スペシャルティ・レコード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

スペシャルティ・レコード (Specialty Records) は、米国カリフォルニア州ロサンゼルスに存在したレコードレーベルR&Bブルースゴスペルなどのブラックミュージックの専門レーベルとして、主に1950年代リトル・リチャードを始め、多くのスターを送り出した。

歴史[編集]

スペシャルティ・レコードは、1946年にカリフォルニア州ロサンゼルスでユダヤ系のアート・ループによって設立された。ループは、その時点で既にジュークボックス・レコードを設立していたが、ループは彼のビジネス・パートナーだったアル・ミドルマンにレーベルを譲り、新たにスペシャルティを興したのであった[1]。初期にリリースしたアーティストにはロイ・ミルトンジミー・リギンズジョー・ラッチャーらがいる。

1952年、ループは同じロサンゼルスのレーベル、インペリアルから登場したファッツ・ドミノに感銘を受け、新たなアーティストを探しに彼の出身地のニューオーリンズへ赴いた。そこで発掘したのが、ロイド・プライスだった[2]。彼は同年、"Lawdy Miss Clawdy"で同レーベルからデビュー。R&Bチャートの1位を記録し、存在感を示した。

1953年には、レーベルのプロモーションを担当していたジョニー・ヴィンセントがギター・スリムをループに紹介し[2]、レーベル・デビューを果たす。1955年には、ジョージア州メイコンのリトル・リチャードと契約した。

ゴスペルでは、サム・クックの率いるソウル・スターラーズがレーベルから作品をリリースし人気を博した。その後、宗教音楽から世俗のソウル・ミュージックへの転向を希望したサム・クックに対し、ゴスペル・ファン層の支持を失うことを恐れたループは強く反対し、クックとのレーベル契約を解約した[2]

レーベルでは、他にラリー・ウィリアムズドン&デューイーパーシー・メイフィールドなどをレコーディングした。1960年代に入ると、ループの関心は石油などレコード業界以外のビジネスに移り[1]、新たなレコーディングのペースは落ちていった。

その後、新作をリリースしなくなった後もレーベルの経営はループの娘に引き継がれ継続し、既存のレコーディングの再発を続けた[2]1990年、スペシャルティはファンタジー・レコードに売却され傘下に入った。2004年にファンタジーがコンコード・ミュージック・グループに買収され、現在はスペシャルティもその傘下にある。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]