2011年バスケットボール男子アジア選手権

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
2011年男子アジア選手権
第26回男子バスケットボールアジア選手権
概要
開催国 中華人民共和国の旗 中国
期間 2011年9月15-25日
チーム数 16チーム (44連盟)
会場 2会場 (1都市)
優勝  中国 (15回目)
MVP 中華人民共和国の旗易建聯
2009
2013

2011年FIBAアジア男子バスケットボール選手権(The 26th FIBA Asia Championship for Men)は、2011年9月に開催される第26回バスケットボール男子アジア選手権大会。

前回事情により立候補を断念したフィリピンも開催に名乗りを挙げていたが、2010年6月20日のFIBAアジア総会にて、レバノンでの開催が決まっていた。しかし、諸事情により開催地が変更され中国武漢で開催される。

ロンドン五輪アジア予選も兼ねて行われる。今大会優勝国のみがロンドン五輪へ自動的に出場。2位と3位は2012年7月の世界最終予選に回る。日本は準々決勝で敗れたためロンドン五輪、および世界最終予選の出場権が無くなった。中国が3大会ぶり優勝でロンドン五輪出場権を獲得。ヨルダンと韓国が世界最終予選へ進む。

出場国[編集]

2010年FIBAアジアスタンコビッチカップで優勝したレバノンが出場権を獲得、同大会2-5位までのチームが属するサブゾーンの出場枠が増加している(通常出場枠2に加えて、東アジアサブゾーン、西アジアサブゾーン、東南アジアサブゾーン、湾岸サブゾーンがそれぞれ1枠ずつ増加)。

予選会 日程 開催地 出場国
開催国 - - 1  中国
スタンコビッチカップ 2010年8月7日-15日 レバノンの旗ベイルート 1  レバノン
2011年東アジア選手権 2011年6月10日-15日 中華人民共和国の旗南京 3  韓国
 日本
 チャイニーズ・タイペイ
2011年東南アジア選手権 2011年6月23日-26日 インドネシアの旗ジャカルタ 3  フィリピン
 インドネシア
 マレーシア
中央アジア地区予選 2011年7月13日-15日
2011年7月31日
インドの旗ニューデリー
ウズベキスタンの旗ナヴァーイ
2  インド
 ウズベキスタン
2011年西アジア選手権 2011年6月23日-6月25日 イラクの旗ドホーク 3  イラン
 ヨルダン
 シリア
湾岸地区予選 2010年9月27日-30日 アラブ首長国連邦の旗ドバイ 3  カタール
 アラブ首長国連邦
 バーレーン
16

1次ラウンド[編集]

グループA[編集]

チーム 試合 得点 失点 得失差 勝点
 韓国 3 3 0 253 157 +96 6
 レバノン 3 2 1 220 207 +13 5
 マレーシア 3 1 2 172 243 −71 4
 インド 3 0 3 188 226 −38 3
9月15日
15:30
マレーシア  42–89  韓国 Wuhan Gymnasium, 武漢
レフェリー: Heros Avanesian (IRI), Qiao Longsheng (CHN), Mohammad Al-Fakhouri (SYR)
Report
クォーター・スコア: 3–29, 19–18, 8–29, 12–13
得点: Kwaan Y.J. 9
リバウンド: Kwaan Y.J. 9
アシスト: Guganeswaran 5
得点. Cho S.M. 16
リバウンド: Kim J.S., Oh S.K. 7
アシスト: Kim J.S. 9
9月15日
20:00
レバノン  71–68  インド Hongshan Gymnasium, 武漢
レフェリー: Yuji Hirahara (JPN), Chung Yi-chih (TPE), Amir Hossein Safarzadeh (IRI)
Report
クォーター・スコア: 20–16, 20–11, 14–32, 17–9
得点: Abdelnour 24
リバウンド: Hoskin 9
アシスト: Seven players 2
得点. Koroth 20
リバウンド: Ap. Singh 7
アシスト: T. Singh 4
9月16日
15:30
レバノン  62–80  韓国 Wuhan Gymnasium, 武漢
レフェリー: Scott Butler (AUS), Heros Avanesian (IRI), Wang Mei (CHN)
Report
クォーター・スコア: 16–17, 13–16, 15–20, 18–27
得点: Rida 20
リバウンド: Hoskin 9
アシスト: Akl 3
得点. Yang D.G. 20
リバウンド: Kim J.S. 10
アシスト: Yang D.G. 7
9月16日
18:00
インド  67–71  マレーシア Hongshan Gymnasium, 武漢
レフェリー: Nobuyasu Aibara (JPN), Yasser Abbas (QAT), Yang Maogong (CHN)
Report
クォーター・スコア: 13–15, 13–27, 24–12, 17–17
得点: J. Singh 25
リバウンド: Am. Singh 12
アシスト: T. Singh, J. Singh 3
得点. Ooi B.S. 20
リバウンド: Guganeswaran 7
アシスト: Guganeswaran 6
9月17日
13:30
韓国  84–53  インド Wuhan Gymnasium, 武漢
レフェリー: Cristiano Maranho (BRA), Reynaldo Yante (PHI), Hussain Al-Bloushi (UAE)
Report
クォーター・スコア: 27–11, 19–17, 20–6, 18–19
得点: Kang B.H. 22
リバウンド: Oh S.K. 11
アシスト: Cho S.M. 5
得点. Rai 11
リバウンド: Am. Singh 9
アシスト: Bhriguvanshi, T. Singh, Y. Singh 2
9月17日
20:00
マレーシア  59–87  レバノン Hongshan Gymnasium, 武漢
レフェリー: Wang Mei (CHN), Heros Avanesian (IRI), Dwi Cahyo Kartiko (INA)
Report
クォーター・スコア: 8–27, 19–16, 13–24, 19–20
得点: Kwaan Y.J. 13
リバウンド: Chee L.W. 7
アシスト: Guganeswaran 4
得点. Stephan 24
リバウンド: Tabet 16
アシスト: Ibrahim 11

