南斗五車星

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

南斗五車星(なんとごしゃせい)とは、漫画『北斗の拳』に登場する架空の集団。

概要[編集]

南斗正統血統のユリアを守護するの五星の戦士によって構成されている。 「海」は軍師、「山」は鬼の拳、「雲」は我流の拳、「炎」は斬撃に火炎を交え、「風」は手刀で真空波を走らせる。「炎」と「風」の拳には流れをくんでいる要素はあるものの、五車星の拳法は南斗聖拳の一派ではなく、南斗一〇八派には含まれない(週刊少年ジャンプ特別編集解説書『北斗の拳 SPECIAL』)。

メンバーはそれぞれ、腕の部分に五つの星の刺青があり、己の星の場所は一回り大きい刺青になっている。

南斗六星の一人であるユリアに仕えている関係から、他の五星も彼らにとっては格上の存在であり、劇中ではユリアを迎えに来たリハク達がシンに礼儀正しく接したり、リハクがケンシロウとの会話の中でシュウの事を「シュウ様」と呼んでいる。

ヒューイ[編集]

- 曽我部和恭(テレビアニメ) / 土田大(新OVA) / 石塚堅(激打2) / 金本涼輔真・北斗無双) / 一条和矢DD北斗の拳

南斗五車星の一星「風」の拳士。シュレンの弟星。

原作初登場時はフドウがケンシロウ一行に接触するのを崖の上から見ており、「山が動いた。ならばこの風も動かねばならぬ」との言葉を発している。

機動性に富んだバイク部隊である「風の旅団」を率いてラオウ軍に挑み、初戦はラオウ軍を圧倒するも、一騎討ちを挑んだラオウに対しヒューイの拳は全く通じず、逆に一撃で葬られた。

アニメ版では、ケンシロウに対し手合わせを望むなど、出番が大幅に増え、さらにオリジナルキャラクターの弟・シオン(声 - 難波圭一)も登場している。ごく短い期間の登場であり、原作者の武論尊は『北斗の拳 SPECIAL』の「武論尊ポートレート」の中で、もっと描きたかったキャラクターの一人にその名前を挙げている。

また、彼の使う拳法の名は、原作では「我が拳は風を友とし空中に真空を走らせる」と言ったのみで不明だったが、アニメ版では「五車風裂拳」と名が付いている。風の中に真空を生じさせ、鋼鉄をも一瞬にして切り刻む必殺拳である。原作では、自身の説明どおり真空波を放ち、拳王軍の部隊長を曲刀ごとスライスしている。外伝の『金翼のガルダ -南斗五車星前史-』、パチンコ版では「五車風仁拳」に変更されている。

タイピングゲーム「激打2」では「五車真空斬」という技を使っていた。

ヒューイがラオウと対決した際の「そんな柔な拳では、この身体に傷一つ残すことはできんわ!」と言うラオウの台詞は、パチスロ機の演出においてはケンシロウに対して使われている。

『彷徨の雲 -北斗の拳 ジュウザ外伝-』においては、シュレンの実弟になっている。

シュレン[編集]

声 - 若本紀昭(テレビアニメ) / 檜山修之(新劇場版・新OVA) / 宮崎寛務(真・北斗無双) / 関智一DD北斗の拳

南斗五車星の一星「炎」の拳士。ヒューイの兄星。

その名の通り、燐を使用して火炎を使う戦法を用いた(相対する相手は斬られながら炎を纏って倒れる事になる)。この戦法で、ラオウが放った屈強な衛兵二人を倒している。

南斗六聖拳・最後の将のため、そして、弟星・ヒューイの仇討ちとして、「朱の軍団」を率いてラオウに挑む。火矢の攻撃でラオウの軍勢に打撃を与え、自らラオウと拳を交えるも返り討ちに遭い、最後は全身に炎を纏ってラオウに突撃するも一蹴され、そのまま燃え尽きた。ヒューイが倒されたことで涙を流し、死に際しても、ラオウが「まさに炎の男よ」と言うほどの激情家だった。なお、ラオウ伝激闘の章では、ラオウとの絡みの一部が割愛された。

