アンツィオ (護衛空母)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
USS Anzio (CVE-57) lies at Shanghai, China, 1 December 1945.jpg
艦歴
発注
起工 1942年12月12日
進水 1943年5月1日
就役 1943年8月27日
退役 1946年8月5日
その後 1959年11月24日にスクラップとして売却後、廃棄
除籍 1959年3月1日
性能諸元
排水量 9,570トン
全長 512.3 ft (156 m)
全幅 108.1 ft (33 m)
吃水 22.5 ft (6.9 m)
機関 3段膨張式蒸気機関2基2軸、9,000馬力
最大速 19.3ノット
航続距離 10,240カイリ(15ノット/時)
乗員 士官、兵員860名
兵装 38口径5インチ砲1基
40ミリ機関砲16基
搭載機 28機

アンツィオ (USS Anzio, ACV/CVE-57) は、アメリカ海軍護衛空母カサブランカ級航空母艦の3番艦。艦名は連合軍の上陸作戦が行われたイタリアアンツィオに因んで命名された。

艦歴[編集]

1942年12月12日に合衆国海事委員会の契約下ワシントン州バンクーバーカイザー造船所で起工し、1943年1月22日にアリクラ・ベイ (Alikula Bay) と命名、1943年4月3日にコーラル・シー (Coral Sea) と改名され、1943年5月1日にフランク・J・フレッチャー夫人によって進水した。1943年7月15日に CVE-57 (護衛空母)へと艦種変更された。1943年8月27日にオレゴン州アストリアで海軍に引き渡され、同日ハーバート・W・テイラー艦長の指揮下就役した。

ギルバート・マーシャル[編集]

9月24日、コーラル・シーはピュージェット湾で整調を開始した。10月8日にサンディエゴに到着し航空機を搭載、カリフォルニア沖合で飛行訓練を継続した。10月25日にハワイに向けて出航、真珠湾に到着すると姉妹艦のリスカム・ベイ (USS Liscome Bay, CVE-56) と共にオアフ島沖で訓練を行う。11月10日にコーラル・シーは南西へ向けて出航し、ギルバート諸島攻略部隊に合流する。11月20日から28日までマキン島攻撃に参加。11月24日にリスカム・ベイが伊号第一七五潜水艦(伊175)の雷撃で沈没した際、伊175から発射された魚雷のうちの1本はコーラル・シーの至近を通過した[1]。コーラル・シーはタラワ占領後真珠湾に向かい、12月5日に到着した。航空機と乗客を乗せたコーラル・シーは12月8日に出航、帰国の途に就く。12月14日にアラメダ (カリフォルニア州)英語版に到着、新たな航空機を搭載し、12月22日に再びハワイに向けて出航した。12月28日、真珠湾に停泊し、クェゼリン環礁に対する攻撃の準備に入った。

コーラル・シーは1944年1月3日に出航し、ハワイ水域での一連の演習を始める。最終調整が終わり、第52.9任務群の1隻として1月22日に出航、31日にクェゼリン環礁付近に到着し、2日後に任務部隊の艦載機が飛行場への攻撃を開始した。コーラル・シーは直接、間接に揚陸部隊の支援を行った。2月24日、コーラル・シーはエニウェトク環礁へ向かうが、途中ハワイへの帰還を命じられ3月3日に真珠湾に到着した。

ソロモン・ニューギニア[編集]

真珠湾での短期間の停泊後、3月11日に再び出航、ソロモン諸島へ向かう。3月21日にツラギ島に停泊、燃料と物資を補給し3月30日に出航、エミラウ島に向かう。4月1日から11日までエミラウ島攻略部隊に対する航空支援を行い、4月15日にポート・パービスに帰還した。

