ラトヴィアン・ギャンビット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ラトヴィアン・ギャンビット
Solid white.svg a b c d e f g h Solid white.svg
8  black rook  black knight  black bishop  black queen  black king  black bishop  black knight  black rook 8
7  black pawn  black pawn  black pawn  black pawn  black king  black king  black pawn  black pawn 7
6  black king  black king  black king  black king  black king  black king  black king  black king 6
5  black king  black king  black king  black king  black pawn  black pawn  black king  black king 5
4  black king  black king  black king  black king  white pawn  black king  black king  black king 4
3  black king  black king  black king  black king  black king  white knight  black king  black king 3
2  white pawn  white pawn  white pawn  white pawn  black king  white pawn  white pawn  white pawn 2
1  white rook  white knight  white bishop  white queen  white king  white bishop  black king  white rook 1
Solid white.svg a b c d e f g h Solid white.svg

ラトヴィアン・ギャンビット (Latvian Gambit) は、チェスオープニングの1つ。ラトヴィア共和国の有力プレーヤーが研究したことから「ラトヴィアン・ギャンビット」と名づけられた[1]イギリスアメリカ合衆国では「グレコ・カウンター・ギャンビット」と呼ばれている[1]。右図は、その基本形となっている[2]。基本形までの手順は1. e4 e5 2.Nf3 f5である[2]。黒の2手目の2.… f5は余程攻撃の好きな人でなければ指せない手で[1]、今日では滅多に指されないオープニングであるといえる[1]。ただ攻撃の研究をする人にとっては面白いオープニングであるといえる[1]

主な変化[編集]

3.Nxe5 Qf6 4.Nc4 fe 5.Nc3 Qg6 6.d3 Bb4 7.Bb2 Bxc3 8.Bxc3 d5 9.Ne5 h6 10.de Qxe4+[3]

この手順は1944年に指されたスミスロフ(白)対カムショフ(黒)のゲームのものである[1]。11手目以降は11.Be2 Nf6 12.0-0 c6 13.Bh5+! Kf8 14.Re1 Qh4 15.Bg6! Na6 16.Qe2 Bh3 17.Nf3!と進行し[1]、黒のカムショフが投了した[1]。黒はチェックメイトから逃れるにはクイーンを捨てるしかない[1]

4.d4 d6 5.Nc4 fe 6.Be2と指す変化もある[1]。この変化は黒が6手目にどんな手をさしても白が7手目にキャスリング出来るので白が有利[1]

黒の5手目では他に5.… Ne7や5.… Qe6と指す手もある[1]

黒の6手目で6.… edと指すのは7.Bxd3 Qxg2 8.Qh5+ Kd8 9.Be4となり白が指しやすい[1]

参考文献[編集]

脚注・出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m 『定跡と戦い方』、22頁。
  2. ^ a b 『定跡と戦い方』、20頁。
  3. ^ 『定跡と戦い方』、21-22頁。
  4. ^ ISBNコードは新装版のもの。