タイ・ディヴィジョン1リーグ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
タイ・ディヴィジョン1リーグ
加盟国 タイ王国の旗 タイ
大陸連盟 AFC
創立 1997
ディビジョン 2
参加クラブ 18
上位リーグ タイ・プレミアリーグ
下位リーグ リージョナルリーグ・ディヴィジョン2
国内大会 タイFAカップ
タイ・リーグカップ
最新優勝クラブ ナコーンラーチャシーマー (2014)
最多優勝クラブ ポリス・ユナイテッド (3回)
公式サイト http://thaipremierleague.co.th/
2014

タイ・ディヴィジョン1リーグタイ語: ไทยลีกดิวิชั่น ๑, 英語: Thai Division 1 League)は、タイ王国サッカーリーグにおける2部リーグのことを指す名称である。大会名はスポンサーであるヤマハの名を冠し、ヤマハ・リーグ1である。

歴史[編集]

1997年にトップリーグのタイ・プレミアリーグに次ぐ2番目のディヴィジョン(2部リーグ)として創設された。現在は上位にプレミアリーグ、下位にリージョナルリーグ・ディヴィジョン2(3部リーグ)を持つ。2011シーズン以降は18チームが所属している。

1997-98シーズンは初代チャンピオンのクルン・タイ・バンクFCがプレミアリーグに自動昇格、準優勝のオーソットサパー・サラブリーFCはプレミアリーグのポリス・ユナイテッドFCとの昇格・降格プレーオフに勝利して昇格した。2000-01シーズンまでの4シーズンは同様の方式によって最大2チームが昇格した。2001-2002シーズンはプレミアリーグが所属クラブ数を12から10に減らすためにプレミアリーグから3チームがタイ・ディヴィジョン1リーグに降格、ディヴィジョン1からは優勝チームのみが昇格した。2002-03と2003-04シーズンは上位2チームが自動昇格する方式に変更された。

2004-05と2005-06シーズンはプレミアリーグが所属クラブ数を16に増やす方針に変更したため、ディヴィジョン1の上位2チームに加えて、プレミアリーグとは別の全国トップリーグだったプロヴィンシャル・リーグからも上位2チームが自動昇格した。2007年は上位4チーム、2008年と2009年は上位3チームが自動昇格した。

2010年はプレミアリーグが所属クラブ数を18に増やす方針に変更したため、上位3チームが自動昇格、4位から6位までの3チームはプレミアリーグの下位3チームと各3チームの2つのグループに分かれて、ホーム・アンド・アウェーでの総当たり戦を行った。各グループ1位のみが昇格(残留)する方式だったが、ディヴィジョン1のチームは昇格できなかった。2011年以降は上位3チームが自動昇格している。

所属クラブ (2014シーズン)[編集]

(2013シーズンの成績順)

結果[編集]

(太字のチームがタイ・プレミアリーグ昇格)

年度 優勝 準優勝 3位 4位 クラブ数
1 1997-1998 クルン・タイ・バンク オーソットサパー・サラブリー
2 1998-1999 バンコク・バンク・オブ・コマース Assumption School Sri Racha
3 1999-2000 ポリス・ユナイテッド サイアム・ネイビー
4 2000-2001 TTMチエンマイ バンコク・クリスチャン・カレッジ
5 2001-2002 バンコク・クリスチャン・カレッジ
6 2002-2003 バンコク・ユナイテッド サイアム・ネイビー ブリーラム・ユナイテッド
7 2003-2004 TOT SC ブリーラム・ユナイテッド ロイヤル・タイ・アーミー[1]
8 2004-2005 アーミー・ユナイテッド タイ・ホンダ
9 2005-2006 ポリス・ユナイテッド サイアム・ネイビー
10 2007 カスタムズ・ユナイテッド チュラ・ユナイテッド パタヤ・ユナイテッド サムットソンクラーム 24
11 2008 ムアントン・ユナイテッド シーラーチャー サイアム・ネイビー ポリス・ユナイテッド 16
12 2009 ポリス・ユナイテッド アーミー・ユナイテッド イーサーン・ユナイテッド コーンケン 16
13 2010 シーラーチャー コーンケン チェンライ・ユナイテッド ソンクラー 16
14 2011 ウアチョン・ユナイテッド チャイナート チュラ・ユナイテッド PTTラヨーン 18
15 2012 ラーチャブリー スパンブリー バンコク・ユナイテッド シーラーチャー 18
16 2013 エアフォース・ユナイテッド タイ・ポート PTTラヨーン バンコク 18
17 2014 ナコーンラーチャシーマー サラブリー サイアム・ネイビー バンコク 18
2007年

2007年シーズンは各12チームのグループA、Bに分けて行われ、各グループ1位同士、同2位同士がホーム・アンド・アウェーで対戦して、優勝、3位を決定した。

年度 グループ 優勝 準優勝 クラブ数
2007 A カスタムズ・ユナイテッド パタヤ・ユナイテッド 12
B チュラ・ユナイテッド サムットソンクラーム 12

統計[編集]

クラブ別優勝回数[編集]

クラブ名 優勝回数 準優勝回数 優勝年度 準優勝年度
ポリス・ユナイテッド 3 0 1999-2000, 2005-2006, 2009
シーラーチャー 1 1 2010 2008
アーミー・ユナイテッド 1 1 2004-2005 2009
バンコク・クリスチャン・カレッジ 1 1 2001-2002 2000-2001
ナコーンラーチャシーマー 1 0 2014
エアフォース・ユナイテッド 1 0 2013
ラーチャブリー 1 0 2012
ウアチョン・ユナイテッド 1 0 2011
ムアントン・ユナイテッド 1 0 2008
カスタムズ・ユナイテッド 1 0 2007
TOT SC 1 0 2003-04
バンコク・ユナイテッド 1 0 2002-03
TTMチエンマイ 1 0 2000-01
Bangkok Bank Of Commerce 1 0 1998-99
クルン・タイ・バンク 1 0 1997-98
サイアム・ネイビー 0 3 1999-2000, 2002-03, 2005-06
サラブリー 0 1 2014
タイ・ポート 0 1 2013
スパンブリー 0 1 2012
チャイナート 0 1 2011
コーンケン 0 1 2010
チュラ・ユナイテッド 0 1 2007
タイ・ホンダ 0 1 2004-05
ブリーラム・ユナイテッド 0 1 2003-04
Assumption School Sri Racha 0 1 1998-99
オーソットサパー・サラブリー 0 1 1997-98

得点王[編集]

年度 選手 得点 クラブ
2008 タイ王国の旗 Tanongsak Promdard 18 Raj-Vithi
2009 タイ王国の旗 Wuttipong Kerdkun 27 RBAC BECテロ・サーサナFC
2010 タイ王国の旗 Chainarong Tathong 19 チュラ・ユナイテッド
2011 タイ王国の旗 Adisak Srikampang 21 PTTラヨーン
タイ王国の旗 Phuwadol Suwannachart チャイナート
2012 イングランドの旗 リー・タック 23 バンコク
2013 ブラジルの旗 Leandro de Oliveira da Luz 24 タイ・ポート
2014 コートジボワールの旗 BABO MARK LANDRY 19 アーントーン

脚注[編集]

  1. ^ Thailand 2003/04”. RSSSF. 2014年4月2日閲覧。 プレミアリーグ8位とディヴィジョン1リーグ3位との入れ替え戦の結果より。

外部リンク[編集]