ユー・センド・ミー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ユー・センド・ミー
サム・クックシングル
B面 サマータイム
リリース 1957年9月7日
録音 1957年6月1日
ジャンル R&Bソウル
時間 2分43秒
レーベル アメリカ合衆国の旗キーン・レコード英語版
イギリスの旗ロンドン・レコード
作詞・作曲 サム・クック
プロデュース ロバート・ブラックウェル
チャート最高順位
  • 1位(アメリカ[1]
  • 29位(イギリス[2]
サム・クック シングル 年表
ユー・センド・ミー
(1957年)
I'll Come Running Back to You
(1957年)
テンプレートを表示

ユー・センド・ミー」(You Send Me)は、アメリカ合衆国歌手サム・クック1957年に発表した楽曲。クックはそれまでゴスペル・グループのソウル・スターラーズ英語版のメンバーとして知られていたが、この曲でソロ・シンガーとして成功を収めた。また、多くのアーティストによってカヴァーされている。

背景[編集]

サム・クックは1956年12月に「デイル・クック」名義で初のソロ・レコーディングを行うが、この時に録音された「Loveable」は、殆どプロモーションされることなく終わった[3]。その後クックはキーン・レコード英語版との契約を得て、本来の姓に「e」を足した「Sam Cooke」という名義で活動を始める[3]

クレジット上では、「ユー・センド・ミー」の作詞・作曲者はL. C. クック(サム・クックの弟[4])となっていた[5]。しかし、当時サム・クックはソウル・スターラーズ時代の所属レーベルであったスペシャルティ・レコードとの間に契約上の問題を抱えていたため、L. C.の名前を使ったという[3][6]。なお、クックは1987年にソングライターの殿堂入りを果たしており、ここでは「ユー・センド・ミー」はサム・クックが単独で作った曲という扱いになっている[7]

レコーディングは1957年6月1日に行われ[8][9]、シングルのB面には「サマータイム」(ジョージ・ガーシュウィン作曲)のカヴァーが収録された[5]

反響・評価[編集]

「ユー・センド・ミー」は、アメリカでは『ビルボード』のトップ100とR&Bシングル・チャートの両方で1位を獲得し、トップ100では自身唯一の1位獲得作品となった[1]。また、1958年1月17日付の全英シングルチャートで29位を記録[2]

アメリカの『ローリング・ストーン』誌が選出した「オールタイム・グレイテスト・ソング500」では115位[10]、イギリスの『NME』誌が選出した「50年代のベスト・ソング100」では7位にランク・イン[11]。また、ロックの殿堂公式サイトで選出された「ロックン・ロールを形作った500曲」の中にも含まれている[12]

他メディアでの使用例[編集]

サム・クックの歌唱による「ユー・センド・ミー」は、『アメリカン・ポップ』(1981年公開)[13]、『ジェシカ・ラングのスウィート・ドリーム』(1985年公開)[14]といった映画のサウンドトラックで使用された。

カヴァー[編集]

ユー・センド・ミー
テレサ・ブリュワーシングル
B面 Would I Were
リリース 1957年
ジャンル ポップス
レーベル コーラル・レコード英語版
チャート最高順位
  • 8位(アメリカ[15]
テンプレートを表示

テレサ・ブリュワーによるカヴァー[編集]

1950年代には白人の歌手による黒人の曲のカヴァーがしばしばヒットしていたが、この曲もテレサ・ブリュワーにカヴァーされており[16]、ブリュワーのヴァージョンは1957年に『ビルボード』トップ100で8位に達した[15]

アレサ・フランクリンによるカヴァー[編集]

アレサ・フランクリン1968年4月16日に「ユー・センド・ミー」のカヴァーを録音し、同年5月2日、アルバム『アレサ・ナウ』の先行シングル「シンク」のB面曲としてリリースした[17]。「ユー・センド・ミー」はB面曲ながらチャート入りを果たし、Billboard Hot 100で56位、『ビルボード』のR&Bシングル・チャートで28位に達した[18]

フランクリンのヴァージョンは、映画『ホリデイ』(2006年公開)のサウンドトラックで使用された[19]

ロッド・スチュワートによるカヴァー[編集]