翌日コーラル・シーはニューギニアの再占領支援のためツラギ島を出航した。19日に第78.2任務群と合流、部隊はホーランディアおよびアイタペ英語版の橋頭堡支援のため形成された。コーラル・シーの艦載機部隊は4月22日および26日に攻撃に参加し、その後コーラル・シーはゼーアドラー湾に向かい補給を受け、5月7日に修理のためエスピリトゥサント島に向かった。

マリアナ[編集]

修理が完了すると6月8日にマリアナ諸島侵攻のためクェゼリン環礁に向けて出航した。アメリカ軍部隊は6月10日に出撃、コーラル・シーはサイパン島に上陸する第2海兵大隊への航空支援を行った。続く数日間、コーラル・シーは日本軍による多くの航空攻撃に耐え、その損傷は僅かであった。6月17日にグアムに向けて南へ移動、航空攻撃を開始したが、翌日サイパンへ戻り身動きのとれなくなった陸上部隊への支援を行う。コーラル・シーとその護衛艦部隊は6月28日に戦線を離脱、エニウェトク環礁へ向かい、7月4日に再びサイパンへ戻る。艦載機部隊は再び攻撃を行い、コーラル・シーはその後機関修理のためエニウェトク環礁へ後退した。結局本格的な修理が必要となり、コーラル・シーは帰国を命じられ7月23日に出航した。2日後にクェゼリン環礁に寄港、艦載機と弾薬のほとんどを降ろし、真珠湾を経由してサンディエゴ海軍基地へ向かった。コーラル・シーは8月9日に到着し、8月31日にサンディエゴで乾ドック入りした。オーバーホールの途中に艦名の変更が命じられ、9月15日にアンツィオ (USS Anzio) と改名された。オーバーホールの後、アンツィオはカリフォルニア海岸から公試運転のため9月16日に西太平洋に向けて出港し、9月23日にハワイに到着し真珠湾に入港した。 10月8日から慣熟訓練が開始され、16日にはエニウェトクに向け出発した。 その途上ウリチへの途中でハンター・キラー部隊に参加し、対潜任務を行った。 11月4日には、フィリピン海で雷撃された軽巡洋艦リノ (USS Reno, CL-96) を救助するよう命令を受けた。アンツィオは援護の任務を艦隊曳船エクストラクター (USS Extractor, ARS-15) に委ねた後に対潜任務に戻り、硫黄島の戦いを控えた1945年2月中旬まで続けられた。

小笠原諸島[編集]

アンツィオは2月16日から戦闘任務を再開。3日後、硫黄島への上陸作戦と同じ2月19日には父島に対して空襲を行った。以降3月4日までの間、アンツィオは日没前に最初の哨戒機を出動させ、夜明け前に最後の任務を終えるというスケジュールを繰り返した。作戦を通じて、一つの事故もなく106回の夜間哨戒出動を成し遂げた。

その最中の2月25日から26日深夜にかけて、アンツィオから発進したTBM アヴェンジャーはレーダーで目標を探知し、その方向に急行した[2]。やがて、停止中の潜水艦が確認され、アヴェンジャーは発炎筒とソノブイを投下した[2]。潜水艦は浮上と潜航を繰り返したので、アヴェンジャーは追尾型の Mk24 電池魚雷を投下[3]。間もなく、ソノブイを通じて海中から爆発音が聞こえ、同時に海面上に30メートルほどの水柱が立った[3]。攻撃位置は北緯24度43分 東経140度37分 / 北緯24.717度 東経140.617度 / 24.717; 140.617と記録された[3]。これと同じ頃、異なる区域を捜索中だったアンツィオ所属の別のアヴェンジャーがレーダーで目標を探知[3]。味方の護衛駆逐艦とも思われたが、やがて目標は潜航を開始した[3]。やがて、ソノブイと Mk24 電池魚雷を投下し、ソノブイの着水直後に水中から大轟音を聴取した後、後には何も聞こえてこなかった[4]。その位置は北緯25度07分 東経140度19分 / 北緯25.117度 東経140.317度 / 25.117; 140.317とされた[4]日本海軍は硫黄島に上陸したアメリカ軍に対して回天特攻・千早隊を編成して投入したが、伊号第三六八潜水艦(伊368)伊号第三七〇潜水艦(伊370)を失い、同時期に硫黄島方面で作戦を行っていた呂号第四三潜水艦(呂43)も帰らなかった。伊370は撃沈位置が硫黄島南方だったことと、残骸が回収されて伊370の喪失状況が特定されたが[5]、伊368と呂43は、撃沈位置が書物によってマチマチである[4]。一つ確定しているのは、アンツィオの航空機が一日で2隻の潜水艦を撃沈し、その2隻が伊368と呂43であるという事である[6]

