アルビン・カウンター・ギャンビット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アルビン・カウンター・ギャンビット
a b c d e f g h
8
Chessboard480.svg
a8 black rook
b8 black knight
c8 black bishop
d8 black queen
e8 black king
f8 black bishop
g8 black knight
h8 black rook
a7 black pawn
b7 black pawn
c7 black pawn
f7 black pawn
g7 black pawn
h7 black pawn
d5 black pawn
e5 black pawn
c4 white pawn
d4 white pawn
a2 white pawn
b2 white pawn
e2 white pawn
f2 white pawn
g2 white pawn
h2 white pawn
a1 white rook
b1 white knight
c1 white bishop
d1 white queen
e1 white king
f1 white bishop
g1 white knight
h1 white rook
8
7 7
6 6
5 5
4 4
3 3
2 2
1 1
a b c d e f g h

アルビン・カウンター・ギャンビット (Albin Counter Gambit) は、チェスオープニングの1つで、広義のクイーンズ・ギャンビット (1. d4 d5 2. c4) の一変化である。右図にある基本形までの手順は1. d4 d5 2. c4 e5である。なお1. d4 d5 2. c4 e5の後で3. de d4とした局面を基本形としている文献もある[脚注 1]

広義のクイーンズ・ギャンビットに対し黒が逆に2. … e5とギャンビットを仕掛けるオープニングであり、広義のクイーンズ・ギャンビットの変化の中ではクイーンズ・ギャンビット・アクセプテッドとともに激しいゲームとなるオープニングである。

主な変化[編集]

3手目以降の定跡は、3. de d4 4. Nf3 Nc6 5. g3 Bg4 6. Bg2 Qd7 7. 0-0 0-0-0 8. Qa4 Kb8 9. Nbd2 Nge7 10. Nb3 Nc8 11. c5 Be7である[1]

白の4手目では他に4. a3や4. e4と指す手もある[2]。4. a3と指すと4. … Nc6 5. e3 a5 6. Nf3 Bc5と進行し[2]、4. e4と指すと4. … Nc6 5. f4 g5 6. f5 Ne5 7. Nf3と進行する[2]。なお4. e3?と指すのは4. … Bb4+ 5. Bd2 de! 6. fe Qh4+ 7. g3 Qe4 8. Qf3 Bxd2+ 9. Nxd2 Qxe5で黒が指しやすい局面となる[2]。この変化の途中6. Bxb4?とビショップを取るのは6. … ef+ 7. Ke2 fg=N+! 12. Rxg1 Bg4+で黒の勝ち(白はクイーンをもぎ取られる)[2]

白の5手目では他に5. Nbd2[2]、5. Bf4[2]、5. a3[2]、5. e3[2]と指す手もある。5. Nbd2は1910年ハンブルクで指されたホティミルスキー対マーシャル戦で白のホティミルスキーが指した手で[3]、その後5. … Bg4 6. h3 Bh5と進行し[3]、29手で黒のマーシャルが投了した(黒はルークを取られてしまう)[3]

黒の5手目では他に5. … f6と指す手がある[2]。以下6. ef Qxf6 7. Nbd2 Bf5と進行する[2]

6手目は白・黒ともにキャスリングの準備をする手[3]

白の7手目では他に7. Nbd2と指す手もある[3]。以下7. … 0-0-0 8. h3 Bf5と進行する[3]

黒の7手目では他に5. … h5とフィアンケットを崩にし行く手もある[3]。以下6. a3 h4と進行する[3]

白の8手目では他に8. Qb3と指す手もある[3]。以下8. … Na5 9. Qd3 c5 10. Ng5 Bf5 11. Qa3 Nc6と進行する[3]

参考文献[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 有田著『定跡と戦い方』等が1. d4 d5 2. c4 e5 3. de d4と指して出来た局面をアルビン・カウンター・ギャンビットの基本形としている[4]
  2. ^ ISBNコードはISBN 978-4-309-72171-2。
  3. ^ ISBNコードはISBN 978-4-309-73141-4。

出典[編集]

  1. ^ 『定跡と戦い方』、140-142頁。
  2. ^ a b c d e f g h i j k 『定跡と戦い方』、141頁。
  3. ^ a b c d e f g h i j 『定跡と戦い方』、142頁。
  4. ^ 『定跡と戦い方』、140頁。