チゴリン・ディフェンス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
チゴリン・ディフェンス
a b c d e f g h
8
Chessboard480.svg
a8 black rook
c8 black bishop
d8 black queen
e8 black king
f8 black bishop
g8 black knight
h8 black rook
a7 black pawn
b7 black pawn
c7 black pawn
e7 black pawn
f7 black pawn
g7 black pawn
h7 black pawn
c6 black knight
d5 black pawn
c4 white pawn
d4 white pawn
a2 white pawn
b2 white pawn
e2 white pawn
f2 white pawn
g2 white pawn
h2 white pawn
a1 white rook
b1 white knight
c1 white bishop
d1 white queen
e1 white king
f1 white bishop
g1 white knight
h1 white rook
8
7 7
6 6
5 5
4 4
3 3
2 2
1 1
a b c d e f g h

チゴリン・ディフェンス (Chigorin Defense) は、チェスオープニングの1つ。広義のクイーンズ・ギャンビット (1.d4 d5 2.c4) の一変化であり、1.d4 d5 2.c4 Nc6と指して出来た形(右図参照)がチゴリン・ディフェンスの基本形である[1]

主な変化[編集]

3.Nc3 Nf6 4.Bg5 Ne4 5.cd Nxc3 6.bc Qxd5 7.Nf3 Bg4 8.Qb3[2]

白の3手目では3.Nf3と指す手もある[2]。以下3.… Bg4 4.Qa4 Bxf3 5.ef e6 6.Nc3 Nge7と進行する[2]。この手順中白の5手目で5.gfと指すのも良い手である[2]。また白の4手目で4.edと指すのは1904年に指されたテェチマン対チゴリン戦で白のテェチマンが指した手で[3]、以下4.… Bxf3 5.dc Bxc6 6.Nc3 e6 7.Bf4 Nf6と進行し26手でテェチマンが投了した[3]。テェチマン対チゴリン戦の白の7手目で7.e4と指す手も定跡にあり[2]、この場合の黒の7手目は7.… Bb4である[2]。なお白の3手目で3.cdと指すのは3.… Qxd5 4.e3 e5 5.Nc3 Bb4と進行し黒の駒の展開が良くなる[2]

黒の3手目では3.… dcと指す手もある[2]

白の4手目では4.Nf3と指す手もある[2]。以下4.… Bg4 5.cd Nxd5 6.e4 Bxf3 7.gfと進行する[2]

白の5手目で5.Nxe4と指すのは5.… de 6.d5 e6! 7.dc Qxg5で黒の駒の動きが良くなる[2]。この手順中白の7手目で7.Bxd8とクイーンを取っても7.… Bb4+でクイーンを取り返される[2]

参考文献[編集]

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『定跡と戦い方』、143頁。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l 『定跡と戦い方』、144頁。
  3. ^ a b 『定跡と戦い方』、145頁。
  4. ^ ISBNコードは新装版のもの。