また、彼の使う拳法の名は「五車炎情拳」だが、原作で拳法の名を名乗ったのはシュレンただ一人だけである。

『彷徨の雲 -北斗の拳 ジュウザ外伝-』では、ヒューイとは実の兄弟(兄)であり、兄弟ならではのコンボ技「五車火炎烈風拳」や「五車爆裂炎情拳」を披露している。

フドウ[編集]

声 - 飯塚昭三(テレビアニメ・PS版ゲーム) / 郷里大輔(新劇場版・新OVA) / 宮崎寛務北斗無双) / 木村雅史(激打2) / 小山剛志DD北斗の拳

人物(フドウ)[編集]

南斗五車星の一星「山」の拳士。心優しき大男。「若草色の軍団」を率いる。

かつては親を知らず人の命の重さも知らずに育ったが故に、人の命を虫ケラ(アニメ版では蛆虫)としか思わず、修行時代のラオウも恐怖を覚えたという「鬼のフドウ」、「悪鬼のフドウ」と呼ばれた暴虐の徒であった。しかし、幼い頃のユリアとの出会いで、彼女の持つ「慈母の星」の光に触れ、彼女が守った母犬から生まれた子犬を自らの手に乗せられたことで、手の上で息づく子犬の姿や息吹に命の重さを知る(その様子を目撃したリュウケン(アニメ版ではリハク)曰く、「鬼が負けおった…」)。その後は武具を封印し、万民に愛される善人へと改心して五車星の一員となる。また、多くの孤児たちを養子として引き取っている。

身長225cm、体重270kg、バスト240cm、ウエスト200cm、ヒップ230cm、首周り90cm(データは週刊少年ジャンプ特別編集『北斗の拳 SPECIAL』の「拳聖烈伝」による)。巨漢ではあるが、漫画原作もアニメも公式データ以上に大きく画かれたり、述べられたりしている(ヒルカによると体重300Kg)。

来歴[編集]

登場当初は、図体のでかいだけの臆病者を装ってケンシロウ達に近づいたが、リンバットとは対照的にケンシロウは何かを感じ取り、疑惑の眼差しを向けていた。そして、逃げた鶏を捕まえた件で知人となった、鶏商人を殺した悪党の一人を、拳法(手刀)で真っ二つにしてからは、自身の正体が五車星の一人であることを告げる。

上記の悪党を両断した拳法は、アニメ版では「五車山峨斬」と命名されていたが、一度しか登場せず、それ以降は、圧倒的な体躯から繰り出すパワー系の闘い方が主流となった。

ラオウの軍勢やヒルカとの戦いを終えた後、引き取った子供達のいる村に戻るが、負傷していたことや、そんなフドウを慕う子供達の心を気遣ったケンシロウから、南斗の都への先導をせず、村に留まるよう言われた。そこでフドウは、ようやくケンシロウに“南斗最後の将”の正体がユリアであることを明かし、シンの元から連れ出した経緯を語った。

ケンシロウは単独でユリアが待つ南斗の都へ到着したものの、ユリアはラオウに連れ去られてしまい、行き先をラオウのいる居城へ変える。そんな中、フドウの村は拳王軍の急襲を受けるが、ラオウとの戦いでは封印していた武具を解き、鬼神となって奮戦する。ラオウの攻撃で受けた傷と、ラオウの危機を見て拳王軍良将ザクの命で放たれた矢で敗れはするものの、精神面で圧倒し、再びラオウの体に恐怖を刻ませて深い敗北感を与え、「勝ったのは俺とケンシロウだ」と言い放った。そのような戦いを見届けた子供たちは、引き返してきたケンシロウに「父さんはラオウに勝った」と語った。そして、ケンシロウや子供たちが見守る中、息を引き取り、墓を建てられた。 なおこの戦いでは、ラオウは「敗れて命を拾おうとは思わんわ!」と叫んで自らに矢を向けなかった部下を惨殺しており(生き残った者はユリアの手当てを受けた)、明確に自分の負けを認めている。ラオウが修行時代以外で明確に負けを認めたのは、ケンシロウ以外ではフドウのみである。

その他[編集]