グループB[編集]

チーム 試合 得点 失点 得失差 勝点
 イラン 3 3 0 221 79 +142 6
 チャイニーズタイペイ 3 2 1 212 198 +14 5
 ウズベキスタン 3 1 2 136 225 −89 4
 カタール 3 0 3 94 161 −67 3
9月15日
11:00
チャイニーズタイペイ  37–49  イラン Wuhan Gymnasium, 武漢
レフェリー: Naser Abu-Rashed (JOR), Dennis Barbacena (PHI), Rajnarayan Patro (IND)
Report
クォーター・スコア: 8–10, 11–7, 12–15, 6–17
得点: Wu T.H. 15
リバウンド: Wu T.H. 7
アシスト: Lee H.L. 4
得点. Nikkhah 18
リバウンド: Haddadi 18
アシスト: Davoudi, Kamrani, Haddadi 3
9月15日
18:00
カタール  12–27  ウズベキスタン Hongshan Gymnasium, 武漢
レフェリー: Marwan Egho (LIB), Yun Jong-Hyun (KOR), Yunes Janahi (BRN)
Report
クォーター・スコア: 12–27; Qatar lost the game by default after being left with only one eligible player. Uzbekistan were ahead 27–12 with 4:02 left in the first quarter when the game was called off.
得点: Abdulrahman 8
リバウンド: Abdulrahman 3
アシスト: 0
得点. Shatrov 10
リバウンド: Juginisov 2
アシスト: Juginisov 1
9月16日
11:00
ウズベキスタン  71–81  チャイニーズタイペイ Wuhan Gymnasium, 武漢
レフェリー: Yasser Hanoneh (SYR), Hussain Al-Bloushi (UAE), Yun Jong-Hyun (KOR)
Report
クォーター・スコア: 14–24, 22–21, 14–22, 21–14
得点: Zinovev 17
リバウンド: Juginisov 6
アシスト: Juginisov 4
得点. Chang T.H. 15
リバウンド: 曾文鼎, Wu T.H., Ho S.C. 5
アシスト: Tseng W.T. 5
9月16日
18:00
カタール  4–40  イラン Wuhan Gymnasium, 武漢
レフェリー: Qiao Longsheng (CHN), Yuji Hirahara (JPN), Reynaldo Yante (PHI)
Report
クォーター・スコア: 4–40; Qatar lost the game by default after being left with only one eligible player. Iran were ahead 40–4 with 2:18 left in the first quarter when the game was called off.
得点: Shaher 3
リバウンド: Abdelqader 3
アシスト: 0
得点. Afagh 10
リバウンド: Kazemi, Kardoust 4
アシスト: Davarpanah, Kazemi 3
9月17日
15:30
チャイニーズタイペイ  94–78  カタール Wuhan Gymnasium, 武漢
レフェリー: Ng Cheng Hou (MAS), Rajnarayan Patro (IND), Dennis Barbacena (PHI)
Report
クォーター・スコア: 23–15, 27–25, 18–21, 26–17
得点: Chang T.H. 35
リバウンド: 曾文鼎 7
アシスト: Lee H.L. 7
得点. Abdelqader 30
リバウンド: Ali 13
アシスト: Ali 4
9月17日
18:00
イラン  132–38  ウズベキスタン Wuhan Gymnasium, 武漢
レフェリー: Nobuyasu Aibara (JPN), Yang Maogong (CHN), Marwan Egho (LIB)
Report
クォーター・スコア: 38–14, 41–11, 28–9, 25–4
得点: Kazemi, Haddadi 18
リバウンド: Kazemi 14
アシスト: Haddadi 6
得点. Kozlov 12
リバウンド: Yahin 10
アシスト: Denisov 4

グループC[編集]

