ブリング・イット・オン・ホーム・トゥ・ミー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ブリング・イット・オン・ホーム・トゥ・ミー
サム・クックシングル
B面 「パーティを開こう」
リリース 1962年5月8日
録音 1962年4月26日
作詞・作曲 サム・クック
プロデュース ヒューゴ・ペレッティルイジ・クレアトーレ
サム・クック シングル 年表
ツイストで踊りあかそう
(1962年)
ブリング・イット・オン・ホーム・トゥ・ミー
(1962年)
「ナッシング・キャン・チェンジ・ジス・ラヴ」
(1962年)
テンプレートを表示

ブリング・イット・オン・ホーム・トゥ・ミー」(Bring It On Home to Me) は、1962年にR&B歌手のサム・クックが制作、録音した楽曲である。この曲はクックの単なるヒット曲にとどまらず、異なるジャンルの多数のアーティストによってカバーされるポップ・スタンダードとなった。ロックの殿堂のロックン・ロールの歴史500曲(500 Songs that Shaped Rock and Roll)」の1曲にも選出されている[1]

オリジナル[編集]

「ブリング・イット・オン・ホーム・トゥ・ミー」とその裏面の「パーティを開こう」(Having a Party) は、1962年5月にアメリカ合衆国で発売された。先に「パーティを開こう」がチャートに登場し、1962年の夏に17位を記録した[2]。その後、「ブリング・イット・オン・ホーム・トゥ・ミー」がチャートに登場し、同じ夏に13位を記録した[2]。なお、ルー・ロウルズが両方の曲のバックボーカルとして参加している。

カバー[編集]

ブリング・イット・オン・ホーム・トゥ・ミー(悲しき叫び)
アニマルズシングル
収録アルバム アニマル・トラックス
B面 フォー・ミス・コウカー
リリース 1965年3月
録音 1965年3月
ジャンル ロックブルースポップスソウル
時間 2分43秒
作詞・作曲 サム・クック
プロデュース ミッキー・モスト
アニマルズ シングル 年表
悲しき願い
(1965年)
Bring It On Home To Me
(1965年)
朝日のない街
(1965年)
テンプレートを表示

チャート・パフォーマンス[編集]

サム・クックのバージョン[編集]

チャート 順位
1962 ブラック・シングルチャート[2] #2
1962 ポップ・シングルチャート[2] #13

アニマルズのバージョン[編集]

チャート 順位
1965 ポップ・シングルチャート[3] #32
1965 全英シングルチャート[24] #7
1965 カナダ #7
1965 オランダ #3
1965 スウェーデン #1

エディ・フロイドのバージョン[編集]

チャート 順位
1968 ブラック・シングルチャート[4] #4
1968 ポップ・シングルチャート[4] #17
1968 カナダ #24

ルー・ロウルズのバージョン[編集]

チャート 順位
1970 ブラック・シングルチャート[6] #45
1970 ポップ・シングルチャート[6] #96

ミッキー・ギリーのバージョン[編集]

チャート(1976年) 最高位
アメリカ合衆国ビルボード・ホットカントリー・シングルス[25] 1
アメリカ合衆国ビルボード・バブリング・アンダー・ホット100 1
カナダ RPM カントリー・トラックス 1

脚注[編集]

  1. ^ 500 Songs That Shaped Rock”. 2012年6月8日閲覧。
  2. ^ a b c d Sum Cooke - Awards”. AllMusic. 2012年6月8日閲覧。
  3. ^ a b The Animals - Award”. AllMusic. 2012年6月8日閲覧。
  4. ^ a b c Eddie Floyd - Award”. AllMusic. 2012年6月8日閲覧。
  5. ^ Picture of You - Ben Mills”. AllMusic. 2012年6月8日閲覧。
  6. ^ a b c Lou Rewls - Award”. AllMusic. 2012年6月8日閲覧。
  7. ^ Whitburn, Joel (2004). The Billboard Book Of Top 40 Country Hits: 1944-2006, Second edition. Record Research. p. 136. 
  8. ^ Brother To The Blues - Tab Benoit”. AllMusic. 2012年6月8日閲覧。
  9. ^ Chart Archive - Rod Stewart - Farewell/Bring It On Home To Me/You Send Me”. 2012年6月8日閲覧。
  10. ^ Smiler - Rod Stewart”. AllMusic. 2012年6月8日閲覧。
  11. ^ I'm in Love - Wilson Picket”. AllMusic. 2012年6月8日閲覧。
  12. ^ Choba B CCCP - Paul McCartney”. AllMusic. 2012年6月8日閲覧。
  13. ^ Givin' It Up - Al Jarreau, George Benson”. AllMusic. 2012年6月8日閲覧。
  14. ^ Rock 'n' Roll - John Lennon”. AllMusic. 2012年6月8日閲覧。
  15. ^ AMG: Van Morrison Discography: It's Too Late To Stop Now
  16. ^ Heylin, Can You Feel the Silence?, p.265
  17. ^ Thank Heavens for Dale Evans - Dixie Chicks”. AllMusic. 2012年6月8日閲覧。
  18. ^ Steve Perry Rockline Interview; May 19, 1999
  19. ^ Bridging the Distance - Various Artists”. AllMusic. 2012年6月8日閲覧。
  20. ^ Soul '69 - Aretha Franklin”. AllMusic. 2012年6月8日閲覧。
  21. ^ Timeless: The Classics - Michael Bolton”. AllMusic. 2012年6月8日閲覧。
  22. ^ 柳ジョージ&レイニーウッド / ロードショウ”. CDJournal.com. 2012年6月9日閲覧。
  23. ^ トータス松本 / トラベラー”. CDJournal.com. 2012年6月9日閲覧。
  24. ^ Chart Archive - The Animals - Bring It On Home To Me/You Send Me”. 2012年6月9日閲覧。
  25. ^ Mickey Gilley - Award”. AllMusic. 2012年6月9日閲覧。

参考文献[編集]

  • Heylin, Clinton (2003). Can You Feel the Silence? Van Morrison: A New Biography, Chicago Review Press ISBN 1-55652-542-7