中原彰吾

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
中原 彰吾 Football pictogram.svg
名前
カタカナ ナカハラ ショウゴ
ラテン文字 NAKAHARA Shogo
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 1994年5月19日(20歳)
出身地 北海道札幌市
身長 177cm
体重 68kg
選手情報
在籍チーム コンサドーレ札幌
ポジション MF
背番号 32
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2013- コンサドーレ札幌 3 (0)
2013 コーンケンFC(loan) 11 (1)
2014- Jリーグ・アンダー22選抜 2 (1)
1. 国内リーグ戦に限る。2014年4月26日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

中原 彰吾(なかはら しょうご、1994年5月19日 - )は、北海道札幌市出身のサッカー選手。ポジションはMF

来歴[編集]

コンサドーレ札幌の育成組織であるジュニアサッカースクール出身の選手。札幌U-15時代の2009年には高円宮杯U-15選手権大会で準優勝に貢献している。札幌U-18に昇格すると早くから主力として活躍するようになり、2011年にはプレミアリーグイーストで優勝に貢献。2012年Jユースカップではガンバ大阪ユースとの決勝戦で同大会決勝戦史上初となるハットトリックを決めるなど、札幌U-18の優勝の大きな原動力となった。

2012年11月18日永坂勇人堀米悠斗神田夢実阿波加俊太深井一希と共に2013年以降のトップチームへの昇格が発表された[1]

2013年4月17日、J2第9節鳥取戦で初めて控えメンバーに登録され、後半32分に砂川誠と途中交代で公式戦初出場を果たした。7月4日、札幌が6月にクラブ間提携を結んだタイ・ディヴィジョン1リーグ (タイ2部)のコーンケンFCへ永坂勇人と共に期限付き移籍する事が発表され[2]8月11日タイディヴィジョン1リーグ第21節SIAM NAVY FC戦で1ゴールを挙げた。

人物[編集]

2013年度の早稲田大学人間科学部eスクール(通信教育課程)に合格した。専攻科目は健康福祉科学科。コンサドーレ札幌所属の選手としては前年の奈良竜樹に次いで2例目となった。

所属クラブ[編集]

ユース経歴
プロ経歴

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 ナビスコ杯 天皇杯 期間通算
2013 札幌 32 J2 3 0 - - 3 0
タイ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
2013 コンケーン 32 ディヴィジョン1 11 1 - - 11 1
日本 リーグ戦 ナビスコ杯 天皇杯 期間通算
2014 札幌 32 J2 -
J-22 - J3 - -
通算 日本 J2 3 0 - - 3 0
日本 J3 - -
タイ ディヴィジョン1 11 1 - - 11 1
総通算 14 1 - - 14 1

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]