喧嘩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
女王と女王の喧嘩(1882年)
La dispute油彩 1904年、fr:Étienne Dinet作。少年らの喧嘩。

喧嘩(けんか、英語 quarrel, dispute)とは、個人的な争いの中でも、裁判に持ち込まれないもののこと[1]

概説[編集]

同じようことでも、国家間のそれは「戦争」と呼ばれており[1]経営者労働者従業員)の争いは通常「争議」と言われている[1]

「早すぎる悲しみ」。互いの想像上の将来の結婚相手をけなしつつ口喧嘩をする少女たち。

大辞泉では喧嘩の項目に「言い合ったり殴り合ったりしてあらそうこと」とあり、この定義を採用するならば喧嘩とは、互いに相手に対する怒り感情を込めた言葉を言い合うことや、腕力をぶつけあうことになる。

言葉の応酬で行う喧嘩を「口喧嘩」や「口論」と言う。

喧嘩とは親子兄弟夫婦仲間など親しい者同士がすることがあるが、全く知らない者同士がする事もある。親しい者同士が喧嘩するというパターンは兄弟や夫婦が多い[1]

一般に人間同士の心理的な距離が近くなり、人間関係が緊密になればなるほど、互いに親しみを込めたコミュニケーションを行う可能性が増えるものの、同時に喧嘩を起こす可能性も増える、と考えられている[誰によって?]

兄弟姉妹間では「兄弟喧嘩」と言い、親子間では「親子喧嘩」と言う。夫婦間では「夫婦喧嘩」と言う。→#夫婦喧嘩

手段が暴力であっても言葉であっても相手を心理的に深く傷つけることがある。また生涯にわたり禍根を残すことがある。一般的に言えば、喧嘩をするのではなく、できるならおだやかに対話をしたり、あるいは喧嘩をしないで済むように、様々なコミュニケーションテクニックを早めに用いたほうがよいとされる。

カードゲームをきっかけにして喧嘩し始めて、ついにはピストルまで取り出してしまったブルガリアの将校たち(1936年)

腕力を用いる喧嘩は、相手に肉体的な怪我を負わせたり、生命に危険を及ぼすことがある。喧嘩で極端な腕力を用いることは、法的な観点から暴行とされ、違法行為として処罰の対象となる。一般的に特に、腕力を用いる喧嘩は避けるべきだとされており、やはりできるだけ対話などで解決するほうがよいとされている。


喧嘩の原因は様々である。思想宗教、人生哲学などの深遠・深刻なテーマが原因で発生することもある。意見利害の対立が原因で起きることもある。また、趣味嗜好の相違などで喧嘩が生じることもある。夫婦などでは家事のやりかたや物の置き場所などの些細なことでも喧嘩になることがある。

日本の祭りでの喧嘩の様子

祭りなど非日常的な行事などで喧嘩が発生することも多い。特に関西圏の祭りの中には、あえて喧嘩が起きるような状況設定にしているものや、喧嘩が起きることを期待して参加している人が多い祭りもある。 ペルーのアンデスの山の中では、普段対立しあっている者同士が、露骨に殴り合うことで決着をつけることを目的とした「喧嘩祭り」がある。

英語訳ではbrawl(大声で争う)がもっとも語義に近いが使用目的に応じてquarrel(口げんか) fight(殴り合い喧嘩)dispute(仲たがい)などが相当する[2]。女性同士の喧嘩はキャットファイト (en:cat fight) と言うことがある。女性同士の喧嘩を見世物にしていることもある。

熊と熊の喧嘩

なお、動物にも喧嘩はある。

歴史(表現・事例)[編集]

古代・記紀の時代に争い事は、「忤(さか)ふ」「諍(いさか)ふ」などと表記されていた(「喧嘩」という表現は用いられていなかった)。「喧嘩」という表現は、中世・『吾妻鏡(東鑑)』の頃より利用されはじめたものと見られる。『吾妻鏡』の治承4年(1180年)の項に「小八郎太夫等喧嘩之時、六條廷尉禪」との表記が見られる。

中世ではおもに家人間での殺傷事件や、国人一揆の騒乱などをさし、後期になると村落単位から大名に至るまで自力救済を目的として実力行使が行われる展開が日常的になってくるが、これを指して喧嘩とされた。江戸時代以前では群衆があつまり騒ぐことや、刀剣などを使う私闘全体を指した。語義としてはおおっぴらにやかましく騒ぎ立てることの意義であり、「喧騒」などと同義である。

戦国時代には行軍法度などに喧嘩の禁、喧嘩両成敗などの文脈で使用された。両成敗法は軍事行動のさいの軍内部の騒乱を抑制するための非常事態宣言の要素が強い行軍法度であり、平時の分国法においては騒乱に対して両成敗法を適用されることはめずらしかった。たとえば武家の基本法である御成敗式目には領地争いやそれにともなう殺傷を加害・被害の理非に照らし合わせ裁断する体裁を取っている。仇討ちも禁止されていた(十条)。喧嘩両成敗法は今川仮名目録甲州法度次第の頃から見られるようになり、織田信長は天正5年(1577年)「定安土山下町中」いわゆる楽市楽座令において喧嘩口論を禁じる制札を発している。

