フェアーグラウンド・アトラクション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フェアーグラウンド・アトラクション
Fairground Attraction
基本情報
出身地 スコットランドの旗 スコットランド
ジャンル アコースティック・ポップ
活動期間 1987年1989年
レーベル RCAレコード (イギリス)
BMG JAPAN(日本)
メンバー
エディ・リーダー
マーク・E・ネヴィン
サイモン・エドワーズ
ロイ・ドッズ

フェアーグラウンド・アトラクション(Fairground Attraction)は、イギリスバンド

メンバー[編集]

略歴[編集]

  • グラスゴー生まれの女性シンガー、エディ・リーダーは、ストリート・ミュージシャンとして活動した後、プロのセッション・ヴォーカリストとして、ユーリズミックス等のバックで歌う。
  • エディが、旧友のマーク・E・ネヴィンに手紙を送ったことから、バンドの核ができる。
  • ロンドンイースト・エンドを拠点に活動し、間もなく英RCAレコードと契約、デビューが決まる。
  • 1988年4月発表のデビュー・シングル「パーフェクト」が、全英1位の大ヒット。
  • 1988年6月発表のデビュー・アルバム『ファースト・キッス』が、全英1位の大ヒット。
  • 1989年6月から7月にかけて、最初で最後の日本公演を行う。多くの新曲も披露される。
  • セカンド・アルバムを生み出すことなく、1990年に解散を発表。
  • 1990年、シングルB面曲や未発表曲も含んだ編集盤『ラスト・キッス』発表。サム・クックエルヴィス・プレスリービートルズのカヴァーも聴ける。
  • 2003年1989年7月2日川崎公演を収録した『ライヴ・イン・ジャパン』発表。

ディスコグラフィ[編集]

シングル[編集]

  1. パーフェクト
  2. ファインド・マイ・ラヴ
  3. 愛の微笑み
  4. クレアー
  5. ウォーキング・アフター・ミッドナイト

アルバム[編集]

  1. ファースト・キッス(1988)
    ジャケットに使われているのはマグナム・フォトに所属していた写真家エリオット・アーウィットによる写真
  2. ラスト・キッス(1990)
  3. ライヴ・イン・ジャパン(2003)

解散後[編集]

エディ・リーダー[編集]

  • 1992年に『エディ・リーダー』でソロ・デビュー。その後、『天使の嘆息』(1994年)、『キャンディフロス・アンド・メディスン』(1996年)、『エンジェルズ&エレクトリシティ』(1998年)、『シンプル・ソウル』(2001年)、『ドリフトウッド』(2002年)、『ロバート・バーンズを想う』(2003年)、『ピースタイム』(2007年)、『ラヴ・イズ・ザ・ウェイ』(2009年)を次々と発表。女性ソロ・シンガーとしてのキャリアを重ねる。
  • 『ロバート・バーンズを想う』以降は、故郷スコットランドの伝承曲を多く取り上げるようになる。
  • また、フェアーグラウンド・アトラクション時代からの盟友、ロイ・ドッズも、長年エディのサポートを続けている。

マーク・E・ネヴィン[編集]

  • ブライアン・ケネディとスイートマウスを結成し、アルバム『グッドバイ・トゥ・ソングタウン』(1991年)を発表。ここで、フェアーグラウンド・アトラクション末期に温めていた新曲(その多くは来日公演で演奏された)を使う。
  • モリッシー(元ザ・スミス)の『キル・アンクル』(1991年)に、ギターと作曲で参加。モリッシーの次作『ユア・アーセナル』(1992年)収録の「アイ・ノウ・イッツ・ゴナ・ハプン・サムディ」も、モリッシーとマークの共作で、この曲は、デヴィッド・ボウイの『ブラック・タイ・ホワイト・ノイズ』(1993年)でカヴァーされる。
  • ケヴィン・エアーズの『スティル・ライフ・ウィズ・ギター』(1992年)に参加。
  • その後は、他アーティストに楽曲を提供したり、1999年から本格的にソロ活動を開始し、アルバムを2枚発表している。リンゴ・スターの『ヴァーティカル・マン』(1998年)収録の「アイム・ユアーズ」は、マーク・E・ネヴィンとマーク・ハドソンとリンゴの共作。また、エディとは絶縁したわけではなく、時々彼女のために曲を書き下ろしている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]