チーム 試合 得点 失点 得失差 勝点
 日本 3 3 0 250 201 +49 6
 ヨルダン 3 2 1 247 209 +38 5
 シリア 3 1 2 187 209 −22 4
 インドネシア 3 0 3 179 244 −65 3
9月15日
9:00
シリア  58–71  ヨルダン Wuhan Gymnasium, 武漢
レフェリー: Yang Maogong (CHN), Yasser Abbas (QAT), Tan Chin Siong (MAS)
Report
クォーター・スコア: 12–18, 24–13, 10–25, 12–15
得点: Jlilati 13
リバウンド: Al-Daks 8
アシスト: Deeb 4
得点. Wright 20
リバウンド: Z. Abbas 9
アシスト: Daghlas 6
9月15日
13:30
日本  81–59  インドネシア Wuhan Gymnasium, 武漢
レフェリー: Amarjot Singh Mavi (IND), Rabah Noujaim (LIB), Wang Mei (CHN)
Report
クォーター・スコア: 15–8, 22–16, 24–15, 20–20
得点: 竹内譲 11
リバウンド: 竹内公 12
アシスト: 川村 4
得点. Sitepu 14
リバウンド: Gunawan, Sitepu 6
アシスト: Wuysang 5
9月16日
9:00
インドネシア  61–74  シリア Wuhan Gymnasium, 武漢
レフェリー: Shin Gi-Rok (KOR), Amir Hossein Safarzadeh (IRI), Batir Miradilov (UZB)
Report
クォーター・スコア: 13–17, 20–17, 12–20, 16–20
得点: Wuysang, Gunawan 11
リバウンド: Indrawan 9
アシスト: Wuysang 4
得点. Araujo 24
リバウンド: Araujo 11
アシスト: Deeb 9
9月16日
13:30
ヨルダン  87–92  日本 Wuhan Gymnasium, 武漢
レフェリー: Marwan Egho (LIB), Yunes Janahi (BRN), Chung Yi-chih (TPE)
Report
クォーター・スコア: 17–19, 12–17, 17–28, 41–28
得点: Wright 30
リバウンド: Zaghab 9
アシスト: Daghlas, I. Abbas 4
得点. 川村 23
リバウンド: 竹内譲 19
アシスト: 川村 3
9月17日
9:00
シリア  55–77  日本 Wuhan Gymnasium, 武漢
レフェリー: Yunes Janahi (BRN), Hsieh Wen-wei (TPE), Yasser Abbas (QAT)
Report
クォーター・スコア: 15–17, 9–17, 18–23, 13–20
得点: Deeb 15
リバウンド: Lubus 13
アシスト: Deeb, Araujo 2
得点. 川村 17
リバウンド: 竹内公 11
アシスト: 正中 5
9月17日
18:00
ヨルダン  89–59  インドネシア Hongshan Gymnasium, 武漢
レフェリー: Amarjot Singh Mavi (IND), Wang Mei (CHN), Shin Gi-Rok (KOR)
Report
クォーター・スコア: 22–16, 22–13, 21–15, 24–15
得点: Wright 18
リバウンド: I. Abbas 10
アシスト: Abu-Qoura, Soobzokov, Al-Sous 4
得点. Sitepu 15
リバウンド: Sitepu 6
アシスト: Wuysang 5

グループD[編集]

