ベノニ・ディフェンス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
モダン・ベノニの基本形
a b c d e f g h
8
Chessboard480.svg
a8 black rook
b8 black knight
c8 black bishop
d8 black queen
e8 black king
f8 black bishop
h8 black rook
a7 black pawn
b7 black pawn
f7 black pawn
g7 black pawn
h7 black pawn
d6 black pawn
f6 black knight
c5 black pawn
d5 white pawn
c3 white knight
a2 white pawn
b2 white pawn
e2 white pawn
f2 white pawn
g2 white pawn
h2 white pawn
a1 white rook
c1 white bishop
d1 white queen
e1 white king
f1 white bishop
g1 white knight
h1 white rook
8
7 7
6 6
5 5
4 4
3 3
2 2
1 1
a b c d e f g h

ベノニ・ディフェンス (Benoni Defense) は、チェスオープニングの1つ。キングズ・インディアン・ディフェンスによく似たオープニングである[1]オールド・ベノニ・ディフェンス (Old Benoni Defense) とモダン・ベノニ・ディフェンス (Modern Benoni Defense) で基本形が異なる。

モダン・ベノニは元世界チャンピオンボビー・フィッシャーが黒で得意としていた[2]

オールド・ベノニ・ディフェンス[編集]

オールド・ベノニ・ディフェンス
a b c d e f g h
8
Chessboard480.svg
a8 black rook
b8 black knight
c8 black bishop
d8 black queen
e8 black king
f8 black bishop
g8 black knight
h8 black rook
a7 black pawn
b7 black pawn
d7 black pawn
e7 black pawn
f7 black pawn
g7 black pawn
h7 black pawn
c5 black pawn
d4 white pawn
a2 white pawn
b2 white pawn
c2 white pawn
e2 white pawn
f2 white pawn
g2 white pawn
h2 white pawn
a1 white rook
b1 white knight
c1 white bishop
d1 white queen
e1 white king
f1 white bishop
g1 white knight
h1 white rook
8
7 7
6 6
5 5
4 4
3 3
2 2
1 1
a b c d e f g h

右図がオールド・ベノニ・ディフェンスの基本形である[3]。基本形までの手順は1. d4 c5である[3]

基本形以降の定跡は2. d5 e5 3. e4 d6 4. Nc3 g6 5. f4 ef 6. Bxf4 Bg7 7. Nf3 Nf6 8. Bb5+ Bd7である[4]

白の4手目では他に4. Bd3や4. f4と指す手もある[5]

黒の4手目では他に4. … a6と指す手もある[5]。以下5. a4 g6 6. h4 h5 7. Nf3 Bg4 8. Be2 Bxf3 9. Bxf3 Nd7 10. a5 Bh6と進行する[5]。なお4. … Ne7?!は1962年ヴァルナで対局されたドナー対バレセロスキー戦で黒のバレセロスキーが指した手で[6]、以下5. Nf3 Bg4 6. h3 Bxf3 7. Qxf3 a6 8. a4 Ng6 9. g3 Be7 10. h4 0-0 11. Bd2 b6 12. Nd1 Nd7 13. Ne3 Nf6 14. h5 Nh8 15. Nf5 Ra7 16. h6!と進行したところでバレセロスキーが投了した[6]

白の5手目で5. Nf3と指すのは5. … Bg7 6. Be2 Ne7 7. Nd2 Na6 8. Nc4 Nc7 9. a4 0-0と進行し黒が十分にさせる展開となる[5]

モダン・ベノニ・ディフェンス[編集]

モダン・ベノニ・ディフェンス
a b c d e f g h
8
Chessboard480.svg
a8 black rook
b8 black knight
c8 black bishop
d8 black queen
e8 black king
f8 black bishop
h8 black rook
a7 black pawn
b7 black pawn
d7 black pawn
e7 black pawn
f7 black pawn
g7 black pawn
h7 black pawn
f6 black knight
c5 black pawn
c4 white pawn
d4 white pawn
a2 white pawn
b2 white pawn
e2 white pawn
f2 white pawn
g2 white pawn
h2 white pawn
a1 white rook
b1 white knight
c1 white bishop
d1 white queen
e1 white king
f1 white bishop
g1 white knight
h1 white rook
8
7 7
6 6
5 5
4 4
3 3
2 2
1 1
a b c d e f g h