アンツィオは3月8日に硫黄島近海を離れ、3月12日にレイテ島サンペドロ湾 (フィリピン)に帰投。10日間の停泊の後、アンツィオは沖縄戦の戦場に向けて出撃していった。

沖縄・日本近海[編集]

アンツィオは上陸部隊を乗せた輸送船団に空中援護を提供し、その一方で艦隊の前進基地として活用される事となっていた慶良間諸島占領の支援を行った。4月1日に沖縄戦が始まり、アンツィオは4月30日に舵の修理でウルシー環礁に下がるまで沖縄沖にあった。修理後、アンツィオは5月21日から沖縄方面で対潜任務を再開。6月17日まで任務を続けた後、サンペドロ湾に帰投した。

7月6日、アンツィオは第3艦隊ウィリアム・ハルゼー大将)指揮下の第38任務部隊ジョン・S・マケイン・シニア中将)による日本本土への最終攻撃に随伴する第30.8任務群に加わってサンペドロ湾を出撃した。アンツィオは東京の東約970キロの地点を中心に対潜任務を行い、第38任務部隊の支援に専念した。7月16日、アンツィオの艦載機は北緯34度28分 東経150度55分 / 北緯34.467度 東経150.917度 / 34.467; 150.917の地点で、彩雲を積んでトラック諸島に向かう途中の伊号第一三潜水艦(伊13)を発見し、護衛駆逐艦ローレンス・C・タイラー (USS Lawrence C. Taylor, DE-415) とともに伊13を撃沈した[6]。8月15日に日本が降伏すると、アンツィオはグアムに向かった。グアムで新人のパイロットへの訓練を行った後、沖縄に移動。朝鮮半島へ進駐するアメリカ軍を輸送する船団の哨戒任務に就き、9月8日に仁川に到着して進駐を支援。9月13日に仁川を出港して沖縄に戻ったアンツィオは、復員兵輸送のマジック・カーペット作戦に参加するためにサンフランシスコに向けて9月19日に出港し、9月30日到着した。

戦後[編集]

サンフランシスコで復員兵を乗せるよう改装されたアンツィオは、西太平洋方面への二度の航海および、上海と真珠湾間の輸送で一航海行い、12月23日にシアトルに到着して1945年の活動を終えた。

1946年1月18日、アンツィオはノーフォークへ向けて出港し、サンフランシスコとパナマ運河を経由してノーフォークに到着した。アンツィオは8月5日にノーフォークで退役し、大西洋予備役艦隊に編入された。その後、1955年6月15日に CVHE-57 (護衛ヘリ空母) に艦種変更され、1959年3月1日に除籍。同年11月24日にマスター・メタル社にスクラップとして売却された。

アンツィオは第二次世界大戦の戦功で9つの従軍星章と、11個の殊勲部隊章を受章した。

脚注[編集]

  1. ^ 永井、木俣、232ページ
  2. ^ a b 小灘、片岡, 164ページ
  3. ^ a b c d e 小灘、片岡, 165ページ
  4. ^ a b c 小灘、片岡, 166ページ
  5. ^ 小灘、片岡, 169ページ
  6. ^ a b Chapter VII: 1945” (英語). The Official Chronology of the U.S. Navy in World War II. 2011年1月19日閲覧。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]