チーム 試合 得点 失点 得失差 勝点
 中国 3 3 0 251 169 +82 6
 フィリピン 3 2 1 265 198 +67 5
 アラブ首長国連邦 3 1 2 203 220 −17 4
 バーレーン 3 0 3 173 305 −132 3
9月15日
18:00
フィリピン  92–52  アラブ首長国連邦 Wuhan Gymnasium, 武漢
レフェリー: Scott Butler (AUS), Yasser Hanoneh (SYR), Hsieh Wen-wei (TPE)
Report
クォーター・スコア: 17–12, 24–10, 28–13, 23–17
得点: Baracael 15
リバウンド: Taulava 11
アシスト: Barroca 5
得点. Ali 12
リバウンド: J. Mohamed 10
アシスト: Khalfan, Khalil 3
9月15日
20:00
バーレーン  49–101  中国 Wuhan Gymnasium, 武漢
レフェリー: Cristiano Maranho (BRA), Ng Cheng Hou (MAS), Dwi Cahyo Kartiko (INA)
Report
クォーター・スコア: 20–25, 4–26, 21–26, 4–24
得点: Malabes 17
リバウンド: Malabes, Najaf, Ghali 4
アシスト: Al-Tawash 3
得点. Liu W., Yi J.L. 15
リバウンド: Zhang Z.X. 15
アシスト: Wang Z.Z. 4
9月16日
20:00
フィリピン  60–75  中国 Wuhan Gymnasium, 武漢
レフェリー: Cristiano Maranho (BRA), Naser Abu-Rashed (JOR), Amarjot Singh Mavi (IND)
Report
クォーター・スコア: 13–22, 8–21, 19–12, 20–20
得点: Douthit 17
リバウンド: Douthit 10
アシスト: Williams 4
得点. Yi J.L. 20
リバウンド: Yi J.L. 17
アシスト: Liu W. 7
9月16日
20:00
アラブ首長国連邦  91–53  バーレーン Hongshan Gymnasium, 武漢
レフェリー: Rabah Noujaim (LIB), Dwi Cahyo Kartiko (INA), Ng Cheng Hou (MAS)
Report
クォーター・スコア: 16–17, 21–10, 33–19, 21–7
得点: Khalfan 17
リバウンド: Rashed, Al-Hattawi 10
アシスト: Khalfan, Al-Zaabi 4
得点. Jameel 15
リバウンド: Malallah 6
アシスト: Abdulmajeed, Malabes 4
9月17日
11:00
バーレーン  71–113  フィリピン Wuhan Gymnasium, 武漢
レフェリー: Chung Yi-chih (TPE), Naser Abu-Rashed (JOR), Yun Jong-Hyun (KOR)
Report
クォーター・スコア: 18–30, 22–21, 7–35, 24–27
得点: Malabes 15
リバウンド: Five players 2
アシスト: Malabes 7
得点. Aguilar 21
リバウンド: Aguilar 12
アシスト: Barroca 7
9月17日
20:00
中国  75–60  アラブ首長国連邦 Wuhan Gymnasium, 武漢
レフェリー: Scott Butler (AUS), Tan Chin Siong (MAS), Mohammad Al-Fakhouri (SYR)
Report
クォーター・スコア: 22–8, 18–24, 21–10, 14–18
得点: Zhang B. 15
リバウンド: Zhang Z.X. 13
アシスト: Yu S.L. 3
得点. Al-Zaabi 21
リバウンド: Al-Zaabi, J. Mohamed 6
アシスト: Al-Zaabi 3

2次ラウンド[編集]

1次ラウンドの対戦も含めて順位に反映される。

グループE[編集]

チーム 試合 得点 失点 得失差 勝点
 イラン 5 5 0 457 218 +239 10
 韓国 5 4 1 419 301 +118 9
 チャイニーズタイペイ 5 3 2 348 322 +26 8
 レバノン 5 2 3 353 328 +25 7
 マレーシア 5 1 4 279 481 −202 6
 ウズベキスタン 5 0 5 294 500 −206 5
9月19日
9:00
マレーシア  36–121  イラン Wuhan Gymnasium, 武漢
レフェリー: Yuji Hirahara (JPN), Wang Mei (CHN), Dennis Barbacena (PHI)
Report
クォーター・スコア: 14–34, 9–22, 5–35, 8–30
得点: Guganeswaran 13
リバウンド: Chee L.W. 5
アシスト: Ooi B.S. 2
得点. Afagh, Haddadi 20
リバウンド: Sahakian 15
アシスト: Kamrani 8
9月19日
11:00
レバノン  58–60  チャイニーズタイペイ Wuhan Gymnasium, 武漢
レフェリー: Cristiano Maranho (BRA), Hussain Al-Bloushi (UAE), Nobuyasu Aibara (JPN)
Report
クォーター・スコア: 13–16, 17–14, 20–20, 8–10
得点: Hoskin 19
リバウンド: Hoskin 11
アシスト: Akl 6
得点. Chen H.A. 15
リバウンド: Wu T.H. 9
アシスト: 曾文鼎 8
9月19日
13:30
韓国  106–57  ウズベキスタン Wuhan Gymnasium, 武漢
レフェリー: Naser Abu-Rashed (JOR), Dwi Cahyo Kartiko (INA), Qiao Longsheng (CHN)
Report
クォーター・スコア: 30–11, 22–13, 22–13, 32–20
得点: Moon T.J. 21
リバウンド: Oh S.K. 9
アシスト: Park C.H. 8
得点. Shatrov 11
リバウンド: Yahin 6
アシスト: Zinovev 3
9月20日
9:00
ウズベキスタン  75–80  マレーシア Wuhan Gymnasium, 武漢
レフェリー: Qiao Longsheng (CHN), Yasser Hanoneh (SYR), Reynaldo Yante (PHI)
Report
クォーター・スコア: 10–21, 23–23, 21–17, 21–19
得点: Kozlov 21
リバウンド: Kozlov 8
アシスト: Shatrov 7
得点. Guganeswaran 14
リバウンド: Chee L.W. 9
アシスト: Guganeswaran 6
9月20日
13:30
イラン  76–45  レバノン Wuhan Gymnasium, 武漢
レフェリー: Scott Butler (AUS), Wang Mei (CHN), Nobuyasu Aibara (JPN)
Report
クォーター・スコア: 18–7, 14–12, 17–5, 27–21
得点: Afagh, Nikkhah 16
リバウンド: Haddadi 12
アシスト: Haddadi 5
得点. Rida 16
リバウンド: Hoskin 11
アシスト: Akl 5
9月20日
15:30
チャイニーズタイペイ  61–82  韓国 Wuhan Gymnasium, 武漢
レフェリー: Cristiano Maranho (BRA), Yuji Hirahara (JPN), Yang Maogong (CHN)
Report
クォーター・スコア: 20–18, 12–25, 8–21, 21–18
得点: Wu T.H. 15
リバウンド: 曾文鼎, Chang T.H. 6
アシスト: Chen H.A. 3
得点. Cho S.M. 19
リバウンド: Four players 7
アシスト: Kim J.S. 8
9月21日
9:00
レバノン  101–53  ウズベキスタン Wuhan Gymnasium, 武漢
レフェリー: Yang Maogong (CHN), Mohammad Al-Fakhouri (SYR), Reynaldo Yante (PHI)
Report
クォーター・スコア: 24–22, 26–4, 25–9, 26–18
得点: Rida, Hoskin 18
リバウンド: Tabet 17
アシスト: Martinez, Akl 5
得点. Denisov 19
リバウンド: Timofeev 7
アシスト: Shatrov, Pereverzev, Timofeev 2
9月21日
11:00
マレーシア  62–109  チャイニーズタイペイ Wuhan Gymnasium, 武漢
レフェリー: Yunes Janahi (BRN), Wang Mei (CHN), Hussain Al-Bloushi (UAE)
Report
クォーター・スコア: 18–24, 18–27, 11–30, 15–28
得点: Guganeswaran 15
リバウンド: Kwaan Y.J. 8
アシスト: Lau B.I., Guganeswaran 4
得点. Chang T.H. 25
リバウンド: Ho S.C. 8
アシスト: Su I.C. 9
9月21日
15:30
韓国  62–79  イラン Wuhan Gymnasium, 武漢
レフェリー: Scott Butler (AUS), Amarjot Singh Mavi (IND), Naser Abu-Rashed (JOR)
Report
クォーター・スコア: 13–23, 17–19, 21–19, 11–18
得点: Lee J.S., Yang D.G. 14
リバウンド: Moon T.J. 16
アシスト: Kim J.S. 4
得点. Haddadi 17
リバウンド: Haddadi 11
アシスト: Kamrani 5

