信濃川田駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
信濃川田駅
駅舎(2009年6月)
駅舎(2009年6月)
しなのかわだ - SHINANOKAWADA
Y8 大室 (1.6km)
(1.5km) Y10 若穂
所在地 長野県長野市若穂川田3180-2
駅番号 Y9
所属事業者 長野電鉄
所属路線 屋代線
キロ程 15.7km(屋代起点)
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
乗車人員
-統計年度-
71人/日(降車客含まず)
-2010年-
開業年月日 1922年大正11年)6月10日
廃止年月日 2012年平成24年)4月1日
備考 終日駅員無配置駅

信濃川田駅(しなのかわだえき)は、長野県長野市若穂川田にあった長野電鉄屋代線。屋代線廃止に伴い廃駅となり、現在はバス待合室として利用されている。駅番号はY9。

駅構造[編集]

相対式ホーム2面2線を有する地上駅無人駅。2線とも両方向に出発信号機をもつ。かつて朝夕のラッシュ時には、須坂⇔当駅間の区間運転列車が運転されていたこともあった。構内には元貨物用の側線があり、現在は保線車両の留置線として使用されている他、廃車車両の解体も行われる。また、駅本屋の柱に据え付けられたホーロー板の駅名票の一部には隣接する駅も書き込まれているが、この内須坂方面の隣接駅が綿内となっており、1966年に綿内駅との間に若穂駅が開業したことが反映されていない。

1980年代初頭に放映された明星食品のカップラーメンのテレビコマーシャルのロケ地として、また近年では熊木杏里のシングル「七月の友だち」のPV撮影地としても使用された。

駅周辺[編集]

利用状況[編集]

年間乗車人数及び1日あたり乗車人員は次のとおりであった[1]

  • 2006年度 35,768人 : 98人/日
  • 2007年度 30,586人 : 84人/日
  • 2008年度 29,007人 : 79人/日
  • 2009年度 26,108人 : 72人/日
  • 2010年度 25,779人 : 71人/日

歴史[編集]

隣の駅[編集]

長野電鉄
屋代線
大室駅 (Y8) - 信濃川田駅 (Y9) - 若穂駅 (Y10)

その他[編集]

  • 駅構内跡には2000系A編成の他、小布施駅にある「ながでん電車の広場」に保存されていた車両等が留置されているが、廃止から一年以上が経過した2013年現在も留置されたままとなっており、現状では修復や公開の予定も無く放置状態となっている。一部車両は車体を覆っていたブルーシートが剝がれてしまうなど荒廃が見られる。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「長野市統計書」による
  2. ^ 『長野電鉄60年のあゆみ』195頁。官報では3月25日「地方鉄道駅名改称」『官報』1923年3月8日(国立国会図書館デジタル化資料)

関連項目[編集]