四人の復讐

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
四人の復讐
Four Men and a Prayer
監督 ジョン・フォード
脚本 リチャード・シャーマン
ソニア・レヴィン
ウォルター・フェリス
ウィリアム・フォークナー[1]
原作 デヴィッド・ガース
製作 ケネス・マッゴーワン
出演者 ロレッタ・ヤング
リチャード・グリーン
撮影 アーネスト・パーマー
編集 ルイス・レフラー
製作会社 20世紀フォックス
配給 20世紀フォックス
公開 アメリカ合衆国の旗 1938年4月29日
日本の旗 1939年6月
上映時間 85分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
テンプレートを表示

四人の復讐』(よにんのふくしゅう、Four Men and a Prayer)は、1938年アメリカ映画デヴィッド・ガースの小説をジョン・フォード監督が映画化した作品である。

ストーリー[編集]

インド駐屯軍のリー大佐は無実の罪で不名誉除隊となり、イギリスに戻ることになる。知らせを受けた4人の息子、ワイアット(ビーノ)、ジェフリー(ボーソン)、クリス(ノージー)、ロドニーは裏に陰謀があると見て、父親と対策を練る。しかし、4兄弟が目を離した隙に、リー大佐は何者かによって自殺に見せかけて殺され、無実を証明する資料が盗まれてしまう。 父の名誉を回復するために4人は立ち上がる。事件に関与していると思われる人物に接触するため、ワイアットとロドニーはインドに、クリスは南米に向かう。残ったジェフリーは父の無実を証明できるという父の元部下ドレイクと会うことになっていたが、証言を得る前に何者かによってドレイクが殺されてしまう。

ジェフリーがクリスと合流するために南米に向かうと、そこには恋人リンがいた。事件の関係者と見られる父のかつての部下ラブランド大尉と現地の革命家トーレス、地元の富豪ファノイらと偶然にも知り合いだったリンのつてを使い、ジェフリーとクリスは彼らに接近する。しかし、トーレスは逮捕されて処刑、また真犯人を白状しようとしたラブランドも何者かによって射殺されてしまう。

そんな中、事件の裏には武器の密売が絡んでいること、そして事件を裏で操っているのはアトラス兵器会社で、その社長がリンの父親であることが判明する。4兄弟はリンの父親が旅行で滞在中のアレクサンドリアに集まる。そして父親の罪を確かめたいというリンのはからいで4兄弟はリンの父親と対決する。しかし、アトラス社は実質的にファノイらが経営しており、リンの父親は名前だけの社長であることが判明する。

真の仇がファノイだと分かった4兄弟は、船で逃げようとするファノイを追って、泳いで船に侵入する。ファノイに詰め寄った4兄弟は、ロドニーがファノイに撃たれてかすり傷を負ったものの、ファノイに事件の真相を白状させ、告白書に署名させることに成功する。

ようやく父の名誉は回復された。王から亡き父に授与された勲章を手にした4兄弟をリンが迎え、5人は並んで宮殿を後にする。

キャスト[編集]

エピソード[編集]

主演のリチャード・グリーンは本作が実質的な映画デビュー作である[3]ロンドンの舞台に出演しているところをアレクサンダー・コルダダリル・F・ザナックに見出され、20世紀フォックスが当時のMGMのスター、ロバート・テイラーに対抗する期待の新人として大抜擢した。結果としてこの映画で多くの女性ファンを獲得し、アイドルスター (matinee idol) として絶大な人気を博した。

脚注[編集]

  1. ^ クレジットなし。Four Men and a Prayer (1938) - Full cast and crew” (英語). IMDb. 2012年4月26日閲覧。
  2. ^ a b 実年齢ではデヴィッド・ニーヴンリチャード・グリーンより8歳も上であるため、字幕によってはボーソンをノージーの弟としている場合もある。なお、四男ロドニーを演じたウィリアム・ヘンリーの方がリチャード・グリーンよりも実年齢が上であり、4兄弟を演じた中ではリチャード・グリーンが最年少である。
  3. ^ 1934年のイギリスのミュージカル映画『Sing As We Go』にエキストラレベルの端役で出演したことはある。

外部リンク[編集]