出雲横田駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
出雲横田駅
1934年築の駅舎(2004年)
1934年築の駅舎(2004年)
いずもよこた - Izumo-Yokota
亀嵩 (6.4km)
(4.0km) 八川
所在地 島根県仁多郡奥出雲町横田1020
所属事業者 西日本旅客鉄道(JR西日本)
所属路線 木次線
キロ程 52.3km(宍道起点)
電報略号 ヨコ
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
乗車人員
-統計年度-
122人/日(降車客含まず)
-2011年-
開業年月日 1934年昭和9年)11月20日
備考 簡易委託駅
POS端末設置
構内(2007年10月3日)

出雲横田駅(いずもよこたえき)は、島根県仁多郡奥出雲町横田にある西日本旅客鉄道(JR西日本)木次線。愛称は「奇稲田姫」(くしいなだひめ)。

宍道駅方面からの列車の多くはここで折り返し、ここから備後落合駅方面へは1日4往復(奥出雲おろち号を含む)しか運行されていない。また、当駅を跨ぐ列車の殆どは列車行き違いのため10分以上は停車を行う(1日1本のみ、一旦当駅で運転打ち切り留置扱いとなり、留置時間後に列車番号を変更して運転再開となる列車がある)。

駅構造[編集]

相対式ホーム2面2線を有し、列車交換が可能な地上駅神社を模した木造の駅舎は1934年(昭和9年)の駅開業当初からのものである。駅舎側のホームが2番のりばとなっており、反対側の1番のりばへは備後落合寄りの構内踏切で連絡している。

木次鉄道部管理の簡易委託駅POS端末を設置。指定券発行可。

土曜日から日曜未明にかけてを除き、夜間滞泊がある。

のりばは駅舎反対側から以下の通り。

出雲横田駅プラットホーム
ホーム 路線 方向 行先 備考
1 木次線 上り 木次宍道方面 備後落合方面からの列車
2 木次線 下り 備後落合方面
上り 木次・宍道方面 当駅折返しの列車
  • 当駅始発列車のうち、宍道方面からの折り返し運用となるものは、本来下りホームとなる2番のりばから発車する。一方、前述したような、備後落合方面から到着後一旦運転を打ち切り、留置時間後に宍道方面への始発列車として改めて出発する列車は、当駅を跨ぐ上り列車同様に1番のりばからの発車となる。

駅周辺[編集]

駅前広場が整備されている。駅前には腕木式信号機が保存されている。

バス[編集]

利用状況[編集]

1日平均の乗車人員は122人であり(2011年度)、2005年度までは木次線内で最多であった。(現在の最多は出雲大東駅)
2004年度は236人、1994年度は337人、1984年度は377人だった。

近年の1日平均乗車人員は以下の通りである。

乗車人員推移
年度 1日平均人数
1999 265
2000 256
2001 245
2002 249
2003 241
2004 236
2005 200
2006 199
2007 182
2008 180
2009 170
2010 138
2011 122

歴史[編集]

隣の駅[編集]

西日本旅客鉄道
木次線
亀嵩駅 - 出雲横田駅 - 八川駅

関連項目[編集]

外部リンク[編集]