江戸期には「火事と喧嘩は江戸の華」と言われた[1]。こう表現したのは、当時 喧嘩は派手な騒ぎになったからだともいい[1]、また喧嘩は仲直りするのに飲食がつきもので飲食店が儲かったからだとも言う[1]。当時、江戸で働く人の中心は職人で、彼らは気性がはげしくて、喧嘩が多かったという[1]。(明治大正・昭和初期の職人が多かった時代も喧嘩が多かったという[1]

江戸期には元禄赤穂事件では両成敗法を根拠に高家吉良(吉良義央)を成敗すべしとした浅野家家臣らに対して幕府首脳や荻生徂徠ら儒学者がこれを認めない処置を下している。これは後に戯曲化した『忠臣蔵』の興行などにより「喧嘩両成敗」なる表現とともに庶民のあいだに定着した。

文政五年(1822年)に上演された歌舞伎「御摂曽我閏正月」では文化二年(1805年)におきた江戸の鳶火消し「め組」の喧嘩を題材に、庶民の私闘に対する美意識を芸能に昇華している。

江戸時代から明治末くらいまでは、少年や青年がレクリエーションとして喧嘩をする風習があった[1]。「退屈だから隣町へ行って喧嘩でもしてくる」などということが行われていたのである[1]勝海舟の『夢酔独言』にもそうした回想のくだりがあるという[1]


ヨーロッパに眼を向けると、フランスでもパリの市民は喧嘩好きだったという。ゴーギャンは喧嘩で足を怪我したのがきっかけでタヒチに行ったのだし、エミール・ゾラの小説『居酒屋』でもパリの女たちの喧嘩好きの様子を描いている[1]

子供の喧嘩[編集]

子供に喧嘩はつきものであり、子供はけんかによって自己主張し、他者と交わり、集団をつくる[1]。子供の喧嘩というのは、3歳ころには始まり、10歳前後にもっとも激しくなり、13歳くらいまで続く[1]

子供の喧嘩が多いのは、その <<自己中心性>> による[1]。子供は、その場・そのときの自分を強く主張したり、他の人々のことまで自己本位に解釈して、結果として争いを起こす。子供は喧嘩をすることによって、他者を知り集団を知り、自分自身を理解する中で、自分と他者を対等に扱うことを学び、正しく関係づけることを学び、集団を統制することも学ぶ。つまりは、子供は喧嘩をすることによって自己中心性から抜け出してゆくのであり、その意味では喧嘩は発達の糧なのである[1]

だが、現代社会では幼いころから喧嘩を抑制するため、かえって子供の自己中心性からの脱却を遅らせ、かえって自己中心性を肥大化させてしまっている、と竹内常一は指摘した[1]

近年では肉体を用いた喧嘩は、「暴力は悪いことである」として、児童間の喧嘩もなくすべき、とされることは多い。ただし「(子供に)殴り合うことを禁止しては、暴力を受ける痛みや、自分が手を出す時の加減を知ることができないまま成長してしまう」「手加減を知らないがために、腕力をふるった時に惨事になる」と述べる人もいる。

法的に判断すれば暴行としか分類できないような極端な暴力行為を、日本の学校では「喧嘩」として事務処理したり隠蔽してしまっていたことが多く、違法行為を助長・エスカレートさせる結果を生んでいた。最近になり、それの問題点が指摘されるようになり、学校内の出来事であれ、犯罪行為は犯罪行為として法律にもとづいて警察が介入することが増えてきている。

「最初の喧嘩」(1914)。口喧嘩をした後、互いに口をきかず眼も合わせないようにして、沈黙状態で喧嘩を続ける男女

夫婦喧嘩[編集]

株式会社結婚情報センターNozze)が、2008年に、20~60代の既婚男女660人(男女比1:1)を対象に、夫婦喧嘩に関するアンケート調査を行ったことがある[3]。それによると「夫婦喧嘩の頻度」は「月1〜2回」が 27.0%[3]、「年1〜2回」が 25.3%[3]であった。また「配偶者と喧嘩する頻度が最も高い話題」は1位が「態度・価値観」27.3 %[3]、 2位が「子供関係(学校・教育方針など)」15.3%[3]、3位が「家事関係(掃除 洗濯・整理整頓など)」 13.5 %[3]、という結果であった。


脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r 平凡社『世界大百科事典』vol.9 p.37「喧嘩」竹内常一 執筆
  2. ^ 三省堂「EXCEED 和英辞典」
  3. ^ a b c d e f 株式会社結婚情報センター(Nozze)「夫婦喧嘩と仲直りに関するアンケート調査報告」

参考文献[編集]

  • 清水克行 『喧嘩両成敗の誕生』 講談社選書メチエ、講談社、ISBN 4062583534

関連項目[編集]

外部リンク[編集]