ヨハン・ベルンハルト・バッハ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ヨハン・ベルンハルト・バッハJohann Bernhard Bach, 1676年5月23日 - 1749年6月11日)はドイツ作曲家であり、J・S・バッハの又従兄。

生涯[編集]

J・B・バッハはエアフルトに生まれ、幼少期に父ヨハン・エギディウス・バッハから音楽の教授を受ける。1695年にエアフルトでオルガニストの職に就き、さらにはマクデブルクでも似たような地位を得た。1703年にはヨハン・クリストフ・バッハに代わってアイゼナハのオルガニスト、および宮廷楽団のチェンバロ奏者となり、1749年にこの地で逝去した。

彼の音楽作品の大部分は失われているが、現存する作品の中には4つの管弦楽組曲が存在する。彼のオーケストラ作品の公演時に、J・S・バッハ専用のパートが用意されたことが知られている。彼の音楽性は、テレマンと似たものであるといわれている。

現存する作品[編集]

管弦楽組曲(序曲[編集]

  • 組曲第1番ト短調
  • 組曲第2番ト長調
  • 組曲第3番ホ短調
  • 組曲第4番ニ長調

これらは1730年以前に執筆されたと考えられている。

鍵盤楽器用音楽[編集]

いくつかのオルガンコラールと2つのシャコンヌのほか、J・B・バッハ作曲のフーガも2曲現存する。

外部リンク[編集]