ラオウ伝激闘の章では、ケンシロウに近づく描写が異なる。当初はケンシロウの噂を聞いた大男を装って挑んだが、ケンシロウに「善人面」と言われ、自らの正体を告げた。後に引き取った孤児達の住む村に行き、ケンシロウに“南斗最後の将”の正体を明かし、そこに行くように告げた。以降の設定は原作・テレビアニメに準ずる。登場話数も多くトキ死亡後のケンシロウのパートナーとしても活躍し五車星でもメイン格であった。

『極悪ノ華 北斗の拳ジャギ外伝』では、かつて北斗の道場へ乗り込んだ時に身に着けていた武具の内、棘のある肩当が核戦争後の世界で悪事に走ったジャギの身に着けている肩当のルーツとなっている。

ゲーム『真・北斗無双』における彼の戦闘スタイルは、相撲とプロレスを合わせたようなものになっている。また、幻闘編では核戦争前の時代、南斗と北斗の対抗戦をサウザーが提案し、ラオウがそれを受け入れたことで開催される中、自らが仕えるユリアとケンシロウとの関係からケンシロウがサウザーによって害を与えられぬようヒューイやシュレンと図ってケンシロウをサウザーとは対戦せぬよう試合に手を回した。核戦争後は孤児達と暮らしていた自分の村にサウザー配下の聖帝軍が子供狩りのために攻め込むが、南斗六星拳の「和平派」のシュウとレイ、さらに子供狩りに嫌悪感を抱いたアインの加勢によって聖帝軍を追い払うものの、村に到着したレイに助けを求めた少女が死ぬという犠牲を払った。この時フドウは彼女の兄がレイに怒りをぶつけるのを窘め、シュウの謝罪にも労りの言葉を返した。

ジュウザ[編集]

声 - 安原義人(テレビアニメ) / 藤原啓治天の覇王) / 浅沼晋太郎(天の覇王・少年期) / 平田広明(パチンコ・パチスロ版) / 高塚正也北斗無双) / 石塚堅(激打2) / 市瀬秀和DD北斗の拳

人物(ジュウザ)[編集]

南斗五車星の一星「雲」の拳士。ユリアの異母兄であり、『天の覇王』ではリュウガの異母弟でもある。

身長183cm、体重99kg、バスト128cm、ウエスト90cm、ヒップ108cm、首周り44cm(データは週刊少年ジャンプ特別編集『北斗の拳 SPECIAL』の「拳聖烈伝」による)。

頭髪は原作では黒色だが、TVアニメでは兄・リュウガと同じライトブルー。

我流の拳と称する自由奔放の拳を駆使し、五車星最強の実力を持つ。リュウケンをしてラオウ、トキと同等と評された天与の才の持ち主だったが、自分の愛する女が腹違いの妹であることにショックを受け、以後は世を儚む無頼の生を送る。当初ラオウの野望を食い止めんとする南斗六聖拳・最後の将の使いに対し、「俺は食いたい時に食い、飲みたい時に飲む」と嘯き、ダルカが強奪した食料や女たちを自分が強奪したり[1]、浴場に乱入し女を追いまわしたりする等、南斗五車星としての務めには全く係わろうとしなかった。しかし南斗六聖拳・最後の将の素性を知り、死を賭してラオウに挑んだ。

原作中、ラオウにダメージらしいダメージを与えたのは、(罠でダメージを与えたリハクを除外すると)北斗神拳の使い手以外では彼がただ一人である。

ラオウとの決戦[編集]

初戦では、自分の命を賭けるに値するものができたことで目覚めたジュウザの覇気は、最初の一撃でラオウの兜を割る程のものであった。それ故に、当初ケンシロウと相対した時などは格下と見て黒王号から降りなかったラオウも、ジュウザの実力を認め、全力を持って当たらんと即座に地上に降り立った。

ラオウの足止めを第一の目的と考えるジュウザは、合流したフドウ配下の兵達を率いてトリッキーにラオウを煙に巻き、黒王号を奪取してその場を去る[2]

黒王号を奪う際に、ラオウの放った蹴りが体を掠めたが、実は深手であり、ジュウザはラオウの一撃に底知れぬ強さを感じる。ジュウザは、そう長くはラオウを足止めできぬと考え、フドウとタンジ・ジロ兄弟を救うべくヒルカに挑んだケンシロウこそが、自分が仕える主にして異母妹でもあるユリアを任せるに値する男であると見届けた後、再びラオウの前に立ち塞がり闘いを挑む。

