ヴィルヘルム・フリードリヒ・エルンスト・バッハ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ヴィルヘルム・フリードリヒ・エルンスト・バッハ (Wilhelm Friedrich Ernst Bach, 1759年5月27日 ビュッケブルク - 1845年12月25日 ベルリン)は、ヨハン・ゼバスティアン・バッハの孫で、バッハ直系最後の作曲家。父親はヨハン・クリストフ・フリードリヒ・バッハ, プロイセン国王フリードリヒ・ヴィルヘルム2世宮廷楽長を務めた。「世襲は発想を摩り減らす」との言葉を残したという。

1778年に父に連れられ、ロンドンに叔父ヨハン・クリスティアン・バッハを訪ね、その指導を受けピアニストピアノ教師として名を揚げる。1782年に叔父が亡くなると、パリオランダに移住し、最終的にミンデン楽長に就任。1789年プロイセン国王フリードリヒ・ヴィルヘルム2世にベルリンに招かれ、王妃フリーデリケチェンバロ教師となる。王妃の死後、1805年にフリードリヒ・ヴィルヘルム3世ルイーゼの宮廷楽長ならびに王妃付チェンバロ奏者および王太子(後のフリードリヒ・ヴィルヘルム4世)の音楽教師に就任。1811年にすべての公職を退く。

作品としては、3つのピアノ協奏曲、2台ピアノのための協奏曲、6手のためのピアノ曲、2つの交響曲、2つの管弦楽組曲歌曲カンタータなどがある。作曲家として叔父や父親を通じてモーツァルトハイドンの影響を受けた。

遺体はベルリン中部の第2ゾフィー墓地に埋葬されている。