ヨハン・クリスティアン・バッハ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヨハン・クリスティアン・バッハ
Johann Christian Bach
}
基本情報
別名 ロンドンのバッハ
出生 1735年9月5日
出身地 神聖ローマ帝国の旗 神聖ローマ帝国ライプツィヒ
死没 1782年1月1日
グレートブリテン王国の旗 グレートブリテン王国ロンドン
ジャンル 前古典派
職業 オペラ作曲家
活動期間 1760 - 1782

{{{Influences}}}

ヨハン・クリスティアン・バッハJohann Christian Bach, 1735年9月5日 - 1782年1月1日)はドイツ出身のコスモポリタン前古典派作曲家バッハ一族の音楽伝統とイタリアの新しい趣味を幼いモーツァルトに伝えたことで有名。バッハ一族では唯一のオペラ作曲家にして、生前に国際的名声を得た音楽家である。兄カール・フィリップ・エマヌエルが、ハンブルクにおいてテレマンの後継者になったように、ヨハン・クリスティアンはロンドンヘンデルの後継者となった。そのことから、他の一族と区別するため、「ロンドンのバッハ」とも言われる。バッハ一族には、彼のほかに同じ名前の人間が2人いたが、2人とも音楽家にはならなかった。

生涯[編集]

ヨハン・ゼバスティアン・バッハの第11男としてライプツィヒに生まれる(末子)。父親からだけでなく、おそらく父親の又従兄弟ヨハン・エリアス・バッハからも音楽教育を受ける。『平均律クラヴィーア曲集 第2巻』は、ヨハン・クリスティアンの教育のために作曲されたと見る向きもあった。少年時代は、父親のコピストを勤めたこともある。1750年に父親が他界すると、ヨハン・クリスティアン少年は、フリードリヒ大王とその妹アマーリエ王女に仕える、ベルリンの異母兄カール・フィリップ・エマヌエルの家庭に引き取られ、音楽を中心に教育を受ける。

同地でハッセの音楽やイタリア歌劇に感銘を受け、ひそかにイタリア留学を決行、1754年ジョヴァンニ・バッティスタ・マルティーニ師に対位法を師事し、1760年から1762年までミラノ大聖堂オルガニストを務め、ミサ曲レクイエムテ・デウムなどの宗教曲を作曲して成功を収めた。この頃にルター派からローマ・カトリックに改宗、また1760年にはトリノで最初のオペラ『アルタセルセ』が初演された。これを機に、ヴェネツィアロンドンからさらにオペラ創作の依嘱が舞い込むようになり、1762年に渡英した末、最終的にロンドンに定着して余生を送った。しかしミラノ大聖堂は彼を手放したつもりがなく、復帰することを待っていた。兄カール・フィリップ・エマヌエルは、異母弟のオペラ界への進出とカトリックへの改宗、そしてドイツを捨ててつかんだ世界的な成功を、先祖への裏切りと見ていたらしい。

それからの20年間、ヨハン・クリスティアン・バッハはイングランドで最も有名な音楽家「ジョン・クリスティアン・バック」であった。その舞台作品は王室劇場で上演され、非常に暖かく歓迎された。そのうち第1作の『オリオン Orione 』は、クラリネットを用いた最初の音楽作品である。ヨハン・クリスティアン最後のオペラ・セリア『スキピオの慈悲 La Clemenza di Scipione 』(1778年)はロンドンの聴衆に何年間も人気があり、モーツァルトの『皇帝ティートの慈悲 La Clemenza di Tito 』(1791年)と興味深い類似点を見せている。

ヨハン・クリスティアン・バッハはイギリス王妃専属の音楽師範となり、王妃ならびに王子・王女たちに音楽の稽古をしたり、国王がフルートを吹くときにピアノで伴奏することが任務となった。父親同士も親友であったカール・フリードリヒ・アーベルとは、ハノーヴァー・スクエア(Hanover Square)の一室で定期公演を催すと、たちまちロンドン聴衆の流行の娯楽の一つとなった。

ロンドン時代の前半に、当時、父レオポルトに連れられてロンドンを訪れていたモーツァルト少年と仲良くなる。モーツァルトはヨハン・クリスティアンから、華やかで魅力的な表現や響きを学び取ったのだと、研究者から指摘されてきた。モーツァルトのピアノ・ソナタギャラントな作曲様式は、ヨハン・クリスティアンのそれに影響されている。また、クリスティアンの作品6の交響曲のうちト短調の作品は、モーツァルトの2つのト短調交響曲の先触れとして注目されるようになった。

ヨハン・クリスティアン・バッハは1782年の元日ロンドンで急逝した。訃報を告げられたモーツァルトは、父レオポルト宛ての私信の中で、「音楽界にとっての損失」と述べている。その頃モーツァルトは、『ピアノ協奏曲第12番 KV. 414』を作曲しており、第2楽章アンダンテの主題は、ヨハン・クリスティアンの序曲『心の磁力 La calamita del cuori 』に似た主題が使われている。この緩やかな楽章は、ヨハン・クリスティアンに対する追悼の意図であったと思われ、モーツァルト作品の中で重要な意味を持っている。

ヨハン・クリスティアンの最も有名な肖像画は、イギリスの肖像画家トマス・ゲインズバラによって描かれた。イギリス時代にフリーメーソンの会員に加わったとも言われている。

評価[編集]

ヨハン・クリスチャン・バッハの経歴について、同時代で全面的な評価は、音楽史研究家チャールズ・バーニーの著書『音楽史 History of Music 』第4巻において行われた。ヨハン・クリスティアン・バッハの名声は、その死によって衰えていったが、それでもロンドンでは演奏会の曲目に残り、しばしばハイドンの作品と組み合わせて演奏された。19世紀になると、バッハの生涯と作品に関する学術研究が始まるが、これはしばしば、息子たちを蔑ろにしながら、バッハ一人を賞揚する結果となりがちであった。音楽学者フィリップ・シュピッタは自著のバッハ伝において、「特徴的なのは、数世紀を経てバッハにおいて絶頂を極めたあれだけの力が、バッハの息子たちにおいて衰えていったことだ」とし、バッハの最初の伝記作家、ヨハン・ニコラウス・フォルケルは、特にクリスティアンについて、「バッハの息子たちの独自な精神は(中略)、彼の作品のいずれにおいても見当たらない」と述べている。研究者や音楽界が、バッハの息子たちについて、それぞれの息子が異なる様式で作曲したのは正当なことであり、息子たちの音楽言語は、父親よりも劣っているのでもなければ、悪くなったのでもないと悟るのは、ようやく20世紀になってからであった。こうして作曲家ヨハン・クリスティアン・バッハは、新たな評価を受けるようになった。

ヨハン・クリスチャン・バッハは、チェンバロなどの古くからの鍵盤楽器よりも、フォルテピアノに愛着を示した最初の作曲家の一人として、歴史的に興味をもたれてきた。ヨハン・クリスチャンのベルリン時代の初期作品、例えば《チェンバロ協奏曲 ヘ短調》は、次兄カール・フィリップ・エマヌエルの影響を受けていたが、イタリア時代の中期の作品は、ジュゼッペ・サンマルティーニに影響されている。

外部リンク[編集]