ロッド・スチュワートは、アルバム『スマイラー』(1974年)において、同じくサム・クックのカヴァーである「悲しき叫び」とのメドレーとして取り上げた。このメドレーは、アルバムに先駆けて「君に別離を」との両A面シングルとしてもリリースされ、全英シングルチャートで7位に達した[20]

また、スチュワートのカヴァー・アルバム『ザ・グレイト・アメリカン・ソングブックVol.4』(2005年)には、チャカ・カーンとのデュエットによる「ユー・センド・ミー」のカヴァーが収録された[21]

その他のカヴァー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b Sam Cooke - Awards | AllMusic
  2. ^ a b SAM COOKE | Artist | Official Charts
  3. ^ a b c アメリカ盤CD『Greatest Hits』(1998年/RCA 07863 67605-2)ライナーノーツ(Joseph L. Laredo)
  4. ^ The Case for Sam Cooke, Soul Pioneer : World Cafe : NPR - 2014年2月8日閲覧
  5. ^ a b Sam Cooke - You Send Me (Vinyl) at Discogs
  6. ^ You Send Me - Sam Cooke | AllMusic - Song Review by Bill Janovitz
  7. ^ Songwriter Hall of Fame - Sam Cooke Detailed Song List - Page 7 - 2014年2月8日閲覧
  8. ^ Sam Cooke in the Studio - songofsamcook.com - 2014年2月8日閲覧
  9. ^ 『Encyclopedia of Great Popular Song Recordings』(Steve Sullivan, Scarecrow Press, 2013) p. 618
  10. ^ 500 Greatest Songs of All Time: Sam Cooke, 'You Send Me' | Rolling Stone - 2014年2月8日閲覧
  11. ^ 100 Best Songs Of The 1950s | #7 Sam Cooke, 'You Send Me' | NME.COM - 2014年2月8日閲覧
  12. ^ Experience The Music: One Hit Wonders and The Songs That Shaped Rock and Roll | The Rock and Roll Hall of Fame and Museum - 2014年2月8日閲覧
  13. ^ American Pop (1981) - Soundtracks - IMDb
  14. ^ Sweet Dreams (1985) - Soundtracks - IMDb
  15. ^ a b Teresa Brewer | Awards | AllMusic
  16. ^ Teresa Brewer - Obituaries - News - The Independent - 2014年2月8日閲覧
  17. ^ 『アレサ・ナウ』日本盤リマスターCD(WPCR-75442)英文ブックレット
  18. ^ Aretha Franklin - Awards : AllMusic
  19. ^ The Holiday (2006) - Soundtracks - IMDb
  20. ^ ROD STEWART | Artist | Official Charts
  21. ^ Thanks for the Memory: The Great American Songbook, Vol. 4 - Rod Stewart | AllMusic
  22. ^ Percy Sledge - The Percy Sledge Way (Vinyl, LP, Album) at Discogs
  23. ^ Bonnie Blamlett - Lady's Choice (Vinyl, LP, Album) at Discogs
  24. ^ Steve Miller Band - Fly Like An Eagle (Vinyl, LP, Album) at Discogs
  25. ^ You Send Me - Roy Ayers | AllMusic
  26. ^ Manhattans - Too Hot To Stop It (Vinyl, LP, Album) at Discogs
  27. ^ Give It What U Got - Hiram Bullock | AllMusic
  28. ^ Ay Fond Kiss - Fairground Attraction”. Allmusic. 2014年2月9日閲覧。
  29. ^ Timeless: The Classics - Micahel Bolton”. Allmusic. 2014年2月9日閲覧。
  30. ^ Little Ol' Cowgirl - Dixie Chicks | AllMusic
  31. ^ Rock On The Net: 37th Annual Grammy Awards - 1995
  32. ^ 岩崎 宏美| SHOWER OF LOVE (+5) | Victor Entertainment - 2014年2月8日閲覧
  33. ^ Bring It on Home... The Soul Classics - Aaron Neville”. Allmusic. 2014年2月9日閲覧。
  34. ^ 1619 Broadway: The Brill Building Project - Kurt Elling | AllMusic
  35. ^ リズム モンスター: 村上秀一(Ponta) | HMV Online - UCCJ-2108 - 2014年2月8日閲覧