ウィーン布局

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウィーン布局
Solid white.svg a b c d e f g h Solid white.svg
8  black rook  black knight  black bishop  black queen  black king  black bishop  black knight  black rook 8
7  black pawn  black pawn  black pawn  black pawn  black king  black pawn  black pawn  black pawn 7
6  black king  black king  black king  black king  black king  black king  black king  black king 6
5  black king  black king  black king  black king  black pawn  black king  black king  black king 5
4  black king  black king  black king  black king  white pawn  black king  black king  black king 4
3  black king  black king  white knight  black king  black king  black king  black king  black king 3
2  white pawn  white pawn  white pawn  white pawn  black king  white pawn  white pawn  white pawn 2
1  white rook  black king  white bishop  white queen  white king  white bishop  white knight  white rook 1
Solid white.svg a b c d e f g h Solid white.svg

ウィーン布局(うぃーんふきょく)[1]は、チェスオープニングの1つ。手順前後してキングズ・ギャンビットに似た展開になるオープニングである[2]。右図はその基本形で、右図までの指し手は1.e4 e5 2.Nc3である。ウィーン英語ではViennaと表記し[vɪenə](カナ書きすると「ヴィエナ」となる[3])と発音されることから[4]、英語及び日本語ではヴィエナ・ゲーム (Vienna Game) とも呼ばれる[5]。なおウィーン・ゲームという呼び方で記述してある信頼できる公刊された情報源は存在しない。[要出典]

主な変化[編集]

2.… Nf6 3.f4 d5 4.fxe5 Nxe4 5.Nf3 Be7 6.d4 0-0 7.Bd3 f5 8.exf6 Bxf6 9.0-0 Nc6 10.Ne2[6]

黒の2手目は他に2.… Nc6と指す手もある[7]

白の3手目で3.Bc4と指すと黒に3.… Nxe4と指される[7]。ここで4.Nxe4と指すと4.… d5でフォーク(両取り)にされるため[7]、白の4手目は4.Qh5か4.Bxf7+のどちらかである[7]。4.Qh5と指すと4.… Nd6 5.Bb3と進行し[7]、4.Bxf7+と指すと4.… Kxf7 5.Qxh5と進行する[7]。4.Qh5 Nd6 5.Bb3と進行した場合の黒の5手目では5.… Nc6[5]や5.… Be7[7]といった手がある。5.… Nc6と指すと6.Nb5 g6と進行する[5]。5.… Be7は1969年ソビエト連邦で対局されたグフェルト対タルベ戦で黒のタルベによって指された手で[7]、その後6.Nf3 0-0 7.h4 Nc6 8.Ng5 h6 9.Qg6! Bxg5 10.hxg5 Qxg5 11.Qxg5 hxg5 12.d3 Nf5 13.Bxg5 Ncd4 14.Nd5 Nxb3 15.Nf6+!! gxf6 16.Bxf6 Ng7 17.axb3 Re8 18.g4 Re6 19.g5 b6 20.Ke2 e4 21.d4 e3 22.f3 d5 23.Rh4 Ba6+ 24.c4 dxc4 25.Rah1と進行しタルベが投了した[7]

黒の3手目で3.… exf4と指すと白に4.Nf3と指されキングズ・ギャンビットに変化する[7]

白の4手目で4.exd5と指すのは4.… e4で黒有利[7]

白の5手目は他に5.d3或いは5.Qf3もある[7]

黒の5手目は他に5.… Bg4や5.… Bc5、5.… Nc6もある[7]

参考文献[編集]

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『図解 早わかりチェス』、175頁。
  2. ^ 『定跡と戦い方』、76頁。
  3. ^ シュワー([ə])を日本語で表記する際単純に「ア」と表記して良いかどうか議論が分かれるが、語末であることと対応する綴りが“a”なのでア段(前に子音の[n]があるためここでは「ナ」)で表記した。
  4. ^ 『プロシード英和辞典』、1662頁。同辞典でもViennaの発音は[vɪenə]となっている(但しアクセントは省略)。
  5. ^ a b c 『チェス入門』、122頁。
  6. ^ 『定跡と戦い方』、76-77頁。
  7. ^ a b c d e f g h i j k l m 『定跡と戦い方』、77頁。
  8. ^ ISBNコードは新装版のもの。