右図は1. d4 Nf6 2. c4 c5と指した局面である。右図から3. d5 e6 4. Nc3 ed 5. cd d6と指してできた形が本記事の冒頭で掲げたモダン・ベノニ・ディフェンスの基本形である[7]。なお2手目から4手目まで手順前後することもある[脚注 1]。基本形に至るまでの白の4手目で4. deと指すのは4. … feと指され[9]、その後黒がセンターへポーンを出し[9]、黒の駒組みが非常にいい型になる[9]。また黒の5手目では5. … g6と指す手もある[5]。以下6. d6 Qb6 7. Bg5 Nh5 8. Nf3 f6 9. Be3 Bxd6と進行し[5]、白はポーンを損した代償に黒の展開を遅らせることが出来る[5]

基本形以降の定跡は6. Nf3 g6 7. e4 Bg7 8. Be2 0-0 9. 0-0 a6 10. a4 Bg4 11. h3 Bxf3 12. Bxf3 Nbd7である[7]

白の6手目で6. g3と指せばフィアンケット・システムとなる[9]。6. e4と指した場合黒は本譜同様6. … g6と指すが[9]、その後白が7. Nf3と指せば手順前後で本譜と同じ進行になり[9]、7. Bd3と指せば7. … Bg7 8. Nge2 0-0と進行する[9]。なお6. e4 g6 7. Bd3 Bg7 8. Nge2 0-0の変化は1960年ライプツィヒで開催されたチェス・オリンピアードのペンローズ対タリ戦で指されたもので[9]、30手で当時世界チャンピオンだったタリが英国のチャンピオンだったペンローズに負けた[9]

白の7手目では他に7. Bf4[9]、7. Nd2と指す手もある[3]。7. Nd2と指すと7. … Bg7 8. Nc4 0-0 9. Bf4 Ne8と進行する[3]。なお7. Bg5と指せばウルマン・ヴァリエーションと呼ばれ、以下7. … h6 8. Bh4 g5 9. Bg3 Nh5 10. e3 Nxg3 11. hg Bg7 12. Nd2 0-0となる[9]


フィアンケット・システム[編集]

モダン・ベノニの1変化。白の6手目で6. g3と指せばフィアンケット・システムとなる[9]

黒の6手目以降の定跡は6. … g6 7. Bg2 Bg7 8. Nf3 0-0 9. 0-0 Qe7 10. Nd2 Nbd7 11. Nc4 Ne5 12. Nxe5 Qxe5 13. a4 a6である[10]

白の8手目で8. Nh3?と指すのはナイトがセンターから離れるので悪手[3]

黒の9手目は他に9. … a6[脚注 2]と9. … Na6[脚注 3]がある[3]。9. … a6と指せば10. a4 Nbd7 11. Nd2 Rb8 12. Nc4 Ne8 13. a5 Ne5と進行する[3]。この手順中に12. … Nb6?と指すと13. Nxd6! Qxd6 14. Bf4で黒はb8のルークを失う[3]。一方9. … Na6と指せば10. h3 Nc7 11. e4 Nd7 12. Re1と進行する[3]

参考文献[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 例として1. d4 Nf6 2. c4 e6 3. Nc3 c5 4. d5 ed 5. cd d6の手順がある[8]
  2. ^ 次に10. … b5とポーンを出せれば黒は形が良くなる[3]
  3. ^ 黒はクイーン側から攻撃するのでセンターから離れてクイーン側の端に駒を動かしても良い[3]
  4. ^ ISBNコードはISBN 978-4-309-72171-2。
  5. ^ ISBNコードはISBN 978-4-309-73141-4。

出典[編集]

  1. ^ 『定跡と戦い方』、179頁。
  2. ^ 『やさしい実戦集』、124頁。
  3. ^ a b c d e f g h i j k 『定跡と戦い方』、181頁。
  4. ^ 『定跡と戦い方』、181-182頁。
  5. ^ a b c d e f g 『定跡と戦い方』、182頁。
  6. ^ a b 『定跡と戦い方』、183頁。
  7. ^ a b 『定跡と戦い方』、179-180頁。
  8. ^ 『やさしい実戦集』、123-124頁。
  9. ^ a b c d e f g h i j k l 『定跡と戦い方』、180頁。
  10. ^ 『定跡と戦い方』、180-181頁。