ソコルスキー・オープニング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ソコルスキー・オープニング
Solid white.svg a b c d e f g h Solid white.svg
8  black rook  black knight  black bishop  black queen  black king  black bishop  black knight  black rook 8
7  black pawn  black pawn  black pawn  black pawn  black pawn  black pawn  black pawn  black pawn 7
6  black king  black king  black king  black king  black king  black king  black king  black king 6
5  black king  black king  black king  black king  black king  black king  black king  black king 5
4  black king  white pawn  black king  black king  black king  black king  black king  black king 4
3  black king  black king  black king  black king  black king  black king  black king  black king 3
2  white pawn  black king  white pawn  white pawn  white pawn  white pawn  white pawn  white pawn 2
1  white rook  white knight  white bishop  white queen  white king  white bishop  white knight  white rook 1
Solid white.svg a b c d e f g h Solid white.svg

ソコルスキー・オープニング (Sokolsky Opening) は、チェスオープニングの1つ。1.b4の1手のみに名前が付いているオープニングで[1]、右図がその基本形である[1]ポーランド定跡或いはポーリッシュ・オープニング (Polish Opening) とも呼ばれるオープニングで[2]、1.b4と指した形はオランウータンが手をだらんと下げている様子に似ていることからオランウータン・オープニング (Orangutan Opening) 或いは単にオランウータン (Orangutan) と呼ばれることもある[2]

主な変化[編集]

1.… e5 2.Bb2 f6 3.b5 d5 4.e3 Be6 5.Nf3 Bd6 6.d4 e4 7.Nfd2 f5 8.c4 c6 9.Nc3 Nf6 10.Be2 0-0 11.0-0 Nbd7[3]

黒の2手目で2.… Bxb4と指すのは3.Bxe5と指され白がbファイルのポーンを失うのに対し黒はセンターのポーンを失うので白が有利[4]。また2.… Nc6と指すのも3.b5 Nd4 4.e3と白に指され黒はe5のポーンを失う[4]

白の3手目では3.e4と指す手もある[4]。3.e4に対する黒の3手目は3.… Bxb4と3.… d5があるが[4]、3.… Bxb4と指すと4.Bc4 Qe7と進行する[4]。なおこの時黒の4手目で4.… Ne7と指すと5.Qh5+ g6と進行し黒のポーンの型が乱れる[4]。また3.e4 Bxb4 4.Bc4に対し4.… Nc6と指す手は1958年に指されたソコルスキー対ストルガッチ戦で白のソコルスキーが指した手で[4]、以下5.f4 efと進行し16手で黒のストルガッチが投了した[4]。一方3.… d5と指す変化は4.f4 ef 5.Qh5+ g6 6.Qxd5 Qxd5 7.ed Bxb4と進行する[4]

参考文献[編集]

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 『定跡と戦い方』、203頁。
  2. ^ a b 『チェス次の一手』、214頁。
  3. ^ 『定跡と戦い方』、204-205頁。
  4. ^ a b c d e f g h i 『定跡と戦い方』、205頁。
  5. ^ ISBNコードは新装版のもの。
  6. ^ ISBNコードは改訂版のもの。