吉田道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
吉田 道
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 静岡県磐田郡豊田町(現:磐田市
生年月日 1975年1月15日(39歳)
身長
体重
180 cm
81 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1992年 ドラフト2位
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

吉田 道(よしだ とおる、1975年(昭和50年)1月15日 - )は、静岡県出身の元プロ野球選手投手)、教員

来歴・人物[編集]

東海大相模高校では、1992年(平成4年)の第64回選抜高等学校野球大会にエースピッチャーとして出場。1回戦、2回戦と勝利し、準々決勝は松井稼頭央今岡誠がいたPL学園と対戦し、2-0で勝利。準決勝も勝利し、決勝は三澤興一帝京高校と対戦。試合は三澤と吉田の投げ合いの結果3-2で帝京に敗れたが、吉田は選抜準優勝投手となった。同年夏は神奈川県大会の準々決勝で横浜商業に敗れて春夏連続出場とはならなかった[1]

1992年(平成4年)のドラフト会議で、近鉄バファローズに2位指名され入団。プロでは故障に悩まされ1軍で登板することなく1996年(平成8年)に引退。地元静岡県浜松市に戻り、競輪選手を目指したが、競輪学校の入試に受からなかったため断念。母親とともに「甲子園」という店名の居酒屋を経営し、父親の経営する「ラーメン竜」を手伝うなど、飲食業に従事した。「ラーメン竜」の売り物となっている柔らかい超厚切チャーシュー、「浜松焼豚(ハママツチャーシュー)」は、このとき考案したものである[2]

また、仕事の傍ら、民間の野球塾「西島ベースボールクラブ」で中学生らに野球指導を続け、高等学校の野球指導者となることを志望する。日本学生野球協会日本学生野球憲章では、元プロ野球選手が高等学校の野球指導者となるためには、「学生野球資格」を回復しなければならず[3]、資格回復には高等学校の教諭として2年以上の勤務歴が要件とされていた[4]。そのため、2000年(平成12年)から通信制の大学に入学。5年かけて高等学校社会科情報科教員免許を取った[5]2009年(平成21年)より、静岡県立天竜特別支援学校(静岡県浜松市天竜区)の常勤講師として勤務[5]2011年(平成23年)には、学生野球資格の回復に関する規則が改正され[4]、高等学校の野球指導者となる資格を得た[5]。 2012年4月・興誠学園浜松学院高校の社会科教員として勤務。同年7月より同校野球部監督に就任。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]

  • 一軍公式戦出場なし

背番号[編集]

  • 22 (1993年 - 1995年)
  • 59 (1996年)

脚注[編集]

  1. ^ なお、父の吉田忠男は、かつて横浜商業の捕手として活躍した。
  2. ^ ラーメン竜
  3. ^ 日本学生野球憲章14条1項「プロ野球選手、プロ野球関係者、元プロ野球選手および元プロ野球関係者は、学生野球資格を持たない。」、同条3項「学生野球資格を持たない者は、部員、クラブチームの構成員、指導者、審判員および学生野球団体の役員となることができない。」。また、同16条「元プロ野球選手または元プロ野球関係者は、日本学生野球協会規則で定めるところに従い、日本学生野球協会の承認を得て、学生野球資格を回復することができる。」。
  4. ^ a b 学生野球資格の回復に関する規則、日本学生野球協会。
  5. ^ a b c 2011年(平成23年)6月30日付『朝日新聞』、「(白球ロード:1)92年春・甲子園準優勝 東海大相模・吉田道さん /神奈川県」。

関連項目[編集]