受動素子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

受動素子(じゅどうそし、Passive element、Passive component)は、供給された電力を消費・蓄積・放出する素子で、増幅・整流などの能動動作を行わないものを言う。

一方、真空管継電器(リレー)やトランジスタ[1]など入力信号として小さな電力電圧または電流を入れて、大きな出力信号として電力、電圧または電流の変化を得られる素子は能動素子(のうどうそし、Active element、Active component)と呼ばれ、その入力と出力の比率を利得という。

受動素子と電源とで構成された電気回路を受動回路という。

受動素子の例[編集]

受動素子の標準数値表[編集]

抵抗器・コンデンサなどの受動素子の定格に使用される数値であり、小さな値から大きな値までの範囲が必要とされるため等比数列となっている。 その価は国際的に(日本ではJISで)決められている。その値のことを標準数と呼ぶ。一般的にはE3からE6、E12、E24系列までが頻用される。抵抗器ではE12、E24までが多く用いられ、コンデンサではE3、E6が用いられる。

規格上はE192まであるが、コンデンサのE12以上や抵抗器のE48以上は、特別に精度が求められる場合以外では利用されることはほとんどない。

E3~E96系列表[編集]

E3 E6 E12 E24 E48 E96
10 10 10 10 100 105 100 102 105 107
11 110 115 110 113 115 118
12 12 121 127 121 124 127 130
13 133 140 133 137 140 143
15 15 15 147 154 147 150 154 158
16 162 169 162 165 169 174
18 18 178 187 178 182 187 191
20 196 205 196 200 205 210
22 22 22 22 215 226 215 221 226 232
24 237 249 237 243 249 255
27 27 261 274 261 267 274 280
30 287 301 287 294 301 309
33 33 33 316 332 316 324 332 340
36 348 365 348 357 365 374
39 39 383 402 383 392 402 412
43 422 442 422 432 442 453
47 47 47 47 464 487 464 475 487 499
51 511 536 511 523 536 549
56 56 562 590 562 576 590 604
62 619 649 619 634 649 665
68 68 68 681 715 681 698 715 732
75 750 787 750 768 787 806
82 82 825 866 825 845 866 887
91 909 953 909 931 953 976
E3 E6 E12 E24 E48 E96

カラーコード[編集]

小さな抵抗器などはその表面に素子の特性(抵抗値、許容差等)を記述するのが難しい。そこで、その特性値を色で表示するようにしたものが、カラーコードである。以下のように、色と値とを結びつける。この表示方法は、国際電気標準会議(IEC) による国際規格 IEC 62 、およびそれに準拠した日本工業規格(JIS)JIS C 5062 で規定されている。

数値 乗率 精度 覚え方
0 1 - 黒いレイ服
1 10 ±1% お茶を一杯、小林一茶
2 100 ±2% 赤いニんじん
黄赤 3 1,000 ±3% (黄赤系色の橙を用いて)だい三しゃ、橙色のミかんだい三の男、橙三元(だいさんげん)
4 10,000 ±4% きシけいこ(岸惠子)、黄色いシんごう、きシめん
5 100,000 - 五月みどり、みどりゴ
6 1,000,000 - ロクでなしの青二才(青二才のロクでなし)、青ムし、青緑青(あおろくしょう)
7 10,000,000 - むらさきシチぶ(紫式部
8 100,000,000 - はいヤー
9 - ほわいとクりすます、しろクま、白いキュウきゅう車、クしろ(釧路
- 0.1 ±5%
- 0.01 ±10%
無色 - - ±20%

カラーコードは金属皮膜抵抗、酸化金属皮膜抵抗、炭素皮膜抵抗などの抵抗器のほか、コンデンサ、インダクタなど、おもにアキシャルリード型の受動素子の特性値の表示に多く用いられる。また、フラットケーブルなどの多心電線の心線の識別にも用いられる場合がある。なお、表面実装パッケージの受動素子では、一般にカラーコードは使用せず、特性値を数字やアルファベットで表記する。

FTTHにおける光受動素子[編集]

光スプリッタ(光カプラ)とも呼ばれ、1本の光ファイバーを分岐させる。FTTHのPassive Optical Network (PON)において用いられる。

外部から電源を必要とするActive Optical Network (AON)にて用いられるものは能動素子と呼ばれる。(光収容の項を参照の事。)

脚注[編集]

  1. ^ 能動素子の変遷電子情報技術産業協会