小布施駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
小布施駅
駅舎(2009年5月20日)
駅舎(2009年5月20日)
おぶせ - OBUSE
北須坂 (2.5km)
(1.1km) 都住
長野県上高井郡小布施町大字小布施1497-2
駅番号 N15
所属事業者 長野電鉄
所属路線 長野線
キロ程 17.5km(長野起点)
電報略号 オフ
駅構造 地上駅
ホーム 2面3線
乗降人員
-統計年度-
1,630人/日
-2012年-
開業年月日 1923年大正12年)3月26日
備考 終日駅員配置駅
ホーム

小布施駅(おぶせえき)は、長野県上高井郡小布施町大字小布施にある長野電鉄長野線特急列車を含む全列車が停車する。駅番号はN15。

駅構造[編集]

単式1面1線、島式1面2線の計2面3線のホームを有する地上駅有人駅である。列車は右側通行で入線する

のりば[編集]

1 長野線 須坂権堂長野方面
2 長野線 信州中野湯田中方面
3 通路として利用されている(ビアトレインなどイベント列車運行時は停車ホームとなる)

利用状況[編集]

2012年度の一日平均乗車人員は1,630人である。 各年度の一日平均乗車人員の推移は下記のとおり[1]

年度 一日平均
乗降人員
1995年 1,752
1996年 1,773
1997年 1,804
1998年 1,732
1999年 1,643
2000年 1,596
2001年 1,578
2002年 1,547
2003年 1,493
2004年 1,448
2005年 1,497
2006年 1,443
2007年 1,409
2008年 1,389
2009年 1,385
2010年 1,377
2011年 1,422
2012年 1,630

駅周辺[編集]

歴史[編集]

展示施設[編集]

ながでん電車の広場。写っているのはED502だが、現在は2000系D編成が展示されている
藤平第二発電所の水車と水圧鉄管

ながでん電車の広場[編集]

駅構内の鉄道保存展示施設である「ながでん電車の広場」には、以前走っていた電車と電気機関車が展示保存されている。現在展示されているのは2000系D編成の4両であり、見学には乗車券または入場券が必要。

以前はED502デハ二201モハ604モハ1005が展示されていたが、これらは2012年7月7日現在、旧屋代線の信濃川田駅に留置中。

藤平第二発電所の水車と水圧鉄管[編集]

1926年大正15年)に運転を開始した樽川第二発電所(現・中部電力藤平第二発電所)で使用されていた発電用水車ペルトン水車)と水圧鉄管がプラットホーム上に展示保存されている。

隣の駅[編集]

長野電鉄
長野線
A特急・B特急
須坂駅 (N13) - 小布施駅 (N15) - 信州中野駅 (N19)
普通
北須坂駅 (N14) - 小布施駅 (N15) - 都住駅 (N16)

その他[編集]

  • 特急「ゆけむり」、「スノーモンキー」の車内放送では、「次は“栗と北斎の町”小布施でございます。」と放送される。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『統計でみる小布施町の姿』各年度版による。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]