グループF[編集]

チーム 試合 得点 失点 得失差 勝点
 中国 5 5 0 417 309 +108 10
 フィリピン 5 4 1 382 319 +63 9
 日本 5 3 2 404 370 +34 8
 ヨルダン 5 2 3 376 395 −19 7
 シリア 5 1 4 316 386 −70 6
 アラブ首長国連邦 5 0 5 326 442 −116 5
9月19日
15:30
ヨルダン  64–72  フィリピン Wuhan Gymnasium, 武漢
レフェリー: Scott Butler (AUS), Marwan Egho (LIB), Ng Cheng Hou (MAS)
Report
クォーター・スコア: 20–11, 11–15, 16–21, 17–25
得点: Daghles 18
リバウンド: Z. Abbas 12
アシスト: Daghles, I. Abbas 2
得点. Douthit 19
リバウンド: Douthit 15
アシスト: Tiu 4
9月19日
18:00
日本  101–61  アラブ首長国連邦 Wuhan Gymnasium, 武漢
レフェリー: Amir Hossein Safarzadeh (IRI), Hsieh Wen-wei (TPE), Shin Gi-Rok (KOR)
Report
クォーター・スコア: 15–9, 41–17, 24–17, 21–18
得点: 網野 17
リバウンド: 竹内公 10
アシスト: 正中 5
得点. Khalil 14
リバウンド: Al-Braiki, Rashed 5
アシスト: Khalil 3
9月19日
20:00
シリア  71–90  中国 Wuhan Gymnasium, 武漢
レフェリー: Heros Avanesian (IRI), Rajnarayan Patro (IND), Rabah Noujaim (LIB)
Report
クォーター・スコア: 10–24, 18–23, 21–23, 22–20
得点: Deeb 16
リバウンド: Al-Hamwi 12
アシスト: Lubus 3
得点. Yi J.L. 19
リバウンド: Yi J.L. 6
アシスト: Liu W., Sun Y. 4
9月20日
11:00
アラブ首長国連邦  73–80  シリア Wuhan Gymnasium, 武漢
レフェリー: Chung Yi-chih (TPE), Shin Gi-Rok (KOR), Tan Chin Siong (MAS)
Report
クォーター・スコア: 16–30, 19–18, 16–16, 22–16
得点: Khalfan 25
リバウンド: Al-Sari 8
アシスト: Khalfan 2
得点. Araujo 17
リバウンド: Araujo 15
アシスト: Araujo 4
9月20日
18:00
フィリピン  83–76  日本 Wuhan Gymnasium, 武漢
レフェリー: Rabah Noujaim (LIB), Amarjot Singh Mavi (IND), Amir Hossein Safarzadeh (IRI)
Report
クォーター・スコア: 18–23, 16–17, 26–12, 23–24
得点: Douthit 25
リバウンド: Douthit 18
アシスト: アラパグ 4
得点. 竹内譲 22
リバウンド: 竹内公, 竹内譲 8
アシスト: 正中 4
9月20日
20:00
中国  93–60  ヨルダン Wuhan Gymnasium, 武漢
レフェリー: Marwan Egho (LIB), Yasser Abbas (QAT), Yun Jong-Hyun (KOR)
Report
クォーター・スコア: 25–15, 15–19, 31–10, 22–16
得点: Yi J.L. 16
リバウンド: Yi J.L. 12
アシスト: Sun Y. 3
得点. Z. Abbas 17
リバウンド: Soobzokov 9
アシスト: Daghlas 3
9月21日
13:30
ヨルダン  94–80  アラブ首長国連邦 Wuhan Gymnasium, 武漢
レフェリー: Batir Miradilov (UZB), Ng Cheng Hou (MAS), Shin Gi-Rok (KOR)
Report
クォーター・スコア: 40–20, 17–18, 25–20, 12–22
得点: Daghlas 20
リバウンド: Zaghab 9
アシスト: Daghlas 9
得点. Khalfan 28
リバウンド: Khalfan 5
アシスト: Khalfan, Khalil 4
9月21日
18:00
シリア  52–75  フィリピン Wuhan Gymnasium, 武漢
レフェリー: Chung Yi-chih (TPE), Yun Jong-Hyun (KOR), Rajnarayan Patro (IND)
Report
クォーター・スコア: 11–14, 21–9, 13–26, 7–26
得点: Al-Hamwi 11
リバウンド: Araujo 8
アシスト: Deeb, Nalbandian 3
得点. Douthit 20
リバウンド: Taulava 9
アシスト: Casio 4
September 21
20:00
日本  58–84  中国 Wuhan Gymnasium, 武漢
レフェリー: Cristiano Maranho (BRA), Heros Avanesian (IRI), Yasser Abbas (QAT)
Report
クォーター・スコア: 16–21, 14–23, 16–17, 12–23
得点: 川村 24
リバウンド: 竹内公 7
アシスト: 正中 4
得点. Yi L. 19
リバウンド: Yi J.L. 13
アシスト: Liu W., Zhu F.Y. 5

