ロンドンオリンピック (2012年) におけるバスケットボール競技・男子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ロンドンオリンピックにおける男子バスケットボール競技は、ロンドンのバスケットボール・アリーナノース・グリニッジ・アリーナで7月29日から8月12日まで行われた。開催国のイギリスと各大陸予選を通過した代表11チーム、合わせて12チームが争った結果、アメリカ合衆国が2大会連続14回目の金メダルを獲得した。。

出場国[編集]

予選会 日程 開催地 出場国
開催国 - - 1  イギリス
2010年世界選手権 2010年8月28日 - 9月12日 トルコの旗 トルコ 1  アメリカ合衆国
2011年アフリカ選手権 2011年 マダガスカルの旗 マダガスカル 1  チュニジア
2011年アジア選手権 2011年 中華人民共和国の旗 武漢 1  中国
2011年アメリカ選手権 2011年8月25日 – 9月8日 アルゼンチンの旗 アルゼンチン 2  ブラジル
 アルゼンチン
2011年欧州選手権 2011年8月31日 – 9月18日 リトアニアの旗 リトアニア 2  スペイン
 フランス
2011年オセアニア選手権 2011年 オーストラリアの旗 オーストラリア 1  オーストラリア
世界最終予選 2012年7月2日 – 8日 ベネズエラの旗 ベネズエラ 3  ロシア
 リトアニア
 ナイジェリア
12

順位決定の方式[編集]

  • 金メダル:決勝戦の勝者
  • 銀メダル:決勝戦の敗者
  • 銅メダル:3位決定戦の勝者
  • 第4位:3位決定戦の敗者
  • 第5位から第8位:準々決勝の敗者で以下の方法により決定:
  1. 予選リーグの勝ち数
  2. 予選リーグの順位
  3. 予選リーグのゴールアベレージ(得点÷失点)
  • 第9位・第10位:予選リーグ各組5位の国で以下の方法により決定:
  1. 予選リーグの勝ち数
  2. 予選リーグのゴールアベレージ(得点÷失点)
  • 第11位・第12位:予選リーグ各組6位の国で以下の方法により決定:
  1. 予選リーグの勝ち数
  2. 予選リーグのゴールアベレージ(得点÷失点)

対戦結果[編集]

予選リーグ[編集]

準々決勝進出
予選リーグ敗退

※開始時刻はすべて英国夏時間 (UTC+1)

A組[編集]

Team Pld W L PF PA PD GA Pts
 アメリカ 5 5 0 589 398 +191 1.480 10
 フランス 5 4 1 376 378 −2 0.995 9
 アルゼンチン 5 3 2 448 424 +24 1.057 8
 リトアニア 5 2 3 395 399 −4 0.990 7
 ナイジェリア 5 1 4 338 456 −118 0.741 6
 チュニジア 5 0 5 320 411 −91 0.779 5
7月29日
09:00
ナイジェリア  60–56  チュニジア バスケットボール・アリーナ
レフェリー: Ilija Belošević (SRB)
Marcos Benito (BRA)
Rabah Noujaim (LIB)
クォーター・スコア: 18–7, 13–8, 14–16, 15–25
7月29日
14:30
アメリカ  98–71  フランス バスケットボール・アリーナ
レフェリー: Cristiano Maranho (BRA)
Saša Pukl (SLO)
Michael Aylen (AUS)
クォーター・スコア: 22–21, 30–15, 26–15, 20–20
7月29日
22:15
アルゼンチン  102–79  リトアニア バスケットボール・アリーナ
レフェリー: Carl Jungebrand (FIN)
Jorge Carrion (PUR)
Vaughan Mayberry (AUS)
クォーター・スコア: 24–23, 27–16, 27–22, 24–18

7月31日
14:30
リトアニア  72–53  ナイジェリア バスケットボール・アリーナ
レフェリー: Cristiano Maranho (BRA)
Stephen Seibel (CAN)
Vitalis Gode (KEN)
クォーター・スコア: 14–8, 20–19, 22–13, 16–13
7月31日
20:00
フランス  71–64  アルゼンチン バスケットボール・アリーナ
レフェリー: Juan Arteaga (ESP)
Marcos Benito (BRA)
Luigi Lamonica (ITA)
クォーター・スコア: 19–12, 13–17, 23–24, 16–11
7月31日
22:15
チュニジア  63–110  アメリカ バスケットボール・アリーナ
レフェリー: Vaughan Mayberry (AUS)
Samir Abaakil (MAR)
Oļegs Latiševs (LAT)
クォーター・スコア: 15–21, 18–25, 14–39, 16–25

