ゴットフリート・ハインリヒ・バッハ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ゴットフリート・ハインリヒ・バッハGottfried Heinrich Bach, 1724年2月26日 - 1763年2月12日 ナウムブルク)はヨハン・ゼバスティアン・バッハ (大バッハ) の4人目の息子。

幼い頃から音楽的才能を示し、アンナ・マクダレーナ・バッハの音楽帳で大バッハとともに、いくつかの小品の編曲を手がけたと言われている[誰によって?]チェンバロ演奏に才能を示したといわれるが、長ずるに連れて精神病ないしは知的障害の兆候があらわれ、後に生活力のないことが明らかとなった。1750年秋に、義兄でかつての父の弟子、ヨハン・クリストフ・アルトニコルのもとに引き取られて余生を送った。

参考文献[編集]