ペレス・プラード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ダマソ・ペレス・プラードDámaso Pérez Prado, 1916年12月11日 - 1989年9月14日)はキューバのバンドリーダー、指揮者、ピアニスト。マンボ王(マンボキング)とも呼ばれる[1]

バイオグラフィ[編集]

1916年(1922年説もある)にキューバマタンサス (Matanzas) に生まれる。父親は新聞記者で母親は教師。幼少時からクラシックピアノを学び、後にポピュラーに転向して地元のクラブ等でピアノオルガンを演奏していた。1940年代キューバの首都ハバナで働いていた頃、当時流行していたルンバジャズの要素を取り入れた新しいリズム「マンボ」を積極的に演奏し始める(「マンボの王様」という異名から、ペレス・プラードにより作られたと語弊する者も多いが、彼がマンボの発明者ではない)。しかしこの新しいリズムはキューバ国内では受け入れられず、1948年メキシコシティへ移住。そこでペレス・プラード楽団を結成、一躍人気アーティストとなった。

その後、代表曲となる「マンボNo.5 (Mambo No. 5)」や「マンボNo.8 (Mambo No. 8)」を発表するとマンボは世界的なムーブメントとなり、アメリカに進出。その後1955年に発表した「チェリー・ピンク・チャチャ(セレソローサ)(Cerezo Rosa (Cherry Pink and Apple Blossom White))」は、映画「海底の黄金」のテーマ曲になったこともあり、全米ヒットチャートで10週連続第1位を記録。しかも、26週連続それにチャートインしたばかりか、同年の全米年間ヒットチャート第1位を記録するといった快挙を成し遂げた。更に、1958年には、彼の自作曲「パトリシア(Patricia)」が全米ヒットチャート第1位になっただけでなく、同シングルは400万枚を売り上げ、彼が発表した中で最も売れたシングル盤となっている。

彼のスタイルは指揮をしながらステージ上で所狭しと踊り、飛び跳ね、激しく動き回りながら独特の掛け声で楽団を煽るというもので、マンボの強烈なリズムと共にそのステージは当時の若者を熱狂させた。

アメリカでの人気が下火となってきた1964年にメキシコシティに本拠地を移す。日本には1956年に初来日、以後17回日本で公演している。その際パラダイス山元に掛け声の指導をしたとされる。1989年メキシコシティの自宅にて各種の病気の併発により死去。カストロ政権下でのキューバでは、その死はわずか数行の記事で片付けられたものの、メキシコシティで行われた葬儀は世界中からペレス・プラードのファンが集まり、「史上最も陽気な葬儀」と形容されるほど華々しい葬儀であった。

その後、ペレス・プラード楽団はベースのへスース・ガルニカ・マルティネスが二代目リーダーとなり活動を続けている。2007年にメキシコで行われたコンサートには、同楽団で初めての日本人メンバー、余語丈範がコンガで参加している。

代表曲[編集]

  • 『エル・マンボ』(Que Rico El Mambo) 1949年 彼の最初のヒット曲。文化放送の「S盤アワー」のオープニング・テーマ曲としても使われた。
  • 『マンボNo.5』(Mambo No.5) 1950年
  • 『マンボNo.8』(Mambo No.8) 1950年
  • 『チェリー・ピンク・チャチャ(セレソ・ローサ)』(Cerezo Rosa) 1955年 映画「海底の黄金」テーマ曲。全米ヒットチャート10週連続第1位、26週連続チャートイン、及び同年の米年間ヒットチャート第1位。
  • 『闘牛士のマンボ』(La Macarena) 元東京ヤクルトスワローズ若松勉の個人応援歌にも使われ、後に同球団所属の青木宣親(現・カンサスシティ・ロイヤルズ)のチャンステーマにも流用された。
  • ある恋の物語』(Historia de un amor) 1956年
  • タブー』(Tabu) 1957年 1972~3年に、TBSの人気番組「8時だョ!全員集合」にて、ザ・ドリフターズ加藤茶のギャグ「ちょっとだけよ」の伴奏音楽のアレンジの元になったのがこのペレス・プラードの演奏ということで、日本では同時期にリバイバル・ヒットを記録した。
  • 『パトリシア』(Patricia) 1958年 全米ヒットチャート第1位を記録し、最終的には400万枚を売り、シングルでは彼の最大のヒット曲である。

脚注[編集]

ビデオ[編集]

外部リンク[編集]