8月2日
09:00
フランス  82–74  リトアニア バスケットボール・アリーナ
レフェリー: Christos Christodoulou (GRE)
Ilija Belošević (SRB)
Jorge Vázquez (PUR)
クォーター・スコア: 25–21, 14–22, 20–9, 23–22
8月2日
14:30
アルゼンチン  92–69  チュニジア バスケットボール・アリーナ
レフェリー: Guerrino Cerebuch (ITA)
Michael Aylen (AUS)
Borys Ryschyk (UKR)
クォーター・スコア: 14–28, 26–12, 31–16, 21–13
8月2日
22:15
アメリカ  156[注 1]–73  ナイジェリア バスケットボール・アリーナ
レフェリー: Juan Arteaga (ESP)
Robert Lottermoser (GER)
Elena Chernova (RUS)
クォーター・スコア: 49–25, 29–20, 41–17, 37–11

8月4日
09:00
チュニジア  69–73  フランス バスケットボール・アリーナ
レフェリー: Guerrino Cerebuch (ITA)
William Kennedy (USA)
Vaughan Mayberry (AUS)
クォーター・スコア: 15–20, 12–15, 16–25, 26–13
8月4日
14:30
リトアニア  94–99  アメリカ バスケットボール・アリーナ
レフェリー: Recep Ankaralı (TUR)
Luigi Lamonica (ITA)
Marcos Benito (BRA)
クォーター・スコア: 25–33, 26–22, 21–23, 22–21
8月4日
22:15
ナイジェリア  79–93  アルゼンチン バスケットボール・アリーナ
レフェリー: Cristiano Maranho (BRA)
Michael Aylen (AUS)
Samir Abaakil (MAR)
クォーター・スコア: 19–37, 18–20, 20–19, 22–17

8月6日
11:15
チュニジア  63–76  リトアニア バスケットボール・アリーナ
レフェリー: Juan Arteaga (ESP)
Saša Pukl (SLO)
Felicia Grinter (USA)
クォーター・スコア: 18–7, 17–22, 19–21, 9–26
8月6日
14:30
フランス  79–73  ナイジェリア バスケットボール・アリーナ
レフェリー: Recep Ankaralı (TUR)
Michael Aylen (AUS)
Rabah Noujaim (LIB)
クォーター・スコア: 23–10, 18–20, 15–24, 23–19
8月6日
22:15
アルゼンチン  97–126  アメリカ バスケットボール・アリーナ
レフェリー: Christos Christodoulou (GRE)
Ilija Belošević (SRB)
Stephen Seibel (CAN)
クォーター・スコア: 32–34, 27–26, 17–42, 21–24

B組[編集]

Team Pld W L PF PA PD GA Pts
 ロシア 5 5 0 403 359 +44 1.114 10
 ブラジル 5 4 1 402 349 +53 1.152 9
 スペイン 5 3 2 414 394 +20 1.051 8
 オーストラリア 5 2 3 410 376 +34 1.099 7
 イギリス 5 1 4 380 405 −25 0.938 6
 中国 5 0 5 313 439 −126 0.713 5
7月29日
11:15
ブラジル  75–71  オーストラリア バスケットボール・アリーナ
レフェリー: Guerrino Cerebuch (ITA)
William Kennedy (USA)
Christos Christodoulou (GRE)
クォーター・スコア: 19–20, 17–15, 20–14, 19–22
7月29日
16:45
スペイン  97–81  中国 バスケットボール・アリーナ
レフェリー: Luigi Lamonica (ITA)
Felicia Grinter (USA)
Fernando Sampietro (ARG)
クォーター・スコア: 19–17, 34–24, 16–19, 28–21
7月29日
20:00
ロシア  95–75  イギリス バスケットボール・アリーナ
レフェリー: Pablo Estévez (ARG)
Jorge Vázquez (PUR)
Stephen Seibel (CAN)
クォーター・スコア: 24–19, 25–15, 22–24, 24–17

