和諧社会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

和諧社会(わかいしゃかい、正式名称: 社会主義和諧社会簡体字和谐社会、正式名称: 社会主义和谐社会拼音: héxié shéhui)とは、矛盾のない調和のとれた社会のことを指す中華人民共和国のスローガンである)[1]2004年中国共産党第16回中央委員会第4回全体会議(第16期4中全会)で提起され、2006年の第16期6中全会では、社会主義和諧社会建設に関する討議がなされた)[1]

経緯[編集]

中国は改革開放政策によって、官僚や党員の腐敗、階層間・地域間の格差の拡大、環境汚染が深刻化している。そのため、和諧社会というスローガンを打ち出すことによって社会不安を抑える狙いがあると考えられている。

また、鄧小平の進めた改革開放を止め、毛沢東が考えていた共産主義に戻ることはもはや共産党指導部でも不可能な状況であり、改革開放の負の側面を是正するために、官僚出身の胡錦濤を中心に政府主導による所得再分配に奮起をうながすスローガンでもある。つまり、民衆の不満をそらすためだけのスローガンではなく共産党指導部にも向けられたスローガンでもある。

出典[編集]

  1. ^ a b 國谷(2011年)90ページ

参考文献[編集]

関連項目[編集]