マンボNo.5

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マンボNo.5
ペレス・プラード楽曲
リリース 1949年
ジャンル マンボ
時間 2分15秒
作曲者 ペレス・プラード

マンボNo.5」(Mambo No.5)は、キューバペレス・プラードが1949年に制作・発表した楽曲であり、マンボのインストゥメンタル曲では最も知られている曲の1つである。50年後にドイツ人ルー・ベガがカバーしたバージョンについても世界中でヒットした。

オリジナル[編集]

この曲の歴史はマンボのバンドリーダーであるペレス・プラードが1949年に制作したことから始まる。プラードはこの曲よりBMIアメリカ合衆国の音楽著作権管理団体)に登録され、BMI Awardを受賞した[1]。プラードの433作品は著作権法により保護されている。

「マンボの王様」ことプラードがRCAレコードの子会社であるメキシコのレコードレーベルと契約し、このインストゥメンタル・マンボを作曲した。この曲は北米にマンボ・ブームを巻き起こし、プラードは1951年4月のアメリカツアーを成功させた。また、1950年9月にデイヴ・バーバーがカバーしたバージョンはポップチャートで27位を記録した。

「マンボNo.5」は、日本では学校教育でも使用されており、例えば教育芸術社の小学5年生の音楽の教科書に掲載されている[2]

ルー・ベガのバージョン[編集]

マンボ No.5
ルー・ベガシングル
収録アルバム 恋のマンボ天国
リリース 1999年
ジャンル ポップス
時間 5分14秒(エクステンデッド・ミックス)
3分39秒(ラジオ・エディット)
作詞・作曲 ペレス・プラード、ルー・ベガ、ジッピー・ダビッツ
チャート最高順位

3位(アメリカ)/ 1位(イギリス

テンプレートを表示

1999年にドイツ人の歌手ルー・ベガが、マンボ No.5をダンス・ポップ風にアレンジしたバージョンを発表した。そのバージョンでは、ベガの元ガールフレンドたちがコーラスを歌っている[3]。彼の本国ドイツやイギリスなどヨーロッパ大陸のほとんどの国のチャートで1位を記録し、フランスでは20週間1位を記録した[4]。オーストラリアでは年間1位を記録するヒットとなった[5]。アメリカでもヒットし、Billboard Hot 100で3位を記録した[6]

先代:
「Mi Chico Latino」 by ジェリ・ハリウェル
全英シングルチャート ナンバー1 シングル
(ルー・ベガ バージョン)

1999年8月28日 - 1999年9月11日
次代:
「We're Going to Ibiza」 by ベンガボーイズ

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ BMI Repertoire Search”. 'Mambo No. 5'. 2010年10月1日閲覧。
  2. ^ 平成23年度小学校音楽教科書のご紹介”. 小学校の音楽5. 音楽教育社. 2012年7月3日閲覧。
  3. ^ ルー・ベガ - goo 音楽”. 2010年10月4日閲覧。
  4. ^ lescharts.com - LOU BEGA - MAMBO NO. 5 (A LITTLE BIT OF...) (CHANSON)”. 2010年10月4日閲覧。
  5. ^ ARIA Charts - End of Year Charts - Top 100 Singles 1999”. 2010年10月4日閲覧。
  6. ^ allmusic: Lou Bega - Charts & Awards”. 2012年6月29日閲覧。