ジュウザは防具を壊し、背水の陣に身を置いた上で、最高の一撃に全てをかけんと「撃壁背水掌」を打ち込む[3]。その一撃は決まったかと思われたが、ラオウは受ける寸前にジュウザの肩の秘孔・鏡明を突き、ジュウザの腕を麻痺させていたため、その威力は半減していた。それでも、ジュウザはせめて腕一本でも取ろうと挑んだが、ラオウの底知れぬ剛力の前にそれすらもかなわなかった。

ラオウは、秘孔・解唖門天聴[4]を突き、ジュウザから最後の将の所在と正体を聞き届けようとした。しかし、ジュウザは全身から血を噴き出し、激痛で息も絶え絶えになりながらも耐え抜き、最後には、ラオウに対して悪態をつく意地を見せて息絶える。

アニメ版ではこの後、さらに戦いが続き、「土くれを蹴り上げて目くらましにする」「口に含んだ血を噴き出して目潰しにする」など、我流の拳らしいトリッキーな戦術が演出された。最後はラオウにも「せめて奥義で葬ろう」と北斗百裂拳を使わせたあと、彼にもう一傷を浴びせた上で、死してもなおラオウに立ち向かうという意地を見せた。

又、倒れた後、ジュウザの体から流れ落ちる血に空の雲が映り、まるでジュウザが本当に雲のように空を飛んでいるかのような演出がなされた。

ジュウザは最後まで口を割らなかったものの、最後の将の正体がラオウの知る人物であることは喋っており、さらにその気迫自体が図らずも将の正体をラオウに悟らせる結果となった。その後ラオウと黒王は、強敵と認めたジュウザの遺体を丁重に弔っている。

その他(ジュウザ)[編集]

  • 「我流の拳」は、奇妙なフェイントや全身を使った関節技が多い。これは、当時格闘技の世界で流行ってきていた「シューティング」や「コマンド・サンボ」、プロ興業に参加しはじめたばかりだったアンディ・フグの後ろ回し蹴りや変則カカト落とし等が、ジュウザの技の参考にされているためである。ラオウの腕を「もらう」ために使ったのは、「腕挫十字固」であった。
  • アニメでは、かつての仲間が「雲の軍団」としてジュウザのもとへはせ参じたが、ラオウとの最終決戦おいては、彼らを思って突き放した。
  • 新劇場版では、ジュウザのエピソードは割愛されているため登場しない。新OVAでは、リハクの娘であるトウが彼の穴埋め的存在となっていた。
  • 『銀の聖者 北斗の拳 トキ外伝』では、トキのいる奇跡の村に立ち寄った際には、襲撃してきたZEEDに一致団結する村人達やトキの姿を見て自らも加勢している。
  • 週刊コミックバンチ』2010年6号から武論尊原哲夫が原案で、加倉井ミサイルが作画を担当する漫画『彷徨の雲 -北斗の拳 ジュウザ外伝-』が連載された。乱世を飄々と自由に生きた無頼漢・ジュウザを主役にしたスピンオフ作品で、ユリア、リュウガ、ヒューイ、シュレン、レイ達とのエピソードも加えられている。
  • 「北斗の拳・LAST PIECE」にはジュウザの遺児・ショウザが登場。ラオウとの決戦後、ユリアと隠遁生活を送っていたケンシロウに仕え、ユリアの死後は再び戦いに戻るよう黒王号とともに熱心に働きかけていたが、野盗との戦いで死亡した。黒王号の片眼が潰れた経緯もこの戦いによるものであることが描かれている。

リハク[編集]

声 - 青野武(テレビアニメ) / 宝亀克寿(新劇場版・新OVA) / 掛川裕彦(PSゲーム) / 竹本英史(真・北斗無双)

南斗五車星の一星「海」の戦士。「海の兵団」を率いる五車星の軍師。ラオウをして「世が世なら万の大軍を縦横自在に率いていた」と評している。トウという娘がおり、彼女もまた“南斗聖拳最後の将”であるユリアの従者として、献身的に仕える。

