不二製油

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
不二製油株式会社
Fuji Oil Co., Ltd.
種類 株式会社
市場情報
東証1部 2607 1978年10月2日上場
大証1部(廃止) 2607 1961年10月2日 - 2013年7月15日
本社所在地 日本の旗 日本
郵便番号:598-0001
大阪府泉佐野市住吉町1番地
本店所在地 郵便番号:598-0001
大阪府泉佐野市住吉町1番地
設立 1950年(昭和25年)10月9日
業種 食料品
事業内容 油脂事業
加工食品事業
代表者 海老原 善隆(代表取締役会長
清水 洋史(代表取締役社長
資本金 13,208百万円(2014年3月末現在)
発行済株式総数 87,569,383株
売上高 連結:253,004百万円
単独:141,286百万円
(2014年3月期)
総資産 連結:202,206百万円
単独:144,353百万円
(2014年3月期)
従業員数 連結:4,408名 単独:1,171名
(2014年3月末現在)
決算期 3月31日
主要株主 伊藤忠商事(株) 24.41%
日本マスタートラスト信託銀行(株)(信託口) 4.83%
日本トラスティ・サービス信託銀行(株)(信託口) 3.71%
(2014年3月31日現在)
主要子会社 (株)フジサニーフーズ 100%
トーラク(株) 100%
外部リンク http://www.fujioil.co.jp/
テンプレートを表示

不二製油株式会社(ふじせいゆ、: Fuji Oil Co., Ltd.)は、大阪府泉佐野市住吉町に本社を置く、食用油脂などの食品素材加工会社である。

概要[編集]

1990年代中には健康食品市場に進出しており、専用ブランドとして『soyafarm(ソヤファーム)』ブランドがある(主な製品は新・クリアー製法でつくられた豆乳製品)。 現在、油脂事業、製菓・製パン素材事業、大豆たん白事業を柱にグローバル展開を実現している。

機能性の高いチョコレート用油脂は国内外で強く、技術面でも独自性が高い。大豆ビジネスにおいても大豆たん白大豆ペプチド水溶性大豆多糖類など特徴のある製品が多い。2012年にはUSS製法(Ultra Soy Separation)で分離した「豆乳クリーム」と「低脂肪豆乳」を発表。USS製法は大豆を「リポたん白画分(卵黄相当)」と「貯蔵たん白画分(卵白相当)」に分けた世界初の特許製法となった。

マスカポーネ[編集]

1980年代ティラミスの需要が急増したが、その原料のマスカルポーネは、高価で日持ちが悪く輸入量に限界があった[1]。これを大量生産可能とすべく1988年7月にマスカルポーネの代用品として、擬似チーズ(純植物性クリーム)のマスカポーネを開発した[1]

柔らかいクリーム状で加工しやすく、価格はマスカルポーネの3分の1、保存期間は倍以上の60日であり、ティラミスを簡便に安く大量生産することが可能となった[1]

大豆ルネサンス[編集]

不二製油の大豆事業で掲げている取り組み[2]。 世界の人口増と環境変化からも、大豆の植物性たん白質は貴重な食料源であるという考えのもと、技術革新によっておいしい製品を提供していくことを根底としている。 “大豆の原点回帰と新たな価値創造”をテーマにした、技術革新や新市場へのアプローチなどを通して大豆事業の規模・領域拡大を目指す。 この取り組みの核となるのは世界初の新しい豆乳の分離分画技術「USS製法(ウルトラ・ソイ・セパレーション製法)」[3]

USS製法(ウルトラ・ソイ・セパレーション製法)[編集]

不二製油が大豆本来のおいしさを追求する中で独自に開発した、世界初の新しい大豆の分離分画技術のこと。 同社の成長戦略「大豆ルネサンス」の核になる。 大豆を牛乳のように分離することで、『低脂肪豆乳』と『豆乳クリーム』の2つの素材が得られる。(2012年に特許取得)。 「低脂肪豆乳」[4]も「豆乳クリーム[4]も大豆由来のため、動物性の素材に比べ低カロリーを実現。また、大きな特長として、野菜や果物、和風出汁との相性も良いことが分かっている。

低脂肪豆乳[編集]

卵白や牛乳における「脱脂乳」に相当する特長を持った大豆の新素材。豆乳の低カロリー化の実現はもちろん、大豆脂質による風味劣化の低減を可能にしている。起泡性、凝固性、皮膜性などにすぐれ、泡立てればメレンゲとして使用できる。

豆乳クリ―ム[編集]

卵黃や牛乳における「生クリーム」に相当する特長を持った、“大豆の生クリーム”。食品にまろやかさや大豆のコクを出すことを可能にし、乳化力に優れているため、新素材の和風のクリームとしても注目されている。さらに、生クリームには見られない旨味を増強する性質があり、単なる乳製品の代替ではない独自の用途開発が期待されている。

沿革[編集]

工場[編集]

グループ会社[編集]

国内
  • トーラク株式会社
  • フジフレッシュフーズ株式会社
  • 株式会社フジサニーフーズ
  • 株式会社エフ アンド エフ
  • 阪南タンクターミナル
  • 千葉ベグオイルタンクターミナル株式会社
  • オーム乳業株式会社
海外
  • フジオイルヨーロッパ
  • フジオイル(シンガポール
  • ウッドランド サニーフーズ
  • フジオイル アジア
  • パルマジュ エディブル オイル
  • ニューレイテ エディブル オイル
  • フレイアバディ インドタマ
  • フジオイル(タイランド
  • 不二製油(張家港)有限公司
  • 吉林不二蛋白有限公司
  • 山東龍藤不二食品有限公司
  • 上海旭洋緑色食品有限公司
  • 天津不二蛋白有限公司
  • 深セン旭洋緑色食品有限公司
  • 不二富吉(北京)科技有限公司
  • フジベジタブル オイル
  • フジ オイル サウスアメリカ
  • インターナショナル オイルズ アンド ファッツ

脚注[編集]

  1. ^ a b c 畑中三応子『ファッションフード、あります。 はやりの食べ物クロニクル 1970-2010』2013年、紀伊國屋書店 ISBN 9784314010979
  2. ^ 不二製油 大豆ルネサンスへの挑戦
  3. ^ USS製法 豆乳クリーム・低脂肪豆乳Site
  4. ^ a b 新豆乳素材の特徴

外部リンク[編集]