ツー・ナイツ・ディフェンス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ツー・ナイツ・ディフェンス
a b c d e f g h
8
Chessboard480.svg
a8 black rook
c8 black bishop
d8 black queen
e8 black king
f8 black bishop
h8 black rook
a7 black pawn
b7 black pawn
c7 black pawn
d7 black pawn
f7 black pawn
g7 black pawn
h7 black pawn
c6 black knight
f6 black knight
e5 black pawn
c4 white bishop
e4 white pawn
f3 white knight
a2 white pawn
b2 white pawn
c2 white pawn
d2 white pawn
f2 white pawn
g2 white pawn
h2 white pawn
a1 white rook
b1 white knight
c1 white bishop
d1 white queen
e1 white king
h1 white rook
8
7 7
6 6
5 5
4 4
3 3
2 2
1 1
a b c d e f g h

ツー・ナイツ・ディフェンス (Two Knights Defense) は、チェスオープニングの1つ。黒がナイト2つで防御するため「ツー・ナイツ・ディフェンス」という名前が付いている[1]。右図は、その基本形となっている[2]。基本形までの手順は1.e4 e5 2.Nf3 Nc6 3.Bc4 Nf6である[2]

イタリアン・ゲームの一変化であるといえる。

主な変化[編集]

4.Ng5 d5 5.ed Na5 6.Bb5+ c6 7.dc bc 8.Be2 h6 9.Nf3 e4 10.Ne5 Bd6 11.d4 ed 12.Nxd3 Qc7 13.h3 0-0

4.d4 ed 5.0-0 Bc5 6.e5と指す変化をマックス・ランゲ・アタックと呼ぶ[3]。以下6.… d5 7.ef dc 8.Re1+ Be6 9.Ng5 Qd5 10.Nc3 Qf5と指す[3]

4.… Nxe4は5.Bxf7+ Ke7 6.b4で白が指しやすい[3]。また4.… Bc5とするのは白に先手で攻撃されるので黒が損する[3]

黒の5手目は他に5.… Nd4、5.… Bg4がある[3]。5.… Nxd5とするのは6.Nxf7! Kxf7 7.Qf3+ Ke6 8.Nc3 Ncb4と変化し、黒は駒得しているもののキングの位置が悪いので防戦一方になる[3]

白の6手目では6.d3 h6 7.Nf3 e4 8.Qe2と指す変化もある[3]

黒の6手目では6.… Bd7 7.Qe2 Bd6と指す変化もある[3]

白の8手目では8.Qf3と指すのも良い[3]。なお8.Ba4は8.… h6 9.Nf3 e4 10.Ne5 Qd4で黒が有利になる[3]

白の9手目では9.Nh3と指す手もある[3]。普通はナイトを端に持っていく手は悪手だが、この場合は定跡にもなっている。

参考文献[編集]

脚注・出典[編集]

  1. ^ 『定跡と戦い方』、43頁。
  2. ^ a b 『定跡と戦い方』、42頁。
  3. ^ a b c d e f g h i j k 『定跡と戦い方』、44頁。
  4. ^ ISBNコードは新装版のもの。