亜矢

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
亜矢
基本情報
出身地 日本の旗 日本 北海道
血液型 O型
学歴 高校中退
ジャンル J-POP
ロック
オルタナティブ・ロック
職業 シンガーソングライター
担当楽器 ボーカルギター
活動期間 2001年 -
レーベル BMGファンハウス(2001年 - 2004年)
事務所 エムアイティギャザリング
公式サイト 公式サイト
ニルヴァーナ
ガンズ・アンド・ローゼズ
ザ・ベンチャーズ
セックス・ピストルズ
パール・ジャム
サウンドガーデン
中島みゆき

亜矢(あや)は、日本シンガーソングライター北海道出身[1][2]。レコード会社はBMG JAPAN(現・Ariola Japan)。

経歴[編集]

幼い頃から母親が持っていたザ・ベンチャーズオールディーズカセットテープを聴いて音楽に親しんでいたが、小学校低学年の時にザ・ベンチャーズのコンサートへ行ったことがきっかけで叔父にギターを借りて弾くようになる。[3]

ニルヴァーナの『ネヴァーマインド』に衝撃を受け、ハードロックパンクを聞き漁る中学時代を送る[1][2][3][4]

高校へ進学するものの、音楽の道に進むことを決心して半年で退学、バンドを組んで音楽活動を開始する。家を出てさまざまなアルバイトをしながら札幌ほか道内各地を放浪する。ボーカルではなくギタリストとしてセックス・ピストルズホールなどのコピーバンドで活動していたが、本当に自分のやりたいことを見つけるために東京に行くことを決意。[1][2][3][4]

上京して一ヶ月で芸能事務所に入り、ダンスポップ・ユニットのボーカルとしてメジャーデビューが決まる。自分のやりたい事とは違うと感じながらもデビュー直前までいくが、リーダーの突然の死によってデビューの話は立ち消えになった。その後、何をしたら良いのか判らなくなったが、とにかく曲を書き始める。以後3年間、自作曲をアレンジしては8トラックのテープ・レコーダーに録音してデモテープを作り、その一方で米軍基地や渋谷の路上で歌うという生活を3、4年ほど送る。[1][2][3][4]

書き溜めてあったデモテープが、かろうじてまだ繋がっていた事務所を通じて偶然音楽ディレクターの手に渡る。そのディレクターがフー・ファイターズのマネージャーと知り合いだったため、彼を通じてデモテープがニルヴァーナサウンドガーデンパール・ジャムマッドハニーR.E.M.などの音楽プロデューサーレコーディング・エンジニアとして知られるアダム・キャスパーの元に届き、そのデモを元にシアトルでアルバムをレコーディングすることになった。そのレコーディングには、クリス・ノヴォセリックベースギター、元ニルヴァーナ)、マット・キャメロン(ドラム、元サウンドガーデン、現パール・ジャム)、キム・セイル(ギター、元サウンドガーデン)、ジョン・マクベイン(モンスター・マグネット)、グレン・スレーター(キーボード、The Walkabouts)らが参加した。[1][2][3]

2001年4月、シアトルでレコーディングした曲の中から、ファーストシングル「HANDS」でメジャー・デビューを果たす[1][2][3][4]

2002年4月、アダム・キャスパーのプロデュースによるデビュー・アルバム「戦場の華」(英題:a flower in the battlefield)をリリース。このアルバムは海外のBMGスタッフの間で評判となり、ドイツイギリスをはじめとするヨーロッパで、続いてリリースされたミニ・アルバム「禁じられた歌」と合わせて日本盤が1万枚以上も輸出された。日本盤の輸出としては、BMGジャパンの過去最高枚数を記録した[5][6]。同年8月にはSUMMER SONIC 2002に参加し、トップバッターを務めた。

2004年6月、セカンドアルバム「BAGHDAD SKY」を発売。このアルバムは、BMGの全世界対象リリース作品となり、韓国イギリスドイツフランスオーストリアオランダベルギーフランスなど世界40カ国でも発売された。日本語ロックアルバムとしては初の海外メジャー発売だった。[6]

人物[編集]

影響を受けたアーティストは、 ニルヴァーナガンズ・アンド・ローゼズザ・ベンチャーズセックス・ピストルズパール・ジャムサウンドガーデン中島みゆきなど[3]

芸能界の友人は土屋アンナで、楽曲も提供している[7]。また彼女自身のプロモーションビデオにも土屋アンナが出演している[5]

ディスコグラフィ[編集]

シングル[編集]

アルバム[編集]

その他[編集]

  • AYA BITCH PROJECT (2003年10月14日
    ライブハウス会場・通販限定の3曲入りCD
  • シュヴァリエ〜絆と報復」サウンドトラック (2006年11月22日
    アニメ主題歌となった「OVER NIGHT」がフルバージョンで収録されている。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f 亜矢 (AYA) - TOWER RECORDS ONLINE”. タワーレコード (2012年7月30日). 2013年6月20日閲覧。
  2. ^ a b c d e f 亜矢:バイオグラフィー / BARKSアーティスト”. BARKS (2002年10月7日). 2013年6月21日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g 『亜矢』 SPECIAL INTERVIEW. インタビュアー:平賀哲雄. hotexpress.. http://www.hotexpress.co.jp/interview/aya/ 2013年6月20日閲覧。 
  4. ^ a b c d FACTORY #0096 亜矢 - PROFILE - フジテレビ”. フジテレビ. 2013年6月20日閲覧。
  5. ^ a b 亜矢、強力ロックアルバム発売! そしてビデオには土屋アンナが出演”. BARKS (2004年6月25日). 2013年6月21日閲覧。
  6. ^ a b 亜矢の最新アルバムが世界40ヶ国で続々リリース!”. BARKS (2004年10月29日). 2013年6月21日閲覧。
  7. ^ 土屋アンナ インタビュー 3ページ目. (インタビュー). (2006年6月28日). hotexpress.. http://www.hotexpress.co.jp/interview/tsuchiyaanna_20060628/tsuchiyaanna_aticl03.html 2013年6月21日閲覧。 

外部リンク[編集]