カタラン・オープニング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カタラン・オープニング
Solid white.svg a b c d e f g h Solid white.svg
8  black rook  black knight  black bishop  black queen  black king  black bishop  black king  black rook 8
7  black pawn  black pawn  black pawn  black pawn  black king  black pawn  black pawn  black pawn 7
6  black king  black king  black king  black king  black pawn  black knight  black king  black king 6
5  black king  black king  black king  black king  black king  black king  black king  black king 5
4  black king  black king  white pawn  white pawn  black king  black king  black king  black king 4
3  black king  black king  black king  black king  black king  black king  white pawn  black king 3
2  white pawn  white pawn  black king  black king  white pawn  white pawn  black king  white pawn 2
1  white rook  white knight  white bishop  white queen  white king  white bishop  white knight  white rook 1
Solid white.svg a b c d e f g h Solid white.svg

カタラン・オープニング (Catalan Opening) は、チェスオープニングの1つ。1.d4 Nf6 2.c4 e6 3.g3と指して出来た形(右図参照)がカタラン・オープニングの基本形である[1]カタラン・システム (Catalan System) 、カタロニア布局(-ふきょく)、カタルーニャ布局(-ふきょく)とも呼ばれる。クイーンズ・ギャンビット・ディクラインドから手順前後でこのオープニングになることもあり、文献によってはクイーンズ・ギャンビット・ディクラインドから変化して生じた局面をカタラン・オープニングの基本形としているものもある[脚注 1]。また1.d4 Nf6 2.c4 e6 3.Nf3 d5 4.g3とボゴ・インディアン・ディフェンス或いはクイーンズ・インディアン・ディフェンスのような手順で始まったのち手順前後でカタラン・オープニングになるケースもある[2]

黒がd5と指すか指さないかでゲームの内容が全く変わってしまうオープニングである[1]。なおアンチ・カタラン・オープニングというオープニングも存在するが[3]、こちらはカタラン・オープニングと異なり(手順前後ではなく)クイーンズ・ギャンビット・ディクラインドから変化するオープニングである[脚注 2]

主な変化[編集]

3.… d5 4.Bg2 Be7 5.Nf3 0-0 6.0-0 Nbd7 7.Qc2 c6 8.Nbd2 b6 9.e4 Bb7 10.b3 Rc8 11.Rd1 Qc7 12.Bb2 Rfd8[4]

黒の4手目では4.… dc[3]や4.… c5[2]と指す手もある。以下4.… dcと指せば5.Qa4+ Bd7 6.Qxc4 Bc6 7.Bg2 Nbd7 8.Nc3 Nb6 9.Qd3 Bb4と進行し[3]、4.… c5と指せば5.cd Nxd5 6.Bg2 cd 7.0-0 Bc5 8.Nxd4 a6と進行する[2]。4.… c5 5.cd Nxd5 6.Bg2に対して6.… Nc6と指すのは1961年スミスロフ対トルシュ戦で黒のトルシュが指した手で[2]、7.0-0 Be7 8.Nc3 Nxc3 9.bc 0-0 10.Rb1 Qa5 11.Qb3 Rd8 12.Bf4 cd 13.Nxd4 Nxd4 14.cd Rxd4? 15.Bxb7 Bxb7 16.Qxb7 Qd8? 17.Bb8!と進行しトルシュが投了した(黒は駒損になる)[2]

黒の6手目では6.… dcや6.… c6と指す手もある[3]。以下6.… dcと指せば7.Qc2 a6 8.Qxc4 b5 9.Qc2 Bb7と進行し[3]、6.… c6と指せば7.Nc3 b6 8.Ne5 a5 9.Qc2 Ba6と進行する[3]

白の7手目では7.Nc3と指す手もある[3]。以下7.… c6 8.b3 b6 9.Bb2 Bb7 10.Qc2 Rc8と進行する[3]

黒の7手目では7.… b6と指す手もある[3]。以下8.cd Nxd5 9.Nc3 Bb7 10.Nxd5 Bxd5と進行する[5]

参考文献[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『チェス・マスター・ブックス 1 定跡と戦い方』の146-148頁でカタラン・オープニングが取り上げられているが、この書籍の146頁には1.d4 d5 2.c4 e6 3.Nf3 Nf6 4.g3の手順で生じた局面をカタラン・オープニングの基本形として掲載している。なおこの手順のうち2手目まではクイーンズ・ギャンビット・ディクラインドの基本形の手順である。
  2. ^ 1.d4 d5 2.c4 e6 3.g3 c5と指した形がアンチ・カタラン・オープニングの基本形である[3]。なお黒の3手目で3.… dcや3.… Bb4+と指して出来た型もアンチ・カタラン・オープニングと呼ぶ[3]。アンチ・カタラン・オープニングの基本形までの手順のうち2手目まではクイーンズ・ギャンビット・ディクラインドの基本形の手順である。
  3. ^ ISBNコードはISBN 978-4-309-72171-2
  4. ^ ISBNコードはISBN 978-4-309-73141-4

出典[編集]

  1. ^ a b 『図解 早わかりチェス』、182頁。
  2. ^ a b c d e 『定跡と戦い方』、148頁。
  3. ^ a b c d e f g h i j k 『定跡と戦い方』、147頁。
  4. ^ 『定跡と戦い方』、146-148頁。
  5. ^ 『定跡と戦い方』、147-148頁。