7月31日
09:00
中国  54–73  ロシア バスケットボール・アリーナ
レフェリー: Saša Pukl (SLO)
Robert Lottermoser (GER)
William Kennedy (USA)
クォーター・スコア: 12–20, 13–20, 14–21, 15–12
7月31日
11:15
オーストラリア  70–82  スペイン バスケットボール・アリーナ
レフェリー: Carl Jungebrand (FIN)
Borys Ryschyk (UKR)
José Carrion (PUR)
クォーター・スコア: 19–14, 13–23, 10–26, 28–19
7月31日
16:45
イギリス  62–67  ブラジル バスケットボール・アリーナ
レフェリー: Recep Ankaralı (TUR)
Ilija Belošević (SRB)
Fernando Sampietro (ARG)
クォーター・スコア: 11–4, 16–23, 16–21, 19-19

8月2日
11:15
オーストラリア  81–61  中国 バスケットボール・アリーナ
レフェリー: Recep Ankaralı (TUR)
Pablo Estévez (ARG)
Stephen Seibel (CAN)
クォーター・スコア: 21–22, 28–11, 12–19, 20–9
8月2日
16:45
ブラジル  74–75  ロシア バスケットボール・アリーナ
レフェリー: José Carrion (PUR)
Luigi Lamonica (ITA)
Rabah Noujaim (LIB)
クォーター・スコア: 20–15, 12–25, 21–19, 21–16
8月2日
20:00
スペイン  79–78  イギリス バスケットボール・アリーナ
レフェリー: William Kennedy (USA)
Saša Pukl (SLO)
Oļegs Latiševs (LAT)
クォーター・スコア: 24–15, 13–14, 23–19, 19–30

8月4日
11:15
ロシア  77–74  スペイン バスケットボール・アリーナ
レフェリー: Christos Christodoulou (GRE)
Jorge Vázquez (PUR)
Fernando Sampietro (ARG)
クォーター・スコア: 11–28, 21–12, 24–13, 21–21
8月4日
16:45
中国  59–98  ブラジル バスケットボール・アリーナ
レフェリー: Carl Jungebrand (FIN)
Borys Ryschyk (UKR)
Oļegs Latiševs (LAT)
クォーター・スコア: 11–25, 10–17, 17–28, 21–28
8月4日
20:00
イギリス  75–106  オーストラリア バスケットボール・アリーナ
レフェリー: Juan Arteaga (ESP)
José Carrion (PUR)
Robert Lottermoser (GER)
クォーター・スコア: 25–18, 21–18, 14–30, 15–40

8月6日
09:00
オーストラリア  82–83  ロシア バスケットボール・アリーナ
レフェリー: Carl Jungebrand (FIN)
Luigi Lamonica (ITA)
Samir Abaakil (MAR)
クォーター・スコア: 29–20, 17–25, 23–19, 13–19
8月6日
16:45
イギリス  90–58  中国 バスケットボール・アリーナ
レフェリー: Cristiano Maranho (BRA)
Fernando Sampietro (ARG)
Vaughan Mayberry (AUS)
クォーター・スコア: 27–15, 19–16, 26–17, 18–10
8月6日
20:00
スペイン  82–88  ブラジル バスケットボール・アリーナ
レフェリー: Pablo Estévez (ARG)
Jorge Vázquez (PUR)
Robert Lottermoser (GER)
クォーター・スコア: 26–17, 18–21, 22–19, 16–31

決勝トーナメント[編集]

準々決勝 準決勝 決勝
                   
8月8日        
  アメリカ 119
8月10日
  オーストラリア 86  
  アメリカ 109
8月8日
    アルゼンチン 83  
  ブラジル 77
8月12日
  アルゼンチン 82  
  アメリカ 107
8月8日
    スペイン 100
  ロシア 83
8月10日
  リトアニア 74  
  ロシア 59 3位決定戦
8月8日
    スペイン 67  
  フランス 59   アルゼンチン 77
  スペイン 66     ロシア 81
8月12日