五車星のメンバーの中で最年長者であり、かつリーダー的存在。軍師として、ヒューイ、シュレンの軍団とジュウザを順番にラオウの軍に差し向けて足止めし、その間にフドウをケンシロウの護衛役に付け、“南斗最後の将”のユリアの元へと案内しようとした。しかし、ラオウとケンシロウの力量を見誤ったことから事態の混乱を招いた。

差し向けたヒューイ、シュレン、ジュウザがラオウに敗れる中、リハクが“南斗最後の将”の都で用意した最後の策略は、「海の兵団」とユリアの影武者を務める娘トウ、そして自ら用意した罠を仕掛けた部屋でラオウの足を止めて時間を稼ぎ、その間に部下がケンシロウとユリアを連れて、罠の部屋から下階に位置する部屋で二人を再会させ、仮に自分が死亡したとしても、その時点で二人は既に安全な所に移動しているはずであった。

しかしケンシロウは、「ラオウいる限りユリアに生はない」とユリアを待たずにラオウの元に向かい、ユリアは待ち合わせの部屋で従兵と共にケンシロウを待つことになる。そしてリハクが「無想転生」を体得したケンシロウの力量を読み切れず、ケンシロウがラオウとの戦いを優勢に進める中、部屋を崩壊させる最後の罠が発動、ラオウは遥か下の部屋へと転落するが、そこでユリアを発見して従兵を殺して連れ去ってしまう[5]。この裏目に出た最後の罠により、ケンシロウは一時的に視力を失うが、高所から転落したラオウに至っては重傷を負って、居城に戻るとすぐさま意識を失いユリアに手当てされる有様だった。拳法の類でなく、純粋に罠だけでラオウに重傷を負わせたのはこれが劇中最初で最後である。

天帝編では、天帝軍に抵抗するレジスタンス・北斗の軍の参謀として登場。老いてなお頭脳は健在であり、北斗の軍の若きリーダーとして成長したリンやバットのバックアップに回り、また時に保護者のごとく接した。ファルコと対峙してからは北斗の軍の面々にファルコが用いる元斗皇拳のことを説明したほか、彼の過去やラオウとの関わり、そして天帝を守るという信念についても語った。

また、原作では登場することのなかった修羅の国編にもその姿を見せ、北斗の軍を引き連れて、ケンシロウとカイオウの決戦を見守った。

『彷徨の雲 -北斗の拳 ジュウザ外伝-』では五車星の年長者として、若いジュウザを指導する姿が描かれている。

アニメ版では拳法家としての一面も描かれ、ラオウと拳を交える場面が描かれた。ここで使用した拳法の名は「五車波砕拳」。変幻自在の構えにより、荒波が岩を砕くが如き必殺の一撃を繰り出す拳法で、画面に大波が出るほどの大掛かりな演出が加わるものだったが、ラオウには全く通用せず、殺されそうになるが、ケンシロウの登場で命を拾った。

外伝の『金翼のガルダ -南斗五車星前史-』においては、水を利用した拳「五車波岸水壁」「五車波岸激衝」を披露して拳法家の実力を見せた。

脚注[編集]

  1. ^ ダルカから奪った女性たちが全員子持ちであることを知ると、女性たちの懇願もあり、食料と一緒に解放するという、お人よしな面も見せた。また、ゲーム『真・北斗無双』では幻闘編バットの章で、ユダがさらった女をナンパする目的で救出に向かう途中で成り行きから共闘した、未来から時を超えて来た青年時代のバットに「どいつもこいつも先約がいやがる。俺は相手のいる女は取らない主義でね」と語っている。
  2. ^ その際に黒王号は、ジュウザを拒否して振り落とすことなく、その命に従って走っている。黒王号がラオウ以外にその鞍を許すことは原則的に無く、ジュウザは、第一部では、ケンシロウと共に鞍を許した数少ない人物である。
  3. ^ この技を成功させるため、身体には油を塗っていた。
  4. ^ この秘孔は意思に関わらず自白させ、逆らおうとすると肉体は血を噴き出し崩壊する。
  5. ^ TVアニメ版ではラオウに半殺し状態にされ殺されず、その後階段を登りケンシロウとリハクの生死確認を行っており、ケンシロウがリハクを抱えて階段を下りるシーンでケンシロウに対し(ラオウにユリアを連れ去られた事を)謝罪するシーンが見られた。