ロイ (護衛空母)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
USS ROI (CVE-103).jpg
艦歴
発注:
起工: 1944年3月22日
進水: 1944年6月2日
就役: 1944年7月6日
退役: 1946年5月9日
その後: 1946年12月31日にスクラップとして売却
除籍: 1946年5月21日
性能諸元
排水量: 10,400 トン
全長: 512.3 ft (156.1 m)
全幅: 108.1 ft (33 m)
吃水: 22.6 ft (6.9 m)
機関: 3段膨張式蒸気機関2基2軸、9,000馬力
最大速: 19ノット
航続距離: 10,240カイリ(15ノット/時)
兵員: 士官、兵員860名
兵装: 38口径5インチ砲1基
40ミリ機関砲16基
20ミリ機銃20基
搭載機: 28機

ロイ (USS Roi, CVE-103) は、アメリカ海軍護衛空母カサブランカ級航空母艦の49番艦。艦名はクェゼリン環礁で二番目に大きいロイ=ナムル島に因んで命名された。

艦歴[編集]

艦は当初アラバ・ベイ (Alava Bay) の艦名で1944年3月22日にワシントン州バンクーバーカイザー造船所で起工する。1944年4月26日にロイに改名され、1944年6月2日にウィリアム・シントン夫人によって進水し、1944年7月6日に海軍に引き渡されP・H・ライアン艦長の指揮下就役した。

サンディエゴでの整調後にロイは空母輸送部隊に配属され、前線基地へ航空機、設備及び人員を輸送した。1944年8月13日に287名の兵員と71機の航空機を積み込みエスピリトゥサント島マヌス島へ向かい、9月27日にサンディエゴに帰還する。10月21日に再びマヌス島へ向かい、サンディエゴに帰還した後12月2日にエニウェトク環礁グアムへ向けて三度目の航海に出航する。アラメダ (カリフォルニア州)英語版オーバーホールを行った後、ロイはマーシャル諸島マリアナ諸島への往復航海を行い、その後真珠湾に向かい回復訓練を行った。訓練の後は、第3艦隊ウィリアム・ハルゼー大将)への補給任務のための準備を行う。

61機の補充の航空機を積み込み、ロイは30日間の戦闘即応態勢に入ってグアムに向かい、第30.8任務群に加わる。ロイの任務は日本本土攻撃を行う第38任務部隊ジョン・S・マケイン・シニア中将)の空母に対しパイロット、乗組員、航空機及びその他の物資を補給することであった。ロイは7月4日にアドミラルティ・アイランズ (USS Admiralty Islands, CVE-99) 、ホーランディア (USS Hollandia, CVE-97) 、セティス・ベイ (USS Thetis Bay, CVE-90) と共に出航し、第38任務部隊に7月12日、16日、20日に補給を行う。21日にグアムで物資を搭載し、61機を積んで27日に出航、31日に空母部隊に合流する。グアムに戻ると再び航空機を搭載し、8月14日に任務部隊に合流、日本の占領任務のためそのまま第3艦隊に留まった。戦争の終了に続いて、ロイは帰還兵を輸送するマジック・カーペット作戦に従事した。

ロイは1946年5月9日にブレマートンで退役する。その後、5月21日に除籍され、12月31日にオレゴン州ポートランドのジデル・マシーナリー・アンド・サプライ社にスクラップとして売却された。

ロイは第二次世界大戦の戦功で1個の従軍星章を受章した。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]