,345m)が開通するまで、山形県では2012年(平成24年)3月24日日本海東北自動車道あつみトンネル(6,022m)が開通するまで他県にまたがっているトンネルを含めて両県とも最も長いトンネルであった。8,975mの東北中央自動車道栗子トンネルが完成すれば、そちらの方が長くなる。

概要[編集]

米沢側の出口

座標: 北緯37度47分53.3秒 東経139度57分33.9秒