フレンチ・ディフェンス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フレンチ・ディフェンス
a b c d e f g h
8
Chessboard480.svg
a8 black rook
b8 black knight
c8 black bishop
d8 black queen
e8 black king
f8 black bishop
g8 black knight
h8 black rook
a7 black pawn
b7 black pawn
c7 black pawn
d7 black pawn
f7 black pawn
g7 black pawn
h7 black pawn
e6 black pawn
e4 white pawn
a2 white pawn
b2 white pawn
c2 white pawn
d2 white pawn
f2 white pawn
g2 white pawn
h2 white pawn
a1 white rook
b1 white knight
c1 white bishop
d1 white queen
e1 white king
f1 white bishop
g1 white knight
h1 white rook
8
7 7
6 6
5 5
4 4
3 3
2 2
1 1
a b c d e f g h

フレンチ・ディフェンス(French Defence)は、チェスオープニングの1つである。1.e4 e6 が基本形[1]。この後は、2.d4 d5 と進むことが多い。2.d4 c5 3.Nf3ならシシリアン・ディフェンスに変化する[2]


主な変化[編集]

  • 1.e4 e6 2.d4 d5 3.e5(アドヴァンス・ヴァリエーション:Advance Variation)
    • アドヴァンス・ヴァリエーションは別名ニムゾヴィッチ・ヴァリエーション (Nimzowitsch Variation) とも呼ばれる[3]
  • 1.e4 e6 2.d4 d5 3.exd5 exd5(エクスチェンジ・ヴァリエーション:Exchange Variation)[3]
  • 1.e4 e6 2.d4 d5 3.Nd2(タラッシュ・ヴァリエーション:Tarrasch Variation)
  • 1.e4 e6 2.d4 d5 3.Nc3
    • 3...dxe4(ルービンシュタイン・ヴァリエーション:Rubinstein Variation)
      • 1.e4 e6 2.d4 d5 3.Nd2 dxe4の手順(タラッシュ・ヴァリエーションからの変化)でもルービンシュタイン・ヴァリエーションと呼ばれる[3]
    • 3...Bb4(ワイナウアー・ヴァリエーション:Winawer Variation)
    • 3...Nf6(クラシカル・ヴァリエーション:Classical Variation)[2]
      • 4.e5(シュタイニッツ・ヴァリエーション:Steinitz Variation)

参考文献[編集]

脚注・出典[編集]

  1. ^ 『定跡と戦い方』、92頁。
  2. ^ a b 『定跡と戦い方』、94頁。
  3. ^ a b c 『定跡と戦い方』、97頁。
  4. ^ ISBNコードは新装版のもの。