ロッテ・レーマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ロッテ・レーマン
}
基本情報
出生名 Charlotte Lehmann
出生 1888年2月27日
出身地 ドイツの旗 ドイツ ペルレベルク
死没 1976年8月26日
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
カリフォルニア州サンタバーバラ
ジャンル クラシック音楽
職業 歌手
担当楽器 ソプラノ
活動期間 1910年 - 1951年
公式サイト www.lottelehmann.org

シャルロッテロッテ・レーマンCharlotte (Lotte) Lehmann, 1888年2月27日 - 1976年8月26日)は、ドイツソプラノ歌手。彼女は主としてドイツ語で歌われるオペラ歌曲をレパートリーとしており、リヒャルト・シュトラウスの『ばらの騎士』のマルシャリンは、彼女のオペラ歌手人生の中で最も記憶に残る役と考えられている。

ペルレベルク生まれ。ベルリンで勉強した後、1910年ハンブルク歌劇場ワーグナーローエングリン』でデビュー。 1914年ウィーン宮廷歌劇場にデビューし、1916年には同歌劇場に移籍した。この劇場において彼女はリヒャルト・シュトラウスの多くの作品、『ナクソス島のアリアドネ』(1916年)、『影の無い女』(1919年)、『インテルメッツォ』(1924年)および『アラベラ』(1933年)やいくつかのプッチーニ作品のウィーン初演にソプラノ歌手として立ち会っている。レーマンはウィーン・デビューと同じ年、ロンドンにもデビューしており、1924年から1935年にかけて、コヴェント・ガーデンロイヤル・オペラ・ハウスに定期的に客演している。

1926年、彼女はザルツブルク音楽祭にデビューし、1937年までアルトゥーロ・トスカニーニなどの大指揮者の棒のもとで歌い、またブルーノ・ワルターピアノ伴奏でリサイタルも催している。1936年には『サウンド・オブ・ミュージック』で知られる「トラップ・ファミリー合唱団」を見出し、これをデビューさせている。

1930年、彼女はシカゴ歌劇場でワーグナー『ワルキューレ』のジークリンデ役を歌いアメリカ・デビューを飾る。レーマンは『ニュルンベルクのマイスタージンガー』のエーファ役、『ローエングリン』のエルザ役、『タンホイザー』のエリーザベト役などによって、ワグネリアンに記憶されている。またベートーヴェンフィデリオ』レオノーレ役の名解釈でも名が知られていた。1938年ナチス・ドイツによるオーストリア合邦を受けて、レーマンはアメリカに移った。同地においてレーマンは1945年にオペラ歌手としての引退を迎えるまで、メトロポリタン歌劇場やサンフランシスコ歌劇場を主な活動拠点としていた。

オペラ歌手の仕事に加え、レーマンは歌曲の歌手としても知られ、オペラ歌手としての引退後もこちらの活動は継続している。彼女は長い歌手人生中、500を超える録音を残した。

1951年、彼女は歌手活動から完全に引退、カリフォルニア州サンタバーバラの音楽院やシカゴ、ロンドン、ウィーン音楽院などでマスタークラスを開催、後進の指導にあたった。彼女の音楽業界への貢献をたたえ、ハリウッド名声の歩道の1735番目の星にその名が刻まれているが、彼女のファーストネームの綴りが「Lotti」と誤っている。

1976年、カリフォルニア州サンタバーバラで88歳の生涯を閉じたレーマンは、ウィーン中央墓地の32C区に葬られている。

カリフォルニア大学サンタバーバラ校コンサートホールは彼女の名にちなみ、「ロッテ・レーマン・コンサートホール」と名付けられた。また1995年には「ロッテ・レーマン財団」が設置されている。

外部リンク[編集]