13–16位決定トーナメント[編集]

Semifinals 13th place
           
September 19    
  インドネシア 85
  バーレーン 62  
  September 20
  インドネシア 84
    インド 75
 
15th place
September 19 September 20
  インド 20   バーレーン 20
  カタール 0     カタール 0

準決勝[編集]

9月19日
18:00
インドネシア  85–62  バーレーン Hongshan Gymnasium, 武漢
レフェリー: Tan Chin Siong (MAS), Batir Miradilov (UZB), Yasser Hanoneh (SYR)
Report
クォーター・スコア: 12–17, 24–17, 17–11, 32–17
得点: Poedjakesuma 32
リバウンド: Indrawan 14
アシスト: Wuysang 11
得点. Malabes 17
リバウンド: Ghali 8
アシスト: Abdulmajeed, Jameel, Malabes 4
9月19日
20:00
インド  20–0
Forfeit
 カタール Hongshan Gymnasium, 武漢

15位決定戦[編集]

9月20日
20:00
バーレーン  20–0
Forfeit
 カタール Hongshan Gymnasium, 武漢

13位決定戦[編集]

9月20日
18:00
インドネシア  84–75  インド Hongshan Gymnasium, 武漢
レフェリー: Hsieh Wen-wei (TPE), Yunes Jahani (BRN), Wang Mei (CHN)
Report
クォーター・スコア: 20–14, 24–23, 23–20, 17–18
得点: Wuysang 17
リバウンド: Indrawan 9
アシスト: Wuysang 7
得点. Koroth 22
リバウンド: Am. Singh, J. Singh 6
アシスト: J. Singh 6

9–12位決定トーナメント[編集]

Semifinals 9th place
           
September 23    
  マレーシア 87
  アラブ首長国連邦 89  
  September 24
  アラブ首長国連邦 72
    シリア 76
 
11th place
September 23 September 24
  ウズベキスタン 65   マレーシア 82
  シリア 97     ウズベキスタン 76

準決勝[編集]

9月23日
9:00
マレーシア  87–89  アラブ首長国連邦 Wuhan Gymnasium, 武漢
レフェリー: Nobuyasu Aibara (JPN), Qiao Longsheng (CHN), Mohammad Al-Fakhouri (SYR)
Report
クォーター・スコア: 23–24, 15–13, 21–27, 28–25
得点: Chee L.W. 18
リバウンド: Chee L.W. 19
アシスト: Guganeswaran 7
得点. Al-Zaabi 21
リバウンド: Rashed 11
アシスト: Khalfan, Ali, Al-Zaabi 4
9月23日
11:00
ウズベキスタン  65–97  シリア Wuhan Gymnasium, 武漢
レフェリー: Yuji Hirahara (JPN), Dennis Barbacena (PHI), Hsieh Wen-wei (TPE)
Report
クォーター・スコア: 11–21, 21–25, 15–24, 18–27
得点: Kozlov 14
リバウンド: Nuraliev, Zinovev 6
アシスト: Juginisov, Zinovev 4
得点. Abboud 13
リバウンド: Araujo 12
アシスト: Deeb 6

