マリア・バルバラ・バッハ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

マリア・バルバラ・バッハ(Maria Barbara Bach 1684年10月20日 - 1720年7月7日)は、作曲家ヨハン・ゼバスティアン・バッハの又従妹で先妻。ハインリヒ・バッハの孫に当たり、父親はヨハン・ミヒャエル・バッハ。マリアの生涯と2人の馴れ初めについては、ほとんど知られていないが、バッハがマリアとの結婚生活に満足していたことは分かっている。7人の子をもうけながらも、そのうち4人は幼児のうちに亡くなった。マリア自身は1720年7月に急逝しており、同時期に書かれたバッハの一連の無伴奏ヴァイオリン作品や《半音階的前奏曲とフーガ》、いくつかのオルガン作品の激しい感情のほとばしりに、当時のバッハの落胆ぶりを指摘する向きもある。マリアの死後から半年後、バッハはアンナ・マクダレーナ・ヴィルケと再婚、アンナはマリアの遺児たちを、わが子同様に育て上げた。マリアの遺児は、作曲家となった2人の兄弟、ヴィルヘルム・フリーデマンカール・フィリップ・エマヌエルのほかに、第1子で長女のカタリーナ・ドロテーアがいた。