準々決勝[編集]

8月8日
14:00
ロシア  83–74  リトアニア バスケットボール・アリーナ
レフェリー: Carl Jungebrand (FIN)
Pablo Estévez (ARG)
Michael Aylen (AUS)
クォーター・スコア: 17–10, 15–17, 22–23, 29–24
8月8日
16:15
フランス  59–66  スペイン バスケットボール・アリーナ
レフェリー: Cristiano Maranho (BRA)
William Kennedy (USA)
Christos Christodoulou (GRE)
クォーター・スコア: 22–17, 15–17, 16–17, 6–15
8月8日
20:05
ブラジル  77–82  アルゼンチン バスケットボール・アリーナ
レフェリー: Juan Arteaga (ESP)
José Carrion (PUR)
Recep Ankaralı (TUR)
クォーター・スコア: 26–23, 14–23, 14–18, 23–18
8月8日
22:15
アメリカ  119–86  オーストラリア バスケットボール・アリーナ
レフェリー: Luigi Lamonica (ITA)
Fernando Sampietro (ARG)
Samir Abaakil (MAR)
クォーター・スコア: 28–21, 28–21, 28–28, 35–16

準決勝[編集]

8月10日
17:00
スペイン  67–59  ロシア バスケットボール・アリーナ
レフェリー: Luigi Lamonica (ITA)
Ilija Belošević (SRB)
Marcos Benito (BRA)
クォーター・スコア: 9–12, 11–19, 26–15, 21–13
8月10日
21:00
アメリカ  119–86  アルゼンチン バスケットボール・アリーナ
レフェリー: Luigi Lamonica (ITA)
Fernando Sampietro (ARG)
Samir Abaakil (MAR)
クォーター・スコア: 28–21, 28–21, 28–28, 35–16

3位決定戦[編集]

8月12日
11:00
アルゼンチン  77–81  ロシア ノース・グリニッジ・アリーナ
レフェリー: Juan Arteaga (ESP)
José Carrion (PUR)
William Kennedy (USA)
クォーター・スコア: 20–19, 18–21, 19–21, 20–20

決勝[編集]

8月12日
15:00
アメリカ  107–100  スペイン ノース・グリニッジ・アリーナ
レフェリー: Cristiano Maranho (BRA)
Christos Christodoulou (GRE)
Michael Aylen (AUS)
クォーター・スコア: 35–27, 24–31, 24–24, 24–18

最終成績[編集]

メダル受賞者[編集]

金メダル 銀メダル 銅メダル
アメリカ合衆国 アメリカ合衆国
タイソン・チャンドラー
ケビン・デュラント
レブロン・ジェームズ
ラッセル・ウェストブルック
デロン・ウィリアムス
アンドレ・イグドラ
コービー・ブライアント
ケビン・ラブ
ジェームス・ハーデン
クリス・ポール
アンソニー・デイビス
カーメロ・アンソニー
スペイン スペイン
パウ・ガソル
ルディ・フェルナンデス
セルヒオ・ロドリゲス
フアン・カルロス・ナバーロ
ホセ・カルデロン
フェリペ・レジェス
ヴィクトル・クラベール
フェルナンド・サン・エメテリオ
セルヒオ・ジュル
マルク・ガソル
セルジ・イバカ
ビクトル・サダ
ロシア ロシア
アレクセイ・シュベッド
ティモフェイ・モズコフ
セルゲイ・カラセフ
ヴィタリー・フリードソン
サーシャ・カーン
エフゲニー・ヴォロノフ
ヴィクトル・ハラッパ
セミョーン・アントノフ
セルゲイ・モニア
ドミトリー・フヴォストフ
アントン・ポンクラショフ
アンドレイ・キリレンコ

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ この試合において、アメリカ代表が取った156得点と得点差83はオリンピック記録である。 [1]

出典[編集]

  1. ^ Matt Domm (2012年8月3日). “USA basketball coach hails team after record 156 points” (英語). Sportsmole. http://www.sportsmole.co.uk/basketball/united-states/olympics/news/usa-basketball-coach-hails-team_37977.html 2012年8月4日閲覧。 

外部リンク[編集]