11位決定戦[編集]

9月24日
9:00
マレーシア  82–76  ウズベキスタン Wuhan Gymnasium, 武漢
レフェリー: Yun Jong-Hyun (KOR), Wang Mei (CHN), Yasser Abbas (QAT)
Report
クォーター・スコア: 22–14, 23–19, 19–26, 18–17
得点: Loh S.F. 18
リバウンド: Chee L.W. 14
アシスト: Guganeswaran 6
得点. Denisov 21
リバウンド: Kozlov 15
アシスト: Kozlov 4

9位決定戦[編集]

9月24日
11:00
アラブ首長国連邦  72–76  シリア Wuhan Gymnasium, 武漢
レフェリー: Wang Xiaochun (CHN), Reynaldo Yante (PHI), Batir Miradilov (UZB)
Report
クォーター・スコア: 24–21, 15–22, 14–16, 19–17
得点: Ali 19
リバウンド: Al-Braiki 10
アシスト: Al-Braiki, Ali 3
得点. Osfira 18
リバウンド: Araujo 11
アシスト: Nalbandian 7

決勝トーナメント[編集]

Quarterfinals Semifinals Final
                   
September 23        
  ヨルダン 88
September 24
  イラン 84  
  ヨルダン 75
September 23
    フィリピン 61  
  フィリピン 95
September 25
  チャイニーズタイペイ 78  
  ヨルダン 69
September 23
    中国 70
  韓国 86
September 24
  日本 67  
  韓国 43 3位決定戦
September 23
    中国 56  
  レバノン 48   フィリピン 68
  中国 68     韓国 70
September 25
Semifinals 5th place
           
September 24    
  イラン 98
  チャイニーズタイペイ 66  
  September 25
  イラン 87
    レバノン 65
 
7th place
September 24 September 25
  日本 78   チャイニーズタイペイ 72
  レバノン 80     日本 81

準々決勝[編集]

9月23日
13:30
ヨルダン  88–84  イラン Wuhan Gymnasium, 武漢
レフェリー: Rabah Noujaim (LIB), Ng Cheng Hou (MAS), Hussain Al-Bloushi (UAE)
Report
クォーター・スコア: 20–19, 15–17, 22–26, 31–22
得点: Daghlas 23
リバウンド: Z. Abbas 7
アシスト: Wright 6
得点. Haddadi 27
リバウンド: Kazemi 16
アシスト: Haddadi 7
9月23日
15:30
韓国  86–67  日本 Wuhan Gymnasium, 武漢
レフェリー: Cristiano Maranho (BRA), Yasser Hanoneh (SYR), Tan Chin Siong (MAS)
Report
クォーター・スコア: 23–11, 22–15, 20–26, 21–15
得点: Moon T.J. 17
リバウンド: Ha S.J. 8
アシスト: Kim J.S. 8
得点. 竹内公 16
リバウンド: 竹内公 13
アシスト: 川村 6
9月23日
18:00
フィリピン  95–78  チャイニーズタイペイ Wuhan Gymnasium, 武漢
レフェリー: Marwan Egho (LIB), Naser Abu-Rashed (JOR), Yasser Abbas (QAT)
Report
クォーター・スコア: 19–23, 26–19, 25–15, 25–21
得点: Douthit 37
リバウンド: Douthit 10
アシスト: Casio 4
得点. 曾文鼎 20
リバウンド: Wu T.H., Lin C.C. 7
アシスト: Lin C.C. 5
9月23日
20:00
レバノン  48–68  中国 Wuhan Gymnasium, 武漢
レフェリー: Heros Avanesian (IRI), Yunes Janahi (BRN), Amarjot Singh Mavi (IND)
Report
クォーター・スコア: 12–14, 10–14, 10–23, 16–17
得点: Hoskin 20
リバウンド: Hoskin 10
アシスト: Stephan, Kanaan 2
得点. Liu W. 13
リバウンド: Yi J.L. 9
アシスト: Sun Y., Wang Z.Z. 2

5–8位決定予備戦[編集]

9月24日
13:30
イラン  98–66  チャイニーズタイペイ Wuhan Gymnasium, 武漢
レフェリー: Dennis Barbacena (PHI), Yasser Hanoneh (SYR), Shin Gi-Rok (KOR)
Report
クォーター・スコア: 21–16, 27–15, 27–19, 23–16
得点: Haddadi 21
リバウンド: Haddadi 14
アシスト: Haddadi 6
得点. Wu T.H. 16
リバウンド: Wu T.H. 6
アシスト: 曾文鼎 4
9月24日
18:00
日本  78–80  レバノン Wuhan Gymnasium, 武漢
レフェリー: Yang Maogong (CHN), Hussain Al-Bloushi (UAE), Mohammad Al-Fakhouri (SYR)
Report
クォーター・スコア: 23–15, 19–26, 20–20, 16–19
得点: 川村 20
リバウンド: 竹内公 13
アシスト: 正中 8
得点. Hoskin, Stephan, Ibrahim 16
リバウンド: Hoskin 16
アシスト: Akl 5

準決勝[編集]

9月24日
15:30
ヨルダン  75–61  フィリピン Wuhan Gymnasium, 武漢
レフェリー: Heros Avanesian (IRI), Marwan Egho (LIB), Yuji Hirahara (JPN)
Report
クォーター・スコア: 12–18, 15–10, 22–13, 26–20
得点: Wright 24
リバウンド: Abu-Qoura, I. Abbas 9
アシスト: Daghlas 4
得点. Douthit 21
リバウンド: Douthit 15
アシスト: Casio, Douthit 3
9月24日
20:00
韓国  43–56  中国 Wuhan Gymnasium, 武漢
レフェリー: Cristiano Maranho (BRA), Rabah Noujaim (LIB), Amir Hossein Safarzadeh (IRI)
Report
クォーター・スコア: 11–8, 8–13, 11–15, 13–20
得点: Yang D.G. 17
リバウンド: Moon T.J., Kim J.S. 7
アシスト: Moon T.J. 4
得点. Yi J.L. 17
リバウンド: Yi J.L. 12
アシスト: Liu W., Wang Z.Z. 3

7位決定戦[編集]

9月25日
13:30
チャイニーズタイペイ  72–81  日本 Wuhan Gymnasium, 武漢
レフェリー: Rabah Noujaim (LIB), Amir Hossein Safarzadeh (IRI), Yasser Abbas (QAT)
Report
クォーター・スコア: 9–28, 27–19, 17–19, 19–15
得点: Lin C.C. 18
リバウンド: 曾文鼎, Chen H.A. 7
アシスト: 曾文鼎, Lin C.C. 3
得点. 網野 14
リバウンド: 竹内公 22
アシスト: 川村 3

5位決定戦[編集]

9月25日
18:00
イラン  87–65  レバノン Wuhan Gymnasium, 武漢
レフェリー: Yang Maogong (CHN), Reynaldo Yante (PHI), Tan Chin Siong (MAS)
Report
クォーター・スコア: 15–17, 35–19, 19–19, 18–10
得点: Kamrani, Nikkhah 18
リバウンド: Haddadi 15
アシスト: Kamrani 6
得点. Hoskin 37
リバウンド: Kanaan 13
アシスト: Ibrahim 4

3位決定戦[編集]

9月25日
15:30
フィリピン  68–70  韓国 Wuhan Gymnasium, 武漢
レフェリー: Heros Avanesian (IRI), Yuji Hirahara (JPN), Naser Abu-Rashed (JOR)
Report
クォーター・スコア: 14–7, 10–10, 23–19, 21–34
得点: Douthit 27
リバウンド: Douthit 22
アシスト: Four players 2
得点. Cho S.M. 20
リバウンド: Kim J.S., Oh S.K. 9
アシスト: Lee J.S. 6

決勝[編集]

9月25日
20:00
ヨルダン  69–70  中国 Wuhan Gymnasium, 武漢
レフェリー: Cristiano Maranho (BRA), Marwan Egho (LIB), Amarjot Singh Mavi (IND)
Report
クォーター・スコア: 15–16, 21–15, 20–28, 13–11
得点: Wright 26
リバウンド: Z. Abbas 10
アシスト: Daghlas 4
得点. Yi J.L. 25
リバウンド: Yi J.L. 16
アシスト: Sun Y. 4

最終順位[編集]

ロンドン五輪出場
ロンドン五輪世界最終予選出場
順位 チーム 勝敗
Gold medal icon.svg  中国 9–0
Silver medal icon.svg  ヨルダン 5–4
Bronze medal icon.svg  韓国 7–2
4  フィリピン 6–3
5  イラン 8–1
6  レバノン 4–5
7  日本 5–4
8  チャイニーズタイペイ 4–5
9  シリア 4–4
10  アラブ首長国連邦 2–6
11  マレーシア 3–5
12  ウズベキスタン 1–7
13  インドネシア 2–3
14  インド 1–4
15  バーレーン 1–4
16  カタール 0–5

各賞[編集]

 2011年アジア選手権優勝 

中国
15回目

オールスターチーム:[1]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Yi emerges the MVP as the All-Star line-up is drawn”. FIBAアジア (2011年9月25日